QRコード決済のマルチ決済端末を使うメリットとデメリット

スピーディーかつ簡単に導入できるQRコード決済は、次世代の決済手段として注目を集めています。特にインバウンドが進む昨今においては、スマホがあれば両替の必要もなく、簡単に会計はできるというのは大きなメリットでしょう。簡単に会計ができるQRコード決済は、2020年の東京オリンピックで様々な国の方が訪日することも見越して、今のうちに導入しておきたいところです。

とはいえ最近は、様々なQR決済サービスが登場してきているため、導入する端末を選ぶ際に迷ってしまうこともあります。また決済手段にはQRコードだけでなく、クレジットカードや電子マネーなどもあり、決済手段の煩雑化を懸念される方もいらっしゃるでしょう。

そんな方にオススメなのが、多くの決済サービスに一台で対応できるマルチ決済端末です。今回は、そんなマルチ決済端末のメリットとデメリットをご紹介します。複数の決済サービスを考えているあなたのお役に立てれば幸いです。

マルチ決済端末とは?

QRコード決済と一口に言っても、その種類はさまざまで、1つの決済端末につき1種類のQRコード決済しか使えない、というのが一般的でした。だからと言って、LINE Pay専用端末を1台、WeChatPayとAlipay用に1台ずつ設置する、というのは現実的ではありませんよね。

さらにクレジットカード決済や電子マネー用の端末…と機器が増えていけば、覚える操作も増えますし導入にかかる費用や設置場所など、問題点ばかり。

ですがマルチ端末なら、1つのアプリと端末さえ準備できれば、複数のQRコード決済やクレジットカード、電子マネーといった主要な決済方法全てに対応できるのです。複数のマルチ決済システムに対応することによって、国内外それぞれで人気の高い決済に、幅広く対応できるようになります。その結果、集客力の強化や業務の効率化などが期待できます。

またスマートフォンやタブレットにアプリをインストールすれば、その機器を決済端末にできるようになるなど、導入コストが低くなるサービスも次々とリリースされています。

QRコード決済を導入しようと思っているけれど、どのサービスを選んだらいいか迷ってしま…という方は、このようなマルチ決済の導入を視野に入れてみてはいかがでしょうか?

マルチ決済端末を使用するメリット

複数の決済種別(カード・電子マネー・QRコード決済など)に対応

マルチ決済端末を導入する1版のメリットというと、1つの端末でクレジットカード・電子マネー・QRコード決済など、主要な決済手段を幅広くカバーできるようになるということです。オールインワンな決済端末になるため、これさえ設置しておけばいいという安心感もあります。

導入の結果として、お客様からのさまざまな決済ニーズに対応が可能になり、機器操作を覚えるのも一台で済むなどの利便性が高いのも特徴です。今まで店を利用していたお客様の満足度を下げることなく、新たな顧客獲得も目指せるというのも嬉しいポイントですよね。

複数のQRコード決済に対応

近年、さまざまな種類のQRコード決済サービスが登場しています。多様化するQRコード決済サービスの中で、複数のQRコード決済サービスに対応した店舗にしていくことは、非常に重要なポイントと言えます。

例えば株式会社ネットスターズが提供