QRコード決済導入&利用のメリット・デメリットの総まとめ

QRコード決済はスピーディーでスマートな決済方法として、今最も注目を集めている決済手段です。しかしコインには必ず裏と表があるように、物事には必ずメリットとデメリットがついて回ります。そこで今回は、QRコード決済を導入するメリットやデメリットを徹底検証したいと思います。

こちらもチェック!

QRコードの知識や導入・比較に関する疑問などはこちらの記事でも紹介しています。是非ご覧ください。

まずは知っておきたい、QRコード決済の基礎知識

●【初心者向け】QRコード決済とはどんなもの?
ちまたで話題のQRコード決済。今なぜ注目を集めているのか?
QRコード決済の気になるセキュリティ。本当に安全?情報管理は大丈夫?

中国人観光客向け、インバウンド対策

「アリペイ(支付宝)」と「Wechat Pay」 導入するならどっち?
中国人向け決済サービス『支付宝(アリペイ)』や『WechatPay』を導入する方法

QRコード決済の導入に関する疑問

QRコード決済の導入にかかる費用はいくら?コストと導入の流れを解説します!
QRコード決済ってどんな従業員でも簡単に使えるの?取り扱いは難しくない?

ユーザーの視点で見るQRコード決済

ユーザーのメリット

財布を持ち歩かなくて良い

ユーザーとなるお客様にとってQRコード決済の最大のメリットは、財布を持ち歩く必要がなく、スマートフォン(スマホ)だけで決済が済ませられることだと思います。既にQRコード決済が広く普及している中国では、財布を持って出かける人が激減しているそうです。

QRコード決済を使えば、会計の時に財布を出して小銭を数えたり、お釣りをもらう手間や時間が減らせます。みんなが現金を使わなくなると、レジが混雑して長蛇の列ができるようなことも減ることが容易に想像できますよね。まさにスマートな決済方法と言えるでしょう。

お得に買い物ができる

QRコード決済を利用するとポイントが貯まったり、代金が割引されたりするものがあります。紐づけたクレジットカードのポイントとは別に独自ポイントが貯まるものや、クーポンがアプリに配信されたりするものもあり、現金よりもお得に買い物ができます。

お金の動きが自動で記録される

QRコード決済を使うとアプリに履歴が残ります。スマホひとつでその日の買い物にいくら使ったか、ポイントがいくら貯まったかを確認できるのは利点です。

一部のQRコード決済アプリには割り勘や送金機能がついているものがあります。飲み会や食事会の時にアプリで送金すれば、お金のやり取りがしっかり記録されるので、集金漏れやお釣りが足りなくなることもありません。

ユーザーのデメリット

使えるお店が限られている

現時点ではQRコード決済に対応している店舗が限られているという点はデメリットだと思います。実際にQRコード決済アプリをインストールしていても、そのアプリに対応しているお店がなければ意味がありません。現在のQRコード決済サービスの認知度や利用率の低さもデメリットと言えるでしょう。

スマホがないと決済できない

QRコード決済は完全にスマホに依存した決済手段です。つまり、スマホがないと決済ができません。うっかりスマホを忘れて外出すれば、もちろん決済ができません。またバッテリー切れも要注意です。QRコード決済を使う場合は必ずアプリを起動しないといけないので、常にバッテリーを切らさないようにしておく必要があります。

通信環境が悪いとQRコードがアプリに表示できなかったり、なかなかQRコードを読み取れなかったり、処理がうまくいかなかったりする可能性があります。スマホを無くしたり盗難に遭った場合には悪用されるリスクも生じます。スマホにはパスコードや生体認証などを設定し、アプリにはパスコードと異なるパスワードを設定するなど、セキュリティには万全の注意を払いましょう。

お店の視点で見るQRコード決済

店舗のメリット

釣り銭を減らせる

QRコード決済を使えば現金を扱う頻度が減るので、準備しておく釣り銭も減る可能性があります。防犯上、レジに大金を保管しておくのは危険です。キャッシュレス化されることでお店に置いてあるお金が減れば、強盗などに狙われる可能性も下がります。また扱う現金が減ればレジ締めの作業量を減らすことにもつながります。

QRコード決済を使いたいお客様が集まる

国内向けのQRコード決済サービスには、ポイントが貯まったりクーポンを利用できるものがあります。QRコード決済でお得に買い物をしたいお客様がわざわざお店を探してやって来るので、QRコード決済の導入がそのまま販促施策になり得ます。QRコード決済の運営会社が独自にキャンペーンを行うこともあるので、お客様の満足度も上がり、リピート率の向上も見込めます。

中国人向けQRコード決済でインバウンドの集客も

中国では「Alipay(アリペイ)」というアプリと「WeChat Pay(ウィーチャットペイ)」というアプリ決済がしのぎを削りあっています。中国人にとっては日本円よりも使い慣れているアリペイやWeChat Payの方が利便性が高いので、見慣れたステッカーがあるだけでもお店に関心を持っていただけるようです。

今なら決済手数料が無料のQRコード決済もある

2018年9月現在、期間限定ではあるものの、決済手数料が無料となっているQR決済サービスが登場しています。QRコード決済はお店で使っているスマホやタブレットを利用できるので、初期費用を抑えた導入が可能です。今まで初期費用や高額な決済手数料がネックでキャッシュレスに踏み切れなかったお店にとっては、大きなメリットと言えるでしょう。

店舗のデメリット

QRコード決済は認知度が低い

現金に比べると街中でQRコード決済を使っている人の数はまだまだ少ないのが現状です。国や企業・団体はQRコード決済によるキャッシュレス化の推進に強い期待を持っているようですが、電子マネーやおサイフケータイのように一部の利用者に重用されるに留まる可能性も否定できません。現実問題として、どの程度のお客様がQRコード決済のユーザーになり得るかは不透明な状況です。利用者を増やすためには店舗でも利用を促すような働きかけをしていく必要があると思います。

印字したQRコードはすり替えが心配

QRコード決済には印刷したQRコードを利用して決済を行う方法もあり、例えば中国のシェアサイクルサービス「Mobike(モバイク)」では自転車に貼りつけたQRコードを読み込んでレンタル料を徴収する仕組みを取っています。この自転車のQRコードに、何者かが別のQRコードシールを貼り付けて、第三者の口座に送金されてしまう事件が起きているそうです。印字したQRコードを使う場合、店舗は端末を用意する必要がなく、お客様のスマホの操作だけで処理が完了できますが、不正もしやすいというデメリットがあります。QRコードを印刷して使う場合には、不正がしにくい仕組みを構築する必要がありそうです。

クレジットカードを使いたい訪日外国人のニーズに対応しにくい

欧米や韓国などではクレジットカードやデビットカードによる支払いが主流です。QRコード決済の設備ではプラスチックカードを読み取ることができません。中国以外の外国人観光客をターゲットにしている場合には、別途クレジットカード決済を導入するか、クレジットカードの登録ができるQRコード決済を導入して店頭でお客様にダウンロードや利用登録をしていただく必要があります。今後も増加が見込まれる訪日外国人に向けた対策として、QRコード決済だけでは不十分と言わざるを得ないのが現状です。

まとめ

QRコード決済は一見とてもスマートで便利な決済方法のように思えます。しかし中国ではQRコードを悪用した詐欺事件も起きているので油断は禁物です。日本ではまだ認知されておらず、これから普及が見込まれている状態ですが、いち早く導入すれば他店との差別化が図れます。是非この機会にQRコード決済のメリットとデメリットを検証し、導入による成功の足掛かりとしてください。

\ピピッとチョイスに無料で相談/
QR決済導入に関する相談をする

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。