「スマホ決済」とは?乱立しているペイサービスの違いを理解しよう

スマートフォンを使って買い物ができるスマホ決済。現在はさまざまなサービスが乱立しており、一体どのサービスを使えばよいかわからない場合もあると思います。今回は、スマホ決済についてや、それぞれのペイサービスの違いについてまとめました。

なお、ピピッとチョイスでは、「お店のスマホ決済導入」に関する無料相談も承っています。乱立しているスマホ決済、導入したほうがいいと思うけどどうすればいい?とお悩みの店舗は、ぜひコンシェルジュにご相談ください。ご利用は無料です!

スマホ決済とは

「スマホ決済」とは、スマートフォンを利用した決済方法の総称のことを指します。スマホ決済には非接触のICT決済とQRコード決済の2種類があります。1つは非接触のICT決済、もう1つはQRコード決済です。※携帯電話料金と合算して支払いができる「キャリア決済」については、直接スマホを決済時に利用しているわけではないので、今回は対象外としています。

スマホ決済:非接触IC決済

非接触IC決済とは、ICチップを搭載したスマホで決済する仕組みのことです。SuicaやEdyなど、スマホに搭載されたNFC・FeliCa・Bluetoothなどを利用した決済方法のことを言います。クレジットカードや電子マネーなどを登録したスマホを、専用端末にかざすことで決済が可能となります。例としては、モバイルSuicaやApple Payなどがあります。

スマホ決済:QRコード決済

QRコード決済は、非接触IC決済とは異なり、スマホを専用端末にかざすのではなくQRコードやバーコードを読み取って決済する仕組みです。QRコード決済の代表的なものにはPayPayやLINE Payなどがあります。

スマホ決済と電子マネーの違い

スマホ決済と電子マネーはどう違うんだろう?とお思いの方もいるかもしれません。電子マネーは「非接触ICT決済」の部類に入ります。プラスチックタイプのカードに直接チャージするものと、スマホを使ってチャージをするタイプに分かれます。使う端末がスマートフォンであるときに「スマホ決済」と呼んでいる人が多い、という状況だといえるでしょう。

スマホ決済、どうやってお金を入金するの?

スマホ決済には大きく2種類あるということはおわかりいただけたかと思います。では、実際どうやってスマホでお金が取り扱えるようになるのでしょうか?
非接触IC決済、QRコード決済に共通していることは、いずれも持っているクレジットカードを紐づけてお金を支払うパターンが多いということです。(一部、そうでない場合もあります)
非接触IC決済の場合は、スマホのウォレット機能などにクレジットカードを紐づけますし、QRコード決済の場合も、サービスを登録する際にクレジットカードを紐づけることが多くあります。

これだけ読むと、クレジットカードで十分事足りるのでは?と思いますね。もちろんキャッシュレス決済という意味ではクレジットカードがあれば十分かもしれません。ですが、カード本体すら持つ必要がなくスマートフォンだけで決済の手続きが行えるところがスマートフォンの大きなメリットです。特に、QRコード決済などは独自のポイント制度がある場合もあり、あえてQRコード決済を使うことで、通常の買い物でお得にポイントをためることができます。

たとえば現在、JCBカードでApple PayもしくはGoogle Payを利用すると、20%がキャッシュバックされるキャンペーンが実施されています

スマホ決済を使うとお得になる!?

2019年10月からの消費税増税に伴い、国ではキャッシュレス決済を利用した消費者に、購入額の5%または2%をポイント還元する「キャッシュレス・消費者還元事業」を実施します。ポイント還元の対象は、クレジットカードや電子マネーで、上記の非接触IC決済や、QRコード決済も含まれています。ただし、ポイント還元は、キャッシュレス・消費者還元事業の登録加盟店での買い物でしか実施されません。実店舗であればキャッシュレス還元事業のロゴマークなどが掲示されていますので、チェックしてみくださいね。

キャッシュレス・消費者還元事業の期間は2019年10月1日から2020年6月30日までの9ヶ月間です。期間は限定されていますが、スマホ決済を使うとお得に買い物ができるようになるので、この機会にスマホ決済を導入してみてはいかがでしょうか。

スマホ決済:非接触IC決済にはどんなものがある?

