PayPayから加盟店向けアプリ「PayPay for Business」登場!一体何ができるの?

スマホ決済・QRコード決済サービスのPayPay(ペイペイ)が加盟店に向けて決済管理ツール「PayPay for Business」のアプリ版をリリースしました。PayPay加盟店はこのアプリをインストールすることでPayPayで決済された情報や売上を管理できるほか、ユーザーがスマホやタブレットに表示したQRコードを加盟店が読み取ることで決済を行う「ストアスキャン(コード支払い)」方式のQRコード読み取りや決済管理機能も新たに追加となりました。今回の記事では、「PayPay for Business」の機能を詳しくご紹介します。

PayPay(ペイペイ)とは

PayPay(ペイペイ)とは、ソフトバンクとヤフーが設立した「PayPay株式会社」が運営、提供するQRコード・バーコード決済サービスです。2018年に行った「100億円あげちゃうキャンペーン」でも話題を呼びましたよね。銀行口座からチャージできるほか、クレジットカードやYahoo!マネーなど支払い手段が多いうえ、ポイント還元率もYahoo!プレミアムの登録とYahoo! JAPAN IDとの連携でいつでも3%、最大20%と高いため人気があります。

もちろん店舗側にもPayPay導入のメリットはあります。PayPayを「ユーザースキャン方式」で導入すれば、決済手数料が2021年9月30日まで無料。さらに、ジャパンネット銀行の場合は振込手数料が永年無料で、翌日入金されるのですぐにキャッシュが手に入ります。このように、店舗側の初期費用が安い上に売り上げがすぐに手に入るという強みがあります。ソフトバンクは「スマホ決済におけるユーザー数ナンバーワン、加盟店数ナンバーワンのサービスを目指す」と発表しており、今後も更なるサービスの充実が期待されています。

PayPay for Businessについて

7月26日にPayPayがリリースした、加盟店向け決済管理ツール「PayPay for Business」のアプリ版。アプリのダウンロードや利用については、決済システム利用料など含め、全て無料なのもうれしいポイントですね。これまではWEB版でのみ返金対応や入金履歴の確認ができましたが、このアプリのリリースにより加盟店のQRコードを表示したり登録している口座情報などの確認や登録情報の修正・更新、決済情報や入金情報も確認できるようになりました。スマホからもこれらの情報にアクセスできるようになったため、さらに利便性を高めています。

PayPay for Businessでできること

それでは、PayPay for Businessアプリでは具体的にどのようなことができるのでしょうか?詳しく見ていきたいと思います。

「ストアスキャン(コード支払い)」と「ユーザースキャン(スキャン支払い)」の両方で決済が可能

PayPay for Businessでは、アプリ画面の「受け取る」をタップするだけでユーザーのQRコードを読み取って決済に進むことができます。コード支払いへの切り替えも簡単で、同じ画面からの「バーコードで受け取り」を選んでタップするだけで加盟店のQRコードを表示できるので、支払い方法の切り替えが非常に簡単です。特にストアスキャン方式は今までのWEB版ではできなかったことですから、ひとつの端末で簡単に二つの会計方法を扱えるようになりレジ業務のシンプル化やレジ待ち時間の短縮なども期待できますね。

決済情報や入金履歴の確認が容易

「取引履歴」の画面から入金情報をすぐ確認できるほか、「今日」「昨日」「過去7日」など、特定の期間を設定して期間内に決済された情報を確認できます。これにより昨日と今日の売り上げの比較や一週間後との推移などの情報をすぐ引き出せるため、情報の記録や経営戦略の組み立ての役に立つでしょう。

アプリ側から登録されている口座情報などの確認、修正ができる

アプリからでも登録されている口座情報などの確認ができるようになりました。また右上の「WEB」ボタンをタップすることでPayPay for BusinessのWEB版に移動するので、そこから口座に関する登録情報の確認や更新ができます。

これに加え今後は加盟店独自のクーポンを発行できるようにするなど、さらなる便利機能を開発・アップデートしていく予定との発表があり、ますますの利用者増が予想されます。

PayPay(ペイペイ)導入のメリット

PayPay for BusinessはPayPay加盟店の運営をサポートしてくれるアプリだと言えそうですね。
ではここで改めて、PayPay(ペイペイ)を導入するメリットについて見ていきたいと思います。

PayPay(ペイペイ)ユーザーは900万人突破

「PayPay」は、2018年のサービス開始以後、CMやキャンペーンなどでも大きく認知度を上げてきました。PayPayは特に集客に注力した結果、すでに900万人に登録されています。これだけの人が登録しているという実績があるので、加盟店になることが店舗の集客効果にもつながりやすいと言えるでしょう。せっかくスマホ決済、QRコード決済を導入しても、使う人自体が少ないとメリットだとは言えません。その点、PayPayの認知度の高さは、スマホ決済やQRコード決済導入を検討している店舗にとっては大きなメリットであると言えます。

PayPay(ペイペイ)はキャッシュレス・消費者還元事業の対象事業者

PayPayは経済産業省が推進する「キャッシュレス・消費者還元事業」の対象になっており、10月1日の消費税率引き上げに合わせ、同日から2020年6月30日までの9カ月間のあいだキャッシュレス決済における手数料の負担を国が行うなどのサービスを受けることができます。つまりこのタイミングでPayPayおよびPayPay for Businessを導入すれば、導入費無料、かつ手数料を抑えつつ「ストアスキャン(コード支払い)」と「ユーザースキャン(スキャン支払い)」の決済両方に対応できるという大きなメリットがあるわけです。

【今だけ】新規加盟店になると最大10,000円がもらえるキャンペーン実施中!

さらに今だけ、『PayPay新規加盟店応援キャンペーン』と題し、最大10,000円が店舗にプレゼントされるキャンペーンも実施中です。加盟店になった後に、実際PayPayが利用された回数・期間・人数などにより、最大10,000円が口座に入金される仕組みです。加盟店申し込みを迷っていた方は、この機会に検討してみてはいかがでしょうか。詳しくはこちらの記事でも紹介しています。

>PayPayの加盟店申請はこちらから<<

まとめ

PayPayからリリースされた加盟店向けアプリ「PayPay for Business」について一体何ができるのかをご紹介しました。キャッシュレス決済の需要が世界的に高まっている昨今、国内でもキャッシュレス決済を推進すべく経済産業省が「キャッシュレス・消費者還元事業」を実施するなど、キャッシュレスの波が来ています。PayPayはもともと導入のハードルが低く手数料も安いキャッシュレス決済でしたが、PayPay for Businessのリリースによって「ストアスキャン(コード支払い)」も利用できるようになった上、各種設定などもアプリから行えるようになるなど利便性を大幅に向上させています。

PayPay for Businessに関しては、加盟店独自のクーポンを発行できるようにするなど、利用客と加盟店がより便利に「PayPay」を使えるようになる機能を開発し、アップデートしていく予定と発表していますから今後の発展にも期待が持てます。キャッシュレス決済の導入に興味がある方は、この機会にPayPay導入を検討してみてはいかがでしょうか。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み