楽天ペイ導入の完全ガイド

店舗でもオンラインでも。QRコード決済をはじめ、主要なクレジットカードや電子マネーのブランドを網羅しています。お客様が楽天ポイントを使用して決済できることや、楽天銀行なら最短で翌日という入金サイクルも人気の理由となっています。

楽天ペイの加盟店申請情報

楽天ペイの導入を考えている店舗に向けて、加盟店申請にあたっての条件や詳細です。

楽天ペイの決済方法と加盟店手数料

決済方法 加盟店手数料
QRコード決済 3.24%
クレジット決済 3.24% :
Visa、Mastercard、American Express
3.74% :
JCB、Diners Club、Discover
電子マネー決済 3.24% :
楽天Edy、交通系ICカード、nanaco、Google Pay
3.74% :
Apple Pay、QUIC Pay、iD

各決済方法について

QRコード決済(アプリ決済) – プリント型
審査後、配られるQRコードを店舗に置く方法。お客様はQRコードを読み取り後、お客様側で支払金額を入力します。※金額が一律の場合は、入力が不要になります。

QRコード決済(アプリ決済) – ワンタイム型
店舗側がiOS端末またはAndroid端末に専用アプリを入れて、決済する方法です。店舗は金額を入れてQRコードを提示。お客様は読み取るだけで決済が完了します。

クレジット決済
楽天ペイ専用のカードリーダーで主要6大ブランドに対応可能。スマレジやユビレジを始めとしたPOSレジ6製品ともデータ連携しています。

電子マネー決済
楽天ペイ専用のカードリーダーは電子マネーにも対応可能。かざすだけで支払いが完了します。

楽天ペイの加盟店入金サイクル

楽天銀行との連携により、翌日自動入金になります。楽天ペイを使うのであれば楽天銀行の口座開設をする方が間違いなく良い作りになっています。

楽天銀行【オススメ】…振込手数料無料で翌日自動入金。(土日祝も含む)

楽天銀行以外…振込手数料210円、振込依頼をすると翌営業日に入金(土日祝は含まれない)

楽天ペイの加盟店審査

加盟店審査の日数

利用する決済方法によって審査期間が異なります。順に行われるため、加盟店申請後から登録完了まで、最大でも1ヵ月程度みておけば間違いないでしょう。

  1. Visa、Mastercard審査(申込日翌日から3営業日程度)
  2. JCB、American Express、Diners Club、Discoverの審査(約2週間)
  3. 楽天Edy、交通系IC、nanacoの審査(約3営業日)
  4. QUICPay・iDの審査(約2週間)

加盟店審査時に必要なもの

  • 会社情報
  • 代表者情報
  • 店舗情報
  • 口座情報
  • 許認可番号(業種により異なる。詳しくは以下)
業種により必要な許認可番号
業種 種類
飲食店 営業許可証
中古・リサイクル業 古物商許可証
旅行代理店 旅行業免許番号
美容室 開設検査確認済証
コンサルティング、セミナー 国家資格、国家認定資格
保育施設 都道府県の認可番号
運転代行業 認定証番号

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

QRコード決済カテゴリ「楽天ペイ」の記事一覧

QRコード決済サービス比較!導入を考えている店舗必見! 詳しくはこちら