今なら決済端末が無料に?!マルチ決済端末「PAYGATE Station」をお得に導入するには?

2019年10月1日より開始された「キャッシュレス・消費者還元事業」。店舗を経営されている方なら耳にされた方も多いかもしれません。この機会にお店のキャッシュレス化を進めたいという方に向け、今回はクレジットカードやQRコードなど複数の決済サービスをまとめて導入できるマルチ決済端末「PAYGATE Station(ペイゲートステーション)」、そして決済サービスの入金情報や精算データが一目でわかる「おまとめサービス」について、ご紹介いたします。

キャッシュレス・消費者還元事業って?

キャッシュレス・消費者還元事業では「はじまってるよ、お金の未来」というコピーのもと、日本中どこでもこのマークのお店ならキャッシュレス決済で最大5%還元を実施していま
す。

詳しく説明すると、キャッシュレス・消費者還元事業とは、消費税率の引き上げに伴い、需要の標準化対策として、キャッシュレスによる生産性の向上と、お客様の利便性を図るために、店舗へのキャッシュレス決済の導入を支援する制度です。期間は2019年10月1日~2020年6月30日までの期間限定にて実施されます。

キャッシュレス・消費者還元事業 店舗のメリット

キャッシュレス・消費者還元事業の店舗におけるメリットとは以下の3点となります。

期間中の決済手数料が実質2.17%以下に

期間中の加盟店手数料は3.25%以下に優遇されます。さらに、国から3分の1の補助がおりるため、加盟店が実質負担する決済手数料は2.17%以下となります。

導入端末費用の負担なし

決済端末の導入にかかる費用の3分の2は国から補助がおり、決済事業者が残りの3分の1の費用を負担します。これにより、店舗側は導入端末費用の負担が実質的になくなります。

消費者に最大5%のポイント還元

キャッシュレス決済を行った消費者には、最大5%のポイント還元が実施されます。フランチャイズチェーン店では2%となります。このポイント還元も店舗側に負担はありません。

キャッシュレス・消費者還元事業の加盟店条件

キャッシュレス・消費者還元事業の加盟店になる条件は「中小・小規模事業者」と定められています。具体的には以下の表をご覧ください。

業種 条件
小売業 資本金5,000万円以下、または従業員数50人以下
製造業 資本金3億円以下、または従業員数300人以下
卸売業 資本金1億円以下、または従業員数100人以下
旅館業 資本金5,000万円以下、または従業員数200人以下
ソフトウェア・情報処理サービス業 資本金3億円以下、または従業員数300人以下
その他サービス業 資本金5,000万円以下、または従業員数100人以下

 
フランチャイズチェーン・ガソリンスタンド等に関しては、中小・小規模事業者に該当する場合は、国からポイント還元(2%)の補助が行われますが、端末費用、加盟店手数料の補助はありませんのでご注意ください。

キャッシュレス決済の店舗導入にオススメなのがマルチ決済端末

キャッシュレス・消費者還元事業のメリットについてみていきました。しかし、数多くのキャッシュレス決済が存在しています。クレジットカード、QRコード決済、電子マネー、スマホ決済など、店舗でそれぞれを導入・利用するには多くの手間がかかります。そこでキャッシュレス決済の導入にオススメなのが「マルチ決済端末」です。

「おまとめサービス」で管理業務がさらに楽に!

大和ハウスフィナンシャル(詳細後述)では「おまとめサービス」を提供しています。おまとめサービスとは、各決済事業者の入金情報や精算データを集約して提供してくれるサービスです。WEB上の管理画面から、1件ごとの売上金額・加盟店手数料などを、いつでも閲覧・管理することが可能です。マルチ決済端末は複数の決済を取り扱うため、経理業務の負担が重くなりがちですが、情報を一元化することで、そのような負担を軽減します。
契約方法は2種類あり、以下となります。
・「包括契約」…大和ハウスフィナンシャルが加盟店に代わり、各決済事業者との契約を包括的に担う方法
・「業務代行」…加盟店と決済事業者の双方で、直接契約を行い、入金・精算にかかる業務を大和ハウスフィナンシャルが行う方法

「おまとめサービス」についての詳細内容は、大和ハウスフィナンシャルの公式サイトで
も説明されていますので、気になる方はご覧ください。

>>大和ハウスフィナンシャルへ進む(公式サイト)<<

お店で対応できる決済サービスは多いほど良い

還元事業の実施により、多くの人がキャッシュレス決済に関心を示すようになり、実際に利用者も急増している状況にあります。ただし、消費者によって利用するキャッシュレス決済サービスもバラバラであるのが現状です。店舗で対応できる決済サービスが多ければ多いほど、利用できる消費者も増え、機会損失を防ぎ、売上向上につながります。

複数の決済サービスを一度に導入できるのが「マルチ決済端末」

多くのキャッシュレス決済に対応したいとはいっても、それぞれと契約をするには審査や導入の手間もかかり、それだけでも店舗にとっては負担となってしまいます。
そうした問題を解決できるのが、複数の決済サービスをまとめて一度に導入できる「マルチ決済端末」です。マルチ決済端末は、ひとつの端末で複数の決済サービスに対応できるため、導入の手間は少なく、スタッフの教育が楽になるなど、たくさんのメリットがあります。

マルチ決済端末の「PAYGATE Station(ペイゲートステーション)」って?

