QRコード決済って今あるPOSレジと組み合わせて使えるの?

こんにちは、ピピッとチョイス編集部です。近頃話題のQRコード決済はスマホやタブレットで導入ができる新しい決済手段です。決済手数料を当面の間無料にするブランドも登場し、にわかに活気を帯びてきています。

キャッシュレス決済をお店に導入するのなら、今使っているPOSレジと連携させて、なるべく手間なく使いたいものですよね。クレジットカードは連携できるものがありますが、QRコード決済でも可能なのでしょうか?

こちらもチェック!

QRコードの知識や導入・比較に関する疑問などはこちらの記事でも紹介しています。是非ご覧ください。

まずは知っておきたい、QRコード決済の基礎知識

●【初心者向け】QRコード決済とはどんなもの?
ちまたで話題のQRコード決済。今なぜ注目を集めているのか?
QRコード決済の気になるセキュリティ。本当に安全?情報管理は大丈夫?

中国人観光客向け、インバウンド対策

「アリペイ(支付宝)」と「Wechat Pay」 導入するならどっち?
中国人向け決済サービス『支付宝(アリペイ)』や『WechatPay』を導入する方法

QRコード決済の導入に関する疑問

QRコード決済の導入にかかる費用はいくら?コストと導入の流れを解説します!
QRコード決済ってどんな従業員でも簡単に使えるの?取り扱いは難しくない?

クレジットカード決済とQRコード決済の違い

クレジットカード決済

1人1枚は持っているというクレジットカード。お財布に1枚入れておけば、現金の持ち合わせがなくても買い物ができるので便利ですよね。基本的に暗証番号が必要ですが、うっかり忘れてしまってもサインをすればOKなのも助かります。

お店にとっては少々高額なカードリーダーとインターネット回線が必要なので、導入には少々勇気がいる支払方法です。スキミング被害をなくす目的で改正された割賦販売法により、ICカードへの対応も義務づけられました。現在磁気タイプのカードリーダーしかないお店では、IC対応の機種に入れ替えないと、いずれ法律違反になってしまいます。

QRコード決済

カードの代わりにスマホを使うのがQRコード決済です。お客様のスマホに表示されたQRコードを読み取ったり、お店が用意したQRコードをお客様のスマホで読み取ったりして決済をします。お店とお客様がやり取りする情報はQRコードに変換されているため、店員などが情報の中身を知ることはできません。

クレジットカードと違い、お店で使っているタブレットやスマホに専用アプリをダウンロードすれば使い始められるので、比較的導入ハードルが低いのが特徴です。QRコード決済の中にはお店の情報を登録したQRコードを紙に印刷して掲示し、お客様にスマホで読み取ってもらって、代金の入力から決済完了までの作業を全てお客様ご自身でやっていただく方式もあります。この場合、導入コストを抑えるだけでなく、レジスタッフの業務の簡素化もできてしまいます。

POSレジとの連携は可能?

クレジットカード決済の場合、POSレジと連携できてカード端末への金額入力が省けるものもあります。さて、QRコード決済の場合はどうなのでしょうか?コンビニ大手ローソンでは楽天ペイやLINE Payのコード決済を利用できますが、レジに付属するバーコードリーダーでお客様のアプリに表示されたバーコードを読み取っています。

またOrigami Payを導入しているLoftでは、プリンター内臓の専用端末に代金を打ち直しているようです。今のところ全国展開しているお店でレジとQRコードリーダーを連携させているお店は見かけないように思います。

しかし今後QRコード決済が普及すれば、QRコードリーダーがついていたり、無線でデータを連携できるPOSレジが登場する可能性は大いにあると思います。例えばネットスターズの「スターペイ」は他社のシステムとの連携を可能にする接続APIを提供しており、現在使用中のPOSレジ用に接続システムを開発すれば連携が可能です。

コストを抑えるならタブレットPOSとのセット導入がおすすめ

タブレットタイプのPOSレジでは、既にQRコード決済と連携できるものが登場しています。タブレットPOSは従来型のPOSレジに比べると導入費用が安く、コンパクトなのでレジカウンターがスッキリまとまります。QRコード決済の場合、タブレットがそのままQRコードリーダーになり、1台で2役をこなすことになります。コストを抑えつつ利便性を向上させるならタブレットPOSとのセット導入が良いと思います。

楽天ペイ

楽天ペイはクレジットカードと電子マネー、さらにオリジナルアプリでQRコード決済をまとめて導入することができます。1台のカードリーダーでクレジットカードと電子マネー両方に対応でき、専用アプリでQRコード決済も使えるようになるので無駄がありません。楽天ペイはエアレジやスマレジといったタブレットPOSレジとの連携が可能です。業種業態に合わせてさまざまな種類やプランが選べるので、上手に組み合わせて使うと良いでしょう。

モバイル決済 for エアレジ

モバイル決済 for エアレジはLINE Pay、d払い、支付宝(アリペイ)、微信支付(ウィ―チャットペイ)の4つのQRコード決済をまとめて導入できるシステムです。無料のエアレジとの連携が可能です。クレジットカードと電子マネーが使えるエアペイとセットで使えば、エアレジを中心に一通りの決済手段を管理することができます。

まとめ

店舗用のQRコード決済アプリにはレジ機能がついているものもあり、それ自体をレジのように使うこともできますが、現金とは別の管理になってしまうことが多いです。連携できるPOSレジアプリをタブレットに入れて、現金とそれ以外の決済を一括管理できるシステムを使えば、店舗の運営や経理処理がスムーズになると思います。

\ピピッとチョイスに無料で相談/
QR決済導入に関する相談をする

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。