Yahoo!(ヤフー)とLINEの統合!PayPay、LINE Payはどうなる?

ヤフー株式会社を子会社として持つ「Zホールディングス株式会社」と「LINE株式会社」の経営統合が2019年11月18日に発表されました。
両者は日本におけるキャッシュレスの競争において、常に上位を占める人気キャッシュレスサービスである「PayPay」と「LINE Pay」をそれぞれ展開しています。ピピッとチョイスでは、キャッシュレス決済メディアとして、今後この2つのキャッシュレスサービスがどうなっていくのかという観点で、現時点で想定できる方向性を考えていきたいと思います。

巨大ユーザー数を抱えるヤフーとLINE、統合の意味

ヤフーに関してもLINEに関しても、そのユーザー数が多いという点は誰もが理解できる点だと思います。実際にヤフーは6,743万人、LINEは8,200万人もの月間アクティブユーザーを抱えています。単純合計で1.5億人ものユーザーを強みに経営展開していけるはずだと言われています。
しかも両者のユーザー年齢層も、Yahooは熟年世代、LINEは若年世代とも言われているため、統合によりバランスよく全世代のユーザーを囲い込んで今後のサービスに生かしていけることになるでしょう。
さらに昨今のキャッシュレス決済化の盛り上がりの中で、両者は特に人気の高い「PayPay」と「LINE Pay」を展開しています。この2つのサービスが今後どのように展開されていくのか、さらなる巨大キャッシュレスサービスとして整備されるのかという点についても注目されているでしょう。

ヤフーの「PayPay」、LINEの「LINE Pay」について

まず簡単に「PayPay」と「LINE Pay」について、それぞれがいったいどのようなサービスか見ていきましょう。

PayPay(ペイペイ)

PayPayは、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の共同出資により設立された「PayPay株式会社」が展開するQRコード決済サービスです。2018年10月にサービスを開始し、「100億円あげちゃうキャンペーン」で一躍注目が高まり、ユーザー数を増やしつづけてきました。その結果、2019年11月には登録ユーザー数2,000万人を突破(※)。もっとも勢いのあるQRコード決済サービスと言えます。また、右肩上がりなのはユーザー数だけではなく、2019年11月時点で170万以上の加盟店も獲得してきました。
特に、2019年10月に開始された「キャッシュレス・消費者還元事業等」により、大型スーパーから街の小さな店舗でもPayPay加盟店のマークを目にする機会が増えたのではないでしょうか。
通常時でも最大1.5%の還元が行われますが、適宜行なっているイベントにより、さらに大きな還元率でユーザーがお得になる内容を展開。その度に注目が集まっています。

PayPayのアプリのダウンロードはこちらより行えます。
▶iPhoneの方はこちら
▶Androidの方はこちら

LINE Pay(ラインペイ)

LINE Payも若者世代を中心に人気のキャッシュレス決済サービスです。決済方法も複数あり、店舗掲示されたコードを読み取る方式か自分のバーコードをスキャンしてもらう方式に加えて、Google Payと連携したクイックペイやプリペイドカード、オンライン決済など多岐に渡ります。
特徴的なのが、マイカラーと言って、使った金額に応じてランクが決まり、そのランクに応じて還元率が変わる仕組みがある点。そのほかにも、ポイント還元のキャンペーンを行うなど、PayPayにも負けない注目のキャッシュレス決済サービスとされています。

PayPayとLINE Pay 気になる今後の方向性

冒頭でも触れた、Zホールディングス株式会社とLINE株式会社が統合することで、今後両者が展開する2大キャッシュレス決済サービスの方向性に注目が集まっています。ピピッとチョイスでは、今後「PayPay」と「LINE Pay」がどうなるか、考えられる方向性としては以下の3つではないかと考えています。

PayPayとLINE Payを統合したサービスが生まれる!?

2社サービス展開の経営大元が統合することで、PayPayとLINE Payも統合して1つのサービスとして生まれ変わる可能性は十分にあり得るでしょう。日本のキャッシュレス決済サービスにおけるユーザー数、加盟店舗数ともにトップレベルの両者が統合した場合、圧倒的な強みを持つキャッシュレス決済サービスとして君臨する可能性が高いです。
しかも、Yahooのユーザー層である熟年世代、LINEのユーザー層である若者世代を包括することで、全ての年代をカバーできる、巨大キャッシュレス決済サービスとなるかもしれませんね。

今後もそれぞれのサービスとして展開!?

それぞれの知名度やユーザー層をしっかり確保しつつある両者なので、今後もその強みを生かして別軸のサービスとして展開されていくかもしれません。上記のように1つのサービスに統合することで、それぞれのサービスにあったメリットを維持できない、という可能性もあります。そうなると、獲得したユーザーの離脱というリスクもあります。また、ユーザーだけでなく、すでにそれぞれのサービスの加盟店となっている店舗に対して、これまでの通りのサービスを提供することが困難になることも十分に考えられます。
そうした懸念点を踏まえると、それぞれで強みを持つ「PayPay」と「LINE Pay」を統合せず、今後も別軸のサービスとして稼働し続ける可能性もあるでしょう。

PayPay⇔LINE Payが連携!?

もう一つ考えられる可能性としてはPayPayとLINE Payの相互連携、という方向性です。
最近のキャッシュレス決済サービスでは、他者サービスと連携して使える場合も増えてきているのをご存知でしょうか。

例えば最近ではメルペイでは、au PAYやd払いとも連携を開始しています。提携することで、使える加盟店が増え、それぞれのユーザーがより使いやすいサービスとして親しまれるはず。加盟店とユーザーともに双方にメリットが生まれるのがサービスの提携です。

実際にPayPayは中国の2大決済サービスの一つであるAlipay(アリペイ)と提携、LINE PayもWe Chat Payやメルペイとの相互連携を行なっています。
こうした点を踏まえるとPayPayとLINE Payの提携でさらに相互のユーザーや加盟店にとって良い効果が生まれ、より強いサービスへと進化していく可能性があります。昨今のキャッシュレス化を推進する日本の背景を踏まえると、この選択肢を選ぶ可能性も大きくあるでしょう。

現時点で、PayPayとLINE Payの動きについては未定

今後のPayPayとLINE Payの方向性について検証していきましたが、現時点では両者ともにこの件に関する確定事項の発表はされていないため、未定ではあります。今回ご紹介したような展開になるのか、はたまた全く違うサービス展開を行うのか、ピピッとチョイスは今後も2つのサービスに注目していきます!

まとめ

今回はZホールディングス株式会社とLINE株式会社の経営統合から考えられる、PayPayとLINE Payの今後の動きに関する情報をご紹介しました。二大キャッシュレス決済ともいえる両者の動きが気になるところですが、続報に期待しましょう。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

関連タグ