PAYGATE Station(ペイゲートステーション)は、株式会社ロイヤルゲートが開発・運営するマルチ決済端末です。複数の決済サービスを活用することが可能な「PAYGATE Station」の特徴を詳しくみていきましょう。

クレジットカード、QRコード、電子マネー決済が、1台で対応可能に

マルチ決済端末「PAYGATE Station」では、クレジットカード決済にとどまらず、QRコード決済、電子マネー、さらには共通ポイントにも対応しています。現在対応しているサービスは以下のようになっています。

対応クレジットカード

  • VISA
  • Mastercard(マスターカード)
  • JCB
  • Diners Club (ダイナースクラブ)
  • AMERICAN EXPRESS(アメリカンエキスプレス)
  • Union Pay(銀聯)

対応QRコード決済サービス

  • PayPay(ペイペイ)
  • LINEPay(ラインペイ)
  • メルペイ
  • d払い
  • 楽天ペイ
  • auPay
  • Origami Pay(オリガミペイ)
  • Alipay(アリペイ)
  • WeChatPay(ウィーチャットペイ)

対応電子マネー(交通系ICカード)

  • Suica(スイカ)
  • Kitaca(キタカ)
  • PASMO(パスモ)
  • ToICa(トイカ)
  • manaca(マナカ)
  • ICOCA(イコカ)
  • SUGOCA(スゴカ)
  • nimoca(ニモカ)
  • はやかけん ※ 電子マネー搭載機能は2019年11月以降順次リリース予定

クレジットカードは国際五大ブランドに対応しており、QRコード決済も中国で多く利用されているAlipay、WeChatPayにも対応しています。

対応共通ポイント

  • dポイント
  • Pontaポイント
  • 楽天ポイント ※2019年11月以降リリース予定

PAYGATE Stationはセキュリティ面も安心!カード情報は瞬時に暗号化

クレジットカード決済で心配されるのがセキュリティの問題。情報が漏えいでもしたら、お店の信用も失いかねませんね。しかし「PAYGATE Station」では、瞬時にカード情報を暗号化した状態で決済処理ができる「P2PEソリューション」技術を用いて、決済端末にカード情報を残さないで運用できます。お客さまも店舗側も安心して利用することができます。

PAYGATE StationはAndorid端末!拡張性高く利用できる

PAYGATE Stationは、Androidをベースに開発された端末になります。そのため拡張性が高く、POSシステムへの連動も可能。決済種別が追加された場合も簡単にアップデートを行うことができます。さらには世界で初めて、トレンドマイクロ社のIoTセキュリティをAndroidに標準インストールさせ、端末のセキュリティ対策も万全です。

PAYGATE Station導入に、キャッシュレス・消費者還元事業を利用しよう!

多くの決済サービスに対応できるPAYGATE Station、導入するならやはりキャッシュレス・消費者還元事業を利用したいですよね。ここからは、どういった手続きをすればよいかなどをご説明いたします。

キャッシュレス・消費者還元事業の決済事業者を選ぶ

PAYGATE Stationを導入するには、キャッシュレス・消費者還元事業に認定決済事業者でかつ、PAYGATE Stationを取り扱っている事業者を通して申し込みをする必要があります。

PAYGATE Stationに直接申し込んではいけないの?と思うかもしれませんが、キャッシュレス・消費者還元事業を利用するには、認定登録された「決済事業者」を利用しなければなりません。PAYGATE Stationを開発した株式会社ロイヤルゲートは、キャッシュレス・消費者還元事業の認定決済事業者ではありませんので、直接申し込みをしても還元事業のメリットを受けることができません。ですが、還元事業の認定決済事業者のうち、複数社ではPAYGATE Stationの取り扱いがあります。もし、キャッシュレス消費者還元事業を利用したいと考えているなら、必ずPAYGATE Stationを取り扱っている決済事業者を選ぶようにしましょう。

大和ハウスフィナンシャルは還元事業の認定決済事業者

今回は、PAYGATE Stationを取り扱っていて、かつキャッシュレス・消費者還元事業の認定決済事業者の一つである「大和ハウスフィナンシャル」についてご説明します。

「大和ハウスフィナンシャル」ってどんな会社?

大和ハウスフィナンシャル株式会社は、住宅・マンション事業から都市開発、リゾートホテルなど数多くの事業を手掛ける大和ハウスグループの中で、クレジットカードや融資業務などを行っている会社です。「大和ハウス」といればテレビコマーシャルなどを通して、多くの方が認知しているほど大手のグループでもあるので、決済事業者としても安心して委託することのできる企業でもあります。
PAYGATE Stationを開発した株式会社ロイヤルゲートも、大和ハウスグループの一つですので、こうした繋がりから「大和ハウスフィナンシャル」がPAYGATE Stationを取り扱っています。

大和ハウスフィナンシャルを利用してPAYGATE Stationを導入しよう

先ほども申しましたが、大和ハウスフィナンシャルはキャッシュレス・消費者還元事業の認定決済事業者です。キャッシュレス・消費者還元事業を利用すれば、PAYGATE Station端末も無料で導入することができますし、さらに決済手数料も、還元事業期間中は
実質2.17%以下と軽減されます。複数の決済サービスをまとめて導入したいという店舗なら、このキャッシュレス・消費者還元事業が行われているうちに、導入したいものですね。

>>大和ハウスフィナンシャルへ進む(公式サイト)<<

まとめ

色々な決済サービスが乱立し、導入を検討している店舗も、何を選べばいいのか悩みどころ。その悩みを解決でき、一気に複数の決済サービスを導入できるのが「マルチ決済端末」です。マルチ決済端末「PAYGATE Station(ペイゲートステーション)」なら、クレジットカード、QRコード、電子マネー決済と多くの決済サービスを一気に導入でき、さらには共通ポイントにも対応しています。

拡張性も高く、セキュリティ面も安心して利用できるPAYGATE Stationは、キャッシュレス・消費者還元事業を利用すれば、お得に導入することも可能です。このチャンスを見逃すことなく、集客率アップのためにも導入を検討してみてはいかかでしょうか。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み