2018年秋から!手数料0%のQRコード決済「PayPay(ペイペイ)」に期待が高まる

中国を筆頭に、QRコード決済等を使ったキャッシュレス化の動きが進んでいます。2018年秋にはソフトバンクとヤフーがPayPay株式会社を設立し、決済サービス「PayPay(ペイペイ)」を開始します。そこで今回はPayPayについて調査しました。

QRコード決済についての基礎知識や疑問

QRコードの知識や導入・比較に関する疑問などはこちらの記事でも紹介しています。是非ご覧ください。

まずは知っておきたい、QRコード決済の基礎知識

中国人観光客向け、インバウンド対策

QRコード決済の導入に関する疑問

業種から見るおすすめQR決済サービス

QRコード決済をめぐる動き

ピピッとチョイスでは、スマホやタブレット等の通信端末を用いた決済を「モバイル決済」と呼んでおり、QRコード決済はモバイル決済の1つと考えています。キャッシュレス大国として知られる中国では、スマホの普及と偽造通貨問題を背景に、QRコード決済が爆発的に広がりました。今では大型店舗だけでなく、個人商店や屋台でもQRコード決済が使われています。

日本では2014年にLINE、2016年に楽天やOrigamiがQRコード決済サービスを開始しており、サービスの種類も増加傾向にあります。KDDIやNTTドコモなどの大手企業も続々とモバイル決済事業に参入する動きを見せており、業界の競争は激しくなっています。

2018年7月30日、楽天はぐるなびの株式を9.6%(約40億円分)取得し、業務提携を結んだことを発表しました。この業務提携で、くるなびに加盟している約6万店の飲食店に、楽天が提供する決済サービス「楽天ペイ」をPRする取り組みが開始されます。これにより、国内のクレジットカードや電子マネー、QRコード決済等のキャッシュレス化が加速することが予想されます。

<参考>楽天プレスリリース:資本業務提携契約の締結に関するお知らせ

PayPayとは?

PayPayは、ソフトバンクとヤフーが合同会社を設立し、2018年秋からのサービス開始を目指す決済サービスです。バーコードやQRコードをスマホで読み取って決済を完了させます。保父とバンクとヤフーはPayPayの発表に際して「スマホ決済におけるユーザー数ナンバーワン、加盟店数ナンバーワンのサービスを目指します」としています。

ネット決済システム「Yahoo!ウォレット」の登録口座数は4,000万件を超えており、ソフトバンクのスマホユーザーも同等の規模を誇ることから、今後モバイル決済の利用者拡大が見込まれます。なお、PayPayの利用可能店舗は現時点で公表されていませんが、全国チェーンの店舗から中小企業の店舗まで提携する予定のようです。

ソフトバンクとヤフーはPayPayの提供にあたり、インド最大の決済サービス事業者の「Paytm(ペイティーエム)」と提携しました。Paytmはインドのモバイル決済のシステム開発をけん引し、3億人以上のユーザーと800万の加盟店に安定したサービスを提供しています。PayPayの運営会社となるPayPay株式会社はPaytmから技術協力を受け、利便性の高いサービスを開発する意向です。

参考:ヤフー株式会社プレスルーム

PayPayの決済方法や特徴

ソフトバンクの孫会長は、PayPayのQRコード等を使ったモバイル決済のメリットとして、店舗側にほとんどコスト負担がないことを挙げています。PayPayの決済方法は、店舗がレジなどに掲示したQRコードをお客様が専用アプリで読み取る方式(ユーザー読み取り方式)と、お客様が提示したバーコードやQRコードを店舗のレジでスキャンする方式(店舗読み取り方式)の2種類です。「ユーザー読み取り方式」であれば、店舗にQRコードのシールを貼るだけで導入できます。従来のクレジットカード決済のように高額な読取専用端末を購入する必要がありません。

PayPayは運用開始から3年間、「ユーザ―読み取り方式」による決済手数料を無料にするとしています。また提携店舗の集客のため、様々なキャンペーンを実施する予定となっています。PayPayの提供開始に伴い、Yahoo!ウォレットでのスマホ決済サービス「コード支払い」は提供を終了する見通しですが、詳細な日程は未定です。PayPayは専用アプリ、またはYahoo!IDと連携してYahoo!アプリから利用できるようになる予定です。

<参考>ソフトバンク孫社長、QRコード決済の未来を語る

\ピピッとチョイスに無料で相談/
QR決済導入に関する相談をする

まとめ

LINE Payを運営するLINEのQRコード決済も、2018年8月から3年間の手数料が0%です。キャッシュレス導入に際して店舗の負担を下げるため、方策を立てる企業が目立ちます。PayPayはYahoo!IDを持つ多くのユーザーの獲得が予想されます。店舗に導入すればPayPayユーザーの集客が期待できそうです。決済手数料無料のキャンペーンも発表されているので、早い段階でPayPayを導入して時代を先取りしましょう。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

決済サービス 無料相談はこちら