今更聞けない「ポストペイ式」の電子マネーとは?-iDとQUICPayについて解説-

このGW中、キャッシュレスウィークと名付けられた大型のキャンペーンがあったことも受けて、今キャッシュレスが注目を浴びています。主には、QRコード決済と呼ばれる決済サービスが現れ大きなキャンペーンを打ち出していることで、ユーザー数、知名度共に伸びてきている状況ですが、こういった他のキャッシュレスが普及してきたことに伴い、電子マネー決済も各社キャンペーンが盛んになっている印象があります。
しかし、交通系のICカードなどでなじみ深いプリペイドタイプとは異なり「ポストペイ式」と呼ばれる電子マネーについては、まだ上手く活用出来ていない方もいるのではないでしょうか。
今回は、iDやQUIC Payといった「ポストペイ式」の電子マネー決済について解説をしていきます。

ポストペイ式とは

「ポストペイ式」と呼ばれる決済方法はそもそもどういったものでしょうか。まずは下記の表をご覧頂ければと思います。

電子マネーの種類 主なサービス 支払いのタイミング 特徴
ポストペイ型電子マネー iD、QUIC Pay 決済後 基本的にはクレジットカードへの紐づけが必須となり、利用額がクレジットの請求と合算される
プリペイド型電子マネー SUICA、nanaco、WAON、QUIC Pay+ 決済前 指定のカードにチャージを行い、チャージした残高から支払う

このように、ポストペイ式とは一言で言えば、「後払い式」の電子マネーとなります。原則としてクレジットカードとの紐づけが必要となり、利用した金額はクレジットカードの利用額と共に、後からまとめて請求がきます。
結果的にはクレジットでの利用分と合算されての請求になるため、クレジットカードで決済をするのとあまり差がないと思われがちですが、iDやQUICPayといったポストペイ式の電子マネーの最大の利点としてはスマホのアプリに登録が可能な点と言えるでしょう。

カードを取り出す・サインをするといった煩わしい動作を減らすことができ、交通系ICなどと同様に、スマホ端末をかざすだけのスピーディーな決済が可能となるのです。しかも後払い式なので、チャージ残高が不足して支払えないといった心配も不要です。勿論、クレジットカードのポイントも付与されるので意外と使えるサービスなのです。

QUIC PayとQUIC Pay+の違い

注意がいるのは、「QUIC Pay」と「QUIC Pay+」は利用できる決済方法が異なるという点です。ポストペイ式以外の方法で支払えるのは「QUIC Pay+」のみで、「QUIC Pay」ではクレジットカードによるポストペイ式のみの利用になります。

    • 「QUIC Pay」の加盟店ではデビットカードやプリペイドカードによる支払いはできない。
    • 「QUIC Pay+」はQUIC Payの決済方法+プリペイドカード、デビットカードで利用が可能

となっておりますので、ポストペイ式が不安という方は、デビットやプリペイドが利用できる「QUIC Pay+」の加盟店を利用していただくとよいでしょう。
なお、「QUIC Pay+」の加盟店であればクレジットカードによる後払い式の利用は可能です。

ではここからは更に、QUIC Pay、iDの利用方法について詳しくみていきましょう。

QUIC Payについて

QUIC PayはJCBが開始した後払い式の電子マネーサービスです。現在、120社以上のカード発行会社に対応しており、カード発行会社に合わせてポイントやマイルを貯めることができます。

QUIC Payをカードタイプで利用する

クレジットカードにQUIC Payの機能がついた物と、QUIC Pay専用のカードを発行して利用できるものとがあります。QUIC Pay専用のカードを発行する場合、支払い元として紐づけが可能なクレジットカードを所持していること、もしくはカード所有者のご家族であることが前提となっていますので、必ずクレジットカードを所持している必要がある、ということになります。

QUIC Payをnanaco一体型で利用する

電子マネーのnanacoカードにQUIC Payの機能を搭載したタイプも存在しています。nanaco加盟店ではnanacoチャージで支払いをし、QUIC Pay加盟店ではQUIC Payによる支払い、と1枚のカードで支払い方法を選ぶことができます。ただし、nanacoで支払うためには事前チャージをしておく必要があり、QUIC Payの機能で支払う為には対象のクレジットカードの情報を紐づけておくことが必須となります。持ち歩くカードの枚数を減らしたい方にはお薦めです。

iPhoneで利用する

iPhoneの利用者であれば、QUIC Payの登録は非常に簡単に行う事ができます。端末にデフォルトで入っているウォレットアプリに対象のクレジットカードの情報を紐づけることで設定が完了しますので、あとは支払い時にQUIC Payで支払うことを伝えるだけとなります。カードを財布から取り出したり、サインをしたりといったわずらわしい動作がなくなることが最大のメリットと言えます。

Androidで利用

Google Payアプリをダウンロードし、対象のクレジットカードの情報を紐づけることで設定が完了します。この時、端末がFeliCa搭載のおサイフケータイであることが条件となりますので、お手持ちのAndroidに結びつけたい場合は対応端末かどうか確認をして利用しましょう。支払い時はiphone同様にQUIC Payで支払うことを宣言すれば、端末にかざすだけで決済が完了します。

QUIC Pay+について

QUIC Payから、新たに「QUIC Pay+」というサービスが開始しています。QUIC Pay加盟店ではQUIC Pay+による決済はできませんが、QUIC Pay+の加盟店であればどちらの決済方法も利用が可能です。従来の後払い式サービスの他に、プリペイド型による事前決済とデビットによる即時決済が可能になりました。
また、利用できる金額も2万円以上の決済に対応し、より利用の幅が広がったサービスです。ただし加盟店によっては、決済金額に上限が設けられている場合もあるためご注意ください。デビットタイプ・プリペイドタイプの利用については、それぞれスマホに対象のアプリをダウンロードすることによって利用が可能となります。

クレジットカードでの支払い

従来のQUIC Payでは一度の決済上限金額が2万円と設定されていましたが、QUIC Pay+の加盟店で利用する場合は、クレジットカードでの支払いであっても2万円を超えての決済が可能です。ただし店舗側によって上限金額がさだめられている場合があります。

プリペイドで利用する

原則として、スマホにダウンロードしたアプリからバーチャルカードを発行し、それにチャージをして利用する形です。このため、必ず対象機種のスマートフォンを所持している必要があります。チャージは基本的にはアプリに紐づけ登録してある銀行口座やクレジットカードから行う、という形になっています。

デビット式で利用する

対象の銀行口座をアプリに紐づけておくことで、デビット方式での利用が可能となります。決済をした時点で残高から即時引き落とされるため、現金のみで利用してきたユーザーにとってもキャッシュレス決済を始めやすい方法になっています。

iDについて

iDは、2018年12月時点で全国に89.6万台以上のiD決済端末が普及していると言われており、非常に幅広い場所で利用が可能な電子決済サービスです。ドコモの提供するサービスですが、ドコモユーザー以外の方であっても利用することができ、加盟店によってはdポイントも貯まるようです。勿論、年会費などはかかりません。

iDをスマホで利用する

おサイフケータイ対応のスマホを持っているユーザーであれば、iDアプリをダウンロードし、対応のカード情報を入力することでスマホによる決済が可能になります。また、iOS端末のユーザーはApplepayにクレジットカードの情報を紐づけることによって利用できるようになります。ここで登録が可能なものはiDに対応している、各社のクレジットカード・プリペイドカードのいずれかになります。

登録が完了していれば、利用方法はスマホを読み取り端末にかざすだけ、と非常に簡単です。サインは不要ですが、一定額を超える決済には制限がかかっている店舗や暗証番号の入力を求められるケースがあります。
お手持ちのカードがiDに対応しているか確認するためにはカードの表面を見て頂くと、iDのロゴが入っているのですぐに判別が可能です。しかしカードによってはApplePayにしか対応していないものや、カード型のみで利用が可能なものといった違いがあるので注意しましょう。

iDをカードで利用する

iDの利用方法として、まずカード型のものがあります。クレジットカード一体型はその名の通り、クレジットカードにタッチ決済の機能がついているものです。現在は70社以上のカード会社で対応できるということです。この他、後払い式以外の方法としてプリペイドカード型、デビットカード型を選ぶことができます。

      • プリペイド型…現在4社から発行されており、そのうちの2社のみカードで利用が可能。
      • デビット型…現在は1社からの発行。

それぞれチャージ金額、口座残高をあらかじめ用意しておく必要がありますが後払い式が不安な方にも利用しやすい決済方法になっています。

iDを利用するとdポイントが貯まる

iDをお得に利用したい場合、dポイントクラブ会員になる必要があります。dポイントクラブの会員になることで、お会計金額100円につき1ポイントが加算。更にdカード特約店で利用した場合は、通常のdポイントに加えてそれぞれの加盟店ごとに更にボーナスポイントの付与といった特典を受けることができるのです。
なお、dカード特約店で受けられる特典は各加盟店によって異なります。また、iDでの支払いによる特典が受けられる店舗と、dカードでの支払いによる特典が受けられる店舗が異なる場合もあるので注意が必要です。

まとめ

このように、電子マネー決済も今、様々な形に発展しています。従来のクレジットカードのようにサインや暗証番号の入力といった手間がなくなる分、よりスムーズな会計が可能になりました。この他にも様々なキャッシュレス決済を用意しておくことで、ポイントを貯めたいユーザーの来客を促したり、釣銭の渡し間違いや、レジの回転率の向上にも繋がると言われています。
店舗にとってより幅広く利用できる決済端末を導入することで、お店にも消費者にもメリットがありそうですね。どのような端末をいれたら良いのか、お悩みになった時は是非当サイトのコンシェルジュにもご相談ください。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。