コンビニに並んでいるプリペイドカード「POSAカード」。意外と知らないその仕組みとは

コンビニにずらりと、色とりどりの様々なカードが並べられているコーナーを見かけたことはありませんか?iTunesやGoogle Play、Amazonギフト券などが陳列されているあのコーナーです。

最近では家電量販店や大型スーパー、ドラッグストアでも見かけるようになりましたね。しかし、あのカードの名称や仕組みは意外と知られていません。

気になるあのカードの名称は「POSA(ポサ)カード」といいます。「Point of Sales Activation」の頭文字をとって「POSA(ポサ)」となっています。「POSA」を直訳すると「販売時点有効化」となりますが、このままではちょっとわかりませんよね。

そこで今回は、POSAカードの仕組みやメリットなどをご説明していきたいと思います。

ピピッとチョイス無料相談窓口
コンシェルジュに相談する

 

POSAカードとは

普段私たちがコンビニなどで、バーコードなどを読み取ってお会計するレジを「POSレジ」と呼びますが、この「POS」が「Point of Sales」、つまり「販売時点」の略です。POSAカードは、この「POS」で決済が完了した時点で、初めて「Activation」、つまり有効化され、価値のあるカードになります。逆にいってしまえば、お会計をするまではただのプラスチックカードというわけです。

POSAカードの購入と使い方はとても簡単です。POSAカードには大きく分けて2種類あります。ひとつは金額や商品が決まっていて、価格もカードに記入されており、その金額を払うもの。もうひとつは「バリアブル」といって、自分で金額を指定して購入できるものです。

金額が決まっているものはそのまま、バリアブルの場合は希望の金額を伝えて、レジにてお会計を済ませます。購入、つまりレジにて「有効化」されれば利用が可能となります。購入したPOSAカードは、PINコード(シリアルナンバー)を使うカードの場合、裏面にあるスクラッチ部分をコインなどで削るとPINコードが出てきます。そこでPCやスマホで、購入先のサイトにアクセスし、PINコードを入力すれば残高が反映されます。残高が反映されればショッピングやゲームなどに利用することができます。

注意したいのは、ごく稀に金額が反映されなかったり、PINコードが読めないということもあるようです。ですので、金額が反映されるまではレシートを保管しておきましょう。

POSAカードの生まれた背景

ではこういったPOSAカードの仕組みはなぜ取り入れられたのでしょうか。それは過去に高額なギフトカードやプリペイドカードを店頭で販売する際に、いくつかの問題が存在していたからです。

とつは万引きや盗難などの問題です。店頭でこういった金券を扱えば、それだけリスクが高まります。もうひとつは取り扱っている店舗にとって、どれだけ在庫を持つかというのも悩みの種でした。

しかし、POSA技術によってこれらすべての問題は解決しました。もし、万引きや盗難にあっても、POSレジを通して有効化されていなければただのプラスチックカードです。盗んだPOSAカードのスクラッチ部分を削ってPINコードを入力したとしても、無効なコードなので盗んだ側としては全く意味がありません。これで販売店舗側も堂々と販売することができるようになったというわけです。

POSAカードのメリット

堂々とPOSAカードを店頭で取り扱うことで、メリットも生まれました。それはデジタルコンテンツなどの販売をするときに「こんなコンテンツもあります」とディスプレイすることができたという点です。実際POSAカードの陳列コーナーを見ると、様々な種類のPOSAカードがあり「こんなものまで購入できるんだ」と知る機会になります。

またクレジットカードのように、使いすぎたりすることがないというのもポイントです。あくまでプリペイドカードの一種なので、使う金額は限られており、計画的に利用することができます。さらにクレジットカードでネットショッピングをする際に、カード番号などを第三者に盗まれ、悪用されるといった心配も、POSAカードではありません。

さらに中国で発達した「支付宝(Alipay/アリペイ)」や「微信支付(WeChat Pay/ウィーチャットペイ)」のようなQRコード決済サービスは、利便性はあるものの、お金の流れが丸わかりになり、中国政府が個人情報を握る意図も含まれているといわれています。その点POSAカードは個人情報の観点からも安全だといえます。

まとめ

POSA技術はアメリカ・アトランタに本社を構える、ギフトカード・プリペイドカードの流通大手InComm(インコム)社の登録商標です。そのインコム社の傘下であるインコム・ジャパン株式会社のバイスプレジデント、代表取締役社長である荒井琢磨氏は「この業界にはまだまだ手の付けられていない領域が多く、わが社のシステムを活用できるチャンスは眠っている」と語っています。

POSAカードにみられるようなプリペイドカードの普及、キャッシュレスの波は確実に押し寄せてきています。そんな中で、より便利に、よりお客様のニーズに寄り添ったサービスを提供していきたいという思いが、あの色とりどりのPOSAカードコーナーにはあったのです。

 

店舗に合ったキャッシュレス決済を
導入してみませんか?
どんな決済サービスが合うのか、コンシェルジュに相談してみませんか?弊社がメーカーではないかわりに、無理な提案はいたしません。

無料で相談してみる

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。