非接触IC決済がどういう仕組みかは先ほど説明しましたね。「非接触IC決済」と言われてもピンとこないかもしれないですが、実際のサービス名を聞くとしっくりくるかもしれません。今回は、非接触IC決済の代表として「モバイルSuica」と「Apple Pay」「Google Pay」について紹介します。

モバイルSuica

モバイルSuicaは、JR東日本が提供する「Suica」がスマートフォンで利用できるサービスです。携帯端末を使って、モバイルSuicaに登録したクレジットカードから電子マネーの入金(チャージ)が可能です。現金でのチャージは、駅のコンビニ「NEWDAYS」や「サークルK・サンクス」「セブン-イレブン」「ファミリーマート」「ミニストップ」「ローソン」「イオン」等の一部店舗で、カードタイプのSuicaと同様に現金での入金(チャージ)が可能です。また一部の駅に設置してあるモバイルSuica対応のチャージ機でも可能です。

Apple Pay・Google Pay

Apple Payは、iPhoneにプリインストールされている「Wallet」アプリにクレジットカードや電子マネーカードを登録すると、Webやアプリでの決済に利用できます。
GooglePayは、Android 端末(5.0 Lollipop 以降)以降で利用できる決済サービス機能です。Android端末で「Google Pay」アプリをインストールし、カード情報を登録することで電子マネーなどがスマホで利用することができます。

Apple Pay、Google Payについて注意したいのは、これらはクレジットカードや電子マネーをスマートフォンを使って利用できるようにしたサービスの名称です。店頭で買い物をするときに「Apple Payで」「Google Payで」と言っても、お店の人は、支払いに使うのがクレジットカードなのか、電子マネーなのかわからないので、利用するときは「Suicaで」と言ったように、登録しているカードの名称を伝えてくださいね。

こちらも注目:Apple PayとGoogle Pay!人気のスマホ決済、両者の違いとは?

スマホ決済:QRコード決済サービスにはどんなものがある?

特に人気のQRコード決済はいろいろなサービスがありますよね。名前は知っているけど詳しく知らない、というものも多いのではないでしょうか?今回は、QRコード決済サービスの中からピピッとチョイスがいくつかご紹介いたします。

LINE Pay

LINE PayはコミュニケーションアプリのLINEが提供しているスマホ決済です。QRコードまたはバーコードを使って決済します。買い物する度にLINEポイントが貯まり、貯まったポイントはコード払いでお買い物に使ったり、オンライン支払いに利用できます。ポイント還元は、「マイカラープログラム」というものによって還元率が異なり、LINE Payの決済金額に応じてランク付け(色)されます。色によって、LINEポイントの還元率は異なります。

PayPay(ペイペイ)

ソフトバンクとYahoo!が共同で出資した「PayPay株式会社」より提供されているスマホ決済が「PayPay」です。「100億円キャンペーン」でその名を広め、サービス開始から1年でユーザー数は1500万人を超えました。その分加盟店数も増えていき、2019年10月時点で150万か所を突破しました。使い方は、店頭のQRコードを読み取ったり、スマホでコードを店員に読み取ってもらって決済します。銀行口座やクレジットカードが登録できますが、PayPayでクレジットカードを登録するならポイントを獲得できるヤフーカードがおすすめです。

PayPayアプリのダウンロードはこちらより行えます。
▶iPhoneの方はこちら
▶Androidの方はこちら

楽天ペイ

楽天ペイは、楽天が提供しているスマホ決済です。LINE PayやPayPayほど加盟店は多くありませんが、さまざまな店舗で使うことができます。バーコード決済、QRコード決済、楽天キャッシュが利用できます。楽天キャッシュとは、楽天ペイ内で使える電子マネーのことで、クレジットカードでチャージして楽天ペイ内で利用します。
楽天ペイの還元率は0.5%で、200円につき1ポイント貯まる仕組みです。楽天ペイに楽天カードを紐づけて買い物をすると、ポイントの二重取りが可能なので、楽天ユーザーにはおすすめのスマホ決済です。

【PR】楽天ペイを使うなら、楽天カードがおすすめ

メルペイ

最近CMでも話題のメルペイ。フリマアプリのメルカリが提供しているスマホ決済です。メルカリのアプリを使ってスマホ決済ができるので、メルカリユーザーは新しくアプリをインストールするといった手間もかかりません。そして一番の特長として、メルカリの売上やポイントを支払いに利用することができます。メルカリの売上金があればチャージも不要になるのでその点も魅力的です。
メルペイは、街のお買い物でポイントが貯まるシステムはありません。しかし、メルカリ内で実施しているポイント還元キャンペーンを利用すれば、ポイントが貯まります。キャンペーンによっては最大70%還元になることもあります。フリマアプリのメルカリをよく使う人にとっては、売上がすぐポイントになり、街の買い物で使えるので非常に便利だと思います。

d払い

携帯電話キャリアのドコモが提供しているスマホ決済が「d払い」です。d払いは、ドコモユーザー以外の方も利用可能で、Amazonといったオンラインショップでも使うことができます。支払い方法は、クレジットカードや銀行口座からのチャージが使え、支払い料金に応じてdポイントが貯まります。dポイントは、月々の携帯料金に使ったり、街の買い物に利用できますよ。

d払いのポイント還元は、街のお店の場合は0.5%、インターネットでの買い物は1%です。ドコモのクレジットカードであるdカードを紐付ければ、ポイント還元率が1.5%〜2%になります。ドコモユーザーには、お得なスマホ決済です。

au PAY

d払い同様、携帯電話キャリアのauが提供しているスマホ決済が「au PAY」です。au WALLETアプリを使って支払いを行えます。2019年8月より、auユーザー以外の方も利用できるようになりました。ただしauユーザーにとって魅力が大きいと言え、auスマートパスプレミアム(月額499円)ユーザーであれば、QRコード決済のポイントは200円ごとに3ポイントと高還元率になります。
同じく携帯電話キャリアのd払いとの大きな違いとして、au PAYの場合は楽天ペイ(アプリ決済)の加盟店でも利用できるという点ですね。au PAYは2019年4月開始の後発サービスであるため、楽天ペイと連携することで利用できる範囲を広げています。

Origami Pay(オリガミペイ)

スマホ決済の中でも、早くサービスを開始したのがOrigami Payです。支払いはQRコードやバーコードで行い、銀行口座やクレジットカードが登録できます。ポイント還元はありませんが、期間限定キャンペーンなどをよく実施しておりお得にお買い物ができます。

なお、もっとQRコード決済について詳しく知りたい方は、こちらの記事もごらんください。
>>競争激化のQRコード決済!「●●Pay」を独自カテゴリでまとめた19選!

たくさんある「スマホ決済」…どれを選べばいい?

スマホ決済の違いについてご説明していきましたが、ユーザー目線で見ると、自分はどのスマホ決済を使うのが一番お得なんだろう?と思うかもしれません。
人それぞれで一番良いスマホ決済は異なりますが、こちらの記事を参考にしてみてください。ピピッとチョイス編集部が考える「スマホ決済選び」のポイントは、以下となります。

QRコード決済なら、自分になじみのあるサービスに関連したものを選ぶ

スマホ決済の中でもたくさんのサービスが出ているQRコード決済。選び方のポイントとしては、自分がよく使っているサービスにちなんだものを選ぶと良いでしょう。
楽天カードをよく使っているなら楽天ペイ、メルカリを使うならメルペイ、auユーザーならau PAYといった風に選ぶと、ポイントをお得に貯められたりするのでおすすめです。

より手軽に使いたいならモバイルSuicaやApple Payなどを選ぶ

QRコード決済の場合は、QRコードを表示させたり、QRコードを読み込んだりする作業が必要です。もちろん、現金で支払うよりも断然早くお買い物をすることができるのですが、もっと手軽に、早く買い物をしたいなと考えているなら、Apple PayやモバイルSuicaといった非接触IC決済のほうがおすすめです。スマホをかざすだけで買い物が済むので、それだけでお金だけでなく時間も節約できますね。

まとめ

たくさんあるスマホ決済サービスの中から、いくつか代表的なものをご紹介しました。時代はキャッシュレス化へ進んでいます!現金派の方も、試しにスマホ決済を利用してみてはいかがでしょうか?

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み