コミケで使えるpixiv PAY(ピクシブペイ)。QR決済がファンとの交流の糸口に

こんにちは、ピピッとチョイス編集部です。クレジットカードやスマホなどを使って支払いを完了させるキャッシュレス決済が世界的に広まりを見せています。日本でも様々な企業がキャッシュレス決済事業に参入していますよね。今回はコミックマーケット(コミケ)などのイベントで導入されているpixiv PAY(ピクシブペイ)のご紹介をします。

QRコード決済についての基礎知識や疑問

QRコードの知識や導入・比較に関する疑問などはこちらの記事でも紹介しています。是非ご覧ください。

まずは知っておきたい、QRコード決済の基礎知識

中国人観光客向け、インバウンド対策

QRコード決済の導入に関する疑問

業種から見るおすすめQR決済サービス

pixiv PAY(ピクシブペイ)とは?

2017年8月10日にリリースされたpixiv PAY(ピクシブペイ)は、ピクシブ株式会社が提供する決済サービスです。ピクシブは、イラスト作品の投稿や閲覧が楽しめるイラストコミュニケーション・サービス「pixiv(ピクシブ)」を展開しています。

pixiv PAYは主にコミケなどのイベントで、同人誌やグッズを販売したり購入したりする際に利用されています。出品者とお客様の双方がpixiv PAYアプリを利用することで、対面決済を可能にします。なお、pixiv PAYで決済された売上には3.6%の決済手数料がかかります。

QRコードを使ったキャッシュレス決済はもちろん、現金のやり取りも記録できる、pixiv PAYをレジ代わりとしても使うことができます。また販売履歴はCSVファイルで出力できるので、売上や在庫の管理に表計算ソフトなどを利用することも可能です。

pixiv PAYの使い方

QRコードの決済方法

pixiv PAYを利用する際には、あらかじめ出品する商品をアプリに登録しておきます。商品を販売する際は、出品者が提示するQRコードをお客様のアプリで読み込んでもらえうだけで決済が完了します。QRコードは1つにつき10分間利用でき、1つのQRコードに対して1度の決済が可能です。QRコードを使い回せなくすることで、第三者による悪用を防いでいます。10分以上表示してQRコードが無効になった場合には、レジ画面に戻って再発行しましょう。

アシスタントモード

出品者本人がイベント会場に参加できない場合や、お会計を複数人で分担したい場合に便利なのがアシスタントモードです。この機能を使えば出品者のレジ画面を共有できるので、複数人で会計を受け付けることができます。アシスタントモードでは、レジ画面以外の出品者の個人情報や売上記録が共有されないので、情報が流出する心配もありません。

アシスタントモードを使う場合には、出品者のpixiv PAYアプリのアシスタントモード画面で「アシスタント追加QRコード」を作成します。販売を手伝う人は自分のスマホにpixiv PAYアプリをインストールして、出品者が作成したQRコードを読み取れば、レジ画面を共有できます。

ファンにメッセージを送れる

pixiv PAYで作品を購入してくれたお客様にはオリジナルのメッセージを送信できます。送信されたメッセージはプッシュ通知で端末に表示されます。お礼のメッセージを送ったり、次回のイベントの参加情報などを発信したりして、リピーターを育成することも可能です。

お客様がpixiv PAYを使うには

pixiv PAYを利用するお客様は、インストールしたpixiv PAYアプリにクレジットカードを登録するか、コンビニ店頭でポイントをチャージ(入金)します。購入ポイントの有効期限は、ポイント付与日から180日間で、一度購入したポイントを銀行口座などに戻すことはできません。

pixiv PAYでは定期的にキャンペーンを行っており、特定のイベントでpixiv PAYを利用すると、お客様に10%分のポイントが戻ってくるなどの特典がつくことがあります。アプリに登録するクレジットカードによっては利用額に応じてポイントが付与されるものもあるので、現金決済を行うよりもずっとお得です。

売上金の受け取り方法

銀行口座で受け取る

売上金は銀行口座に振り込んでもらうことができます。所定の振込申請を行うと、5営業日以内に指定口座へ売上金が振り込まれます。振込申請期限は売上が記録された日から6カ月です。期限内に申請がない場合には自動的に売り上げ金が振り込まれます。なお振込手数料として、申請金額が3万円未満の場合200円、3万円以上の場合300円が発生します。

pixivFACTORYクーポンと交換する

売上金はpixiv PAYの連携サービス「pixivFACTORY」のクーポンと交換することが可能です。pixivFACTORYでは、高画質のグッズや同人誌を簡単に作成できるサービスです。pixivFACTORYクーポンは同人誌の印刷費の割引などに使えます。

ポイントと交換する

pixiv PAYの売上金でポイントを購入し、イベントでのグッズ購入などに利用することも可能です。ただし1度購入したポイントは売上金に戻せないので、pixiv PAYで使い切ると良いでしょう。売上金をpixivFACTORYクーポンやポイントに交換すれば、資金を循環させることができます。

\QR決済の無料相談窓口もあります/
相談窓口について詳しく見る

まとめ

pixiv PAYはQRコード決済だけでなく現金の管理にも利用でき、慌ただしいイベントでレジ機能を担ってくれる決済サービスです。購入者向けにメッセージを送る機能もあるので、ファンを増やすためのきっかけとしても利用できます。pixiv PAYで面倒な現金管理から解放されるとともに、たくさんのファン獲得に活用しましょう。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

決済サービス 無料相談はこちら