お客様に大きなメリット!ポイントが貯まるQRコード決済4選

こんにちは、ピピッとチョイス編集部です。世界的なキャッシュレス化の波を受け、日本でもQRコードを利用する決済システムが広がり始めています。サービス普及のために、各事業者は様々なポイントや割引システムを発表しています。今回は特典が受けられるQRコード決済をまとめてみたいと思います。

こちらもチェック

QRコードの知識や導入・比較に関する疑問などはこちらの記事でも紹介しています。是非ご覧ください。

まずは知っておきたい、QRコード決済の基礎知識

中国人観光客向け、インバウンド対策

QRコード決済の導入に関する疑問

QRコード決済はどうしておトクになるの?

QRコード決済を利用する場合、お客様はあらかじめ専用アプリにクレジットカードや銀行口座の情報を登録しています。このとき、ポイントプログラム付きのクレジットカードを登録すれば、利用額に応じてポイントが貯まります。さらにQRコード決済には、一定の割合でポイントが還元されるサービスや代金の割引をするサービスがあるので、現金よりもお得に買い物ができます。店舗はQRコード決済を導入するだけで、お客様のポイント払いに対応できたり、決済アプリの割引キャンペーンで自動的に集客できたりします。

QRコード決済でメリットがあるサービス

楽天ペイ

楽天ペイのQRコード決済を使うと、0.5%のポイントが付与されます。楽天ペイに楽天カードを登録しておけば、さらに1%のポイントが付与されるので、合計1.5%のポイントが還元されます。貯まったポイントは1ポイント=1円で利用することができます。楽天スーパーポイントは提携先のネットショップやリアル店舗でも使える共通ポイントなので、お客様が貯めやすく満足度も高いサービスと言えるでしょう。

<関連記事>楽天ペイのアプリ決済で集客力UP!導入のメリット&デメリット

LINE Pay

LINE Payで支払うと、LINEポイントが付与されます。LINEポイントは、一部加盟店を除き、LINE Payによる決済で使うことができます。LINE Payには「マイカラー」という特典プログラムがあり、利用状況によってポイント還元率が変わります。2018年8月からの1年間については、QRコード決済に限り、還元率が3%上乗せされています。例えばマイカラーがグリーンの場合には、コード払いで決済額の5%ものポイントが付与されます。

<関連記事>LINE Pay導入完全ガイド!必要なものと加盟店申請の流れ

d払い

NTTドコモが提供するd払いは、携帯キャリアがドコモ以外の人でも利用可能です。d払いはドコモのポイントプログラム「dポイント」と連携していて、QRコード決済で0.5%(200円につき1ポイント)が還元されます。対象店舗のポイント還元率がアップするキャンペーンも定期的に実施されています。

<関連記事>ネットでもお店でも!アプリで簡単に決済できる「d払い」の魅力とは

Origami Pay(オリガミ ペイ)

Origami Payは決済金額に応じたポイント還元ではなく、会計金額の割引特典があります。Origami PayのQRコード決済を使うと、対象の店舗ではいつでも2%OFFで買い物ができます。対象店舗での初回利用時は10%OFFのクーポンが使えたり、プレミアムフライデーには10%OFFになったりします。アプリにはOrigami Payが使えるお店を地図表示する機能もあるので、Origamiユーザーに直接アピールすることも可能です。

<関連記事>Origami Payなら日本でもキャッシュレス先進国と同じ体験ができる!

\QR決済の無料相談窓口もあります/
相談窓口について詳しく見る

まとめ

QRコード決済を使うと、お客様は決済金額に応じたポイントや割引サービスの特典を受けることができます。決済サービス側が特典を用意して、店舗の集客を手伝ってくれるのも魅力です。QRコード決済を導入して時代を先取りするとともに、お客様のさらなる獲得に活用してみると良いのではないでしょうか。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

決済サービス 無料相談はこちら