お店にQRコード決済を導入するなら、1サービスではなく複数導入がオススメ!

現在、QRコード決済サービスの種類は日に日に増えており、どのサービスを導入すればいいか迷っている店舗様も多いのではないでしょうか。どれも魅力的なサービスばかりで、選べないという方もいるでしょう。しかしQRコード決済サービスは、どれか「1つ」のサービスを選ばなければならないということは、決してありません。実はむしろ「複数」のサービスを導入するほうが、おススメなのです。

そこで今回は、なぜ複数のQRコード決済サービスを導入することが、店舗にとっておススメなのかを解説していきたいと思います。

\無料相談窓口もあります/
コンシェルジュに相談する

QRコード決済サービス比較!導入を考えている店舗必見! 詳しくはこちら

こちらもチェック

人気が出ているQRコード決済。知識や導入・比較に関する疑問などはこちらの記事で紹介しています。是非ご覧ください。

まずは知っておきたい、QRコード決済の基礎知識

●【初心者向け】QRコード決済とはどんなもの?
ちまたで話題のQRコード決済。今なぜ注目を集めているのか?
QRコード決済の気になるセキュリティ。本当に安全?情報管理は大丈夫?

中国人観光客向け、インバウンド対策

「アリペイ(支付宝)」と「Wechat Pay」 導入するならどっち?
中国人向け決済サービス『支付宝(アリペイ)』や『WechatPay』を導入する方法

QRコード決済の導入に関する疑問

QRコード決済の導入にかかる費用はいくら?コストと導入の流れを解説します!
QRコード決済ってどんな従業員でも簡単に使えるの?取り扱いは難しくない?

QRコード決済は1つじゃないとダメ?

店舗にQRコード決済サービスを導入したいけど、QRコード決済サービスは1つしか導入できないのでは?と思っている人も、実は数多くいます。たしかに従来お店に設置されていた、クレジットカードを切る端末などは、1台で複数のカード会社が使えるため、それだけ導入していれば良いという部分もありました。またどのQRコード決済サービスも、同じようなサービスに思えてしまうため、どれか一つでいいだろうと考える人も多いようです。

しかし近年登場してきているQRコード決済サービスは、どれか1つだけというよりも、複数導入することで、店舗として大きなメリットとなります。ではなぜ、複数サービスの導入がおススメなのでしょうか、その理由を説明していきます。

【お問い合わせの前に】QRコード決済導入でのよくある質問(随時更新)

複数サービスをおすすめする3つの理由

QRコード決済サービスを、1つだけでなく複数導入することがなぜおススメなのか、3点に分けて詳しくご説明していきたいと思います。

①対応しているクレジットカードや銀行口座が違う

お客様がQRコード決済サービスを利用する際、そのサービスごとに対応しているクレジットカードや銀行口座が異なります。

例えば、QRコード決済サービスに対応しているクレジットカードであれば、ほとんどはVISAかMaster Cardです。今後は、JCBやアメックスなどに対応するサービスも出てくるようですが、現状クレジット会社によっては使えないお客様もいます。

また「pring(プリン)」というQRコード決済サービスは、クレジットカードには対応しておらず、三井住友銀行・みずほ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行・地方銀行のいずれかを登録する形となっています。

このように利用するお客様の環境によって、使えるQRコード決済サービスも違うため、誰もが1つのサービスを使うという訳ではありません。もし店舗側が、1つのQRコード決済サービスだけを導入していると、支払い方法が限られてくるため、せっかく買い物に来たお客様が決済できなくなってしまいます。売上機会の損失になってしまうので、可能な限り幅広く決済方法をカバーできるように、複数のQRコード決済サービスに対応しておいたほうが得策といえます。

②インバウンドに対応しているものとそうでないものがある

現実問題として、日本ではあまりなじみのない「QRコード決済サービス」ですが、実は中国や韓国などではQRコード決済は主流となっており、多くの外国人観光客がQRコード決済を使って支払いをしています。現金主義の風潮が強い日本なので、なかなかQRコード決済サービスは浸透していませんが、外国人観光客から見ればむしろ「QRコードで決済ができないのは不便」と感じられているほど。

そこでインバウンド客獲得のため、QRコード決済サービスを導入したとしても、そのQRコード決済サービスがインバウンド対応しているとは限りません。1つのサービスだけを導入しても、インバウンドに対応していなければ、外国人観光客の購買意欲はなくなってしまいます。

現在、外国人観光客が主に使っているQRコード決済サービスに「支付宝(Alipay/アリペイ)」と「微信支付(WeChat Pay/ウィーチャットペイ)」というものがあります。日本国内で展開されている、インバウンドに対応したQRコード決済サービスのほとんどは、このどちらかと提携しています。少なくとも「アリペイ」と「WeChat Pay」の両方を抑えておきたいという場合は、やはりこれらに対応したQRコード決済サービスを導入するほうがおススメです。

③初期費用、月額費用が無料

QRコード決済を複数導入してもいいけど、お店にとって気になるのが「初期費用や月額費用」だと思います。しかし実は、ほとんどのQRコード決済サービスは、初期費用や月額費用が無料となっています。

導入に必要なのは、QRコード決済サービスのアプリをインストールするスマートフォンや、iPadなどのタブレット端末のみです。お客様にQRコードを読み取らせる場合は、コードを印刷してレジに設置する材料などが必要です。

QRコード決済の中には、期限付きですが「LINE Pay」や「PayPay」のように、決済手数料も一時的に無料というものがあります。こうした点から、QRコード決済の導入ハードルは、専用読み取り機の購入が必要なクレジットカードや電子マネーなどに比べると、断然低くなっています。これならば複数サービス導入しても、安心ですね。

【店舗向け】キャッシュレス決済入門編。導入を間違わないための基礎知識

まとめ

「QRコード決済サービスをいれたものの、他のサービスも導入したいが、利用できるのか?」という疑問をお持ちの、店舗担当者・経営者の方も多かったのではないでしょうか。

しかし今回の記事で、複数のQRコード決済サービスを導入することができると、お分かりいただけたと思います。複数のQRコード決済サービスに対応させることにより、多くのお客様が、気軽にQRコード決済サービスを利用できる環境が整うことにもつながります。

現在日本では、2020年の東京オリンピック、2025年に開催が決まった『大阪・関西万博』に向けて、経済産業省が打ち出した「キャッシュレス・ビジョン」を踏まえ、オールジャパンでキャッシュレスの推進を図っています。みなさんも、こうした動きに取り残されないようにするためにも、複数のQRコード決済サービスに対応させてみてはいかがでしょうか。

店舗に合ったキャッシュレス決済を
導入してみませんか?
どんな決済サービスが合うのか、コンシェルジュに相談してみませんか?弊社がメーカーではないかわりに、無理な提案はいたしません。

無料で相談してみる

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。