ついにファミリーマートもコード決済導入へ。2019年1月には中国人向けも対応

こんにちは、ピピッとチョイス編集部です。2018年10月18日、株式会社ファミリーマートがコード決済への対応開始を発表しました。今までファミリーマートでは、非接触ICチップが搭載されていないスマホでは支払いができませんでした。でもコード決済が導入されれば、アプリを用意するだけでスマホが財布代わりになるのです。

こちらもチェック!

QRコードの知識や導入・比較に関する疑問などはこちらの記事でも紹介しています。是非ご覧ください。

まずは知っておきたい、QRコード決済の基礎知識

●【初心者向け】QRコード決済とはどんなもの?
ちまたで話題のQRコード決済。今なぜ注目を集めているのか?
QRコード決済の気になるセキュリティ。本当に安全?情報管理は大丈夫?

中国人観光客向け、インバウンド対策

「アリペイ(支付宝)」と「Wechat Pay」 導入するならどっち?
中国人向け決済サービス『支付宝(アリペイ)』や『WechatPay』を導入する方法

QRコード決済の導入に関する疑問

QRコード決済の導入にかかる費用はいくら?コストと導入の流れを解説します!
QRコード決済ってどんな従業員でも簡単に使えるの?取り扱いは難しくない?

ファミリーマートで導入されるコード決済

今後ファミリーマートで使えるようになるのは、スマホアプリで支払いができる決済サービスです。アプリを立ち上げてバーコードやQRコードを表示し、レジで読み取ってもらえば代金が支払えます。

スマホ決済は既に和民グループやローソンなどで利用されているので、レジ横のロゴを見かけることも多いのではないでしょうか。国内向けのコード決済アプリは乱立傾向にありますが、ファミリーマートは4種類のスマホ決済を導入するとしています。2018年11月から順次コード決済に対応できる店舗を増やし、2018年12月4日からは全店舗で利用できるようになる予定です。

楽天ペイ

楽天ペイアプリ決済の支払いイメージ

「楽天ペイ」はECモール最大手の楽天が展開するアプリ決済サービスです。アプリに紐づけたクレジットカード情報を利用して支払います。アプリで支払うと、200円で1ポイントの楽天スーパーポイントが付与されます。「楽天ペイ」で使うクレジットカードを楽天カードにしておけば、カードの利用100円ごとに1ポイント付与されるので、1回の買い物で計1.5%分のポイントがゲットできます。

<関連記事>
ローソンで使えるようになった楽天ペイが、どれだけ便利か試してみた

LINE Pay

「LINE Pay」は日本人の2人に1人は利用していると言われるメッセージアプリLINEの決済機能です。「LINE Pay」にあらかじめチャージした残高を利用して支払います。残高のチャージはアプリに紐づけた銀行口座のほか、ファミポートで明細を発行し、レジで行うこともできます。

「LINE Pay」にはマイカラーというインセンティブ・プログラムがあり、ランクが上がるにつれてポイントの還元率が高くなります。「LINE Pay」はプラスチックカードも発行していますが、2019年7月末までの期間限定でポイント還元率が3%上乗せされているコード決済の方がお得です。

<関連記事>
なにげに難しいLINE Pay。マイカラーって何?LINE Payカードってどんなもの?

d払い

NTTドコモのスマホ決済サービス「d払い」は、スマホキャリアに関係なく誰でも使えるアプリです。店頭での支払いに使うと200円につき1ポイントのdポイントが貯まります。「d払い」には使いすぎ防止機能があり、月々の利用額の上限を自分で設定できます。毎月の予算管理をしっかりしたい人におすすめです。

<関連記事>
ネットでもお店でも!アプリで簡単に決済できる「d払い」の魅力とは

PayPay

2018年10月からサービスが開始されたばかりの「PayPay」はソフトバンクとヤフーの合弁会社の決済サービスです。登録した銀行口座やクレジットカードからアプリに残高をチャージして使います。現在、アプリの新規登録で500円分の残高がもらえます。今なら銀行口座登録キャンペーンも実施中で、2018年11月9日までに銀行口座を登録すると、さらに500円分の残高がもらえます。

<関連記事>
待望の「PayPay」アプリがリリース!支払いはスマホひとつで完了

中国人向け2大コード決済にも全店で対応予定

ファミリーマートは以前から中国人向け決済の導入も進めており、「Alipay(支付宝)」は170店舗、「WeChat Pay(微信支付)」は98店舗で利用できるようになっています。2019年1月下旬を目途に、全店舗で2つの中国人向けコード決済への対応を完了させ、毎年中国人観光客が急増する2月の春節(中国の旧正月)に備える方針です。

Alipay(支付宝)

「Alipay(支付宝)」は中国の巨大ネットショップモールを運営するアリババグループの決済サービスです。Alipay(支付宝)アプリにはコード決済のほか、航空券や宝くじの購入、投資信託、タクシーの配車など、さまざまな機能が搭載されています。WeChatのようにメッセージを送る機能もあります。

WeChat Pay(微信支付)

中国版LINEと言われるメッセージアプリWeChatの決済機能が「WeChat Pay(微信支付)」です。古くから中国に伝わる日本のお年玉のような習慣がWeChatにも取り入れられており、登録している友だちに電子マネーを送り合う「紅包(ホンバオ)」という送金機能があります。毎年、旧正月には「紅包(ホンバオ)」を送ると写真が閲覧できるようになったり、指定の時間にスマホを振ると「紅包(ホンバオ)」がもらえるといったキャンペーンが企画され、盛り上がりを見せています。

<関連記事>
「アリペイ(支付宝)」と「Wechat Pay」 導入するならどっち?

まとめ

コード決済はレジにバーコードリーダーがあれば導入できるので、コンビニや小売店では導入しやすい決済手段と言えます。国内でも例のない6種類のアプリ決済への対応を決めたファミリーマートの発表は、「あらゆる支払方法を取り入れ、販売機会を逃さない!」という意気込みの表れのようにも感じます。

<参考>
ファミリーマート:スマートフォンを活用したバーコード決済 「d払い®」「LINE Pay」「PayPay」「楽天ペイ(アプリ決済)」「Alipay(支付宝)」と 「WeChat Pay(微信支付)」が全国のファミリーマートで一斉取扱い可能に! ~2018年11月より順次開始~

\QR決済の無料相談窓口もあります/
ピピッとチョイスに相談する

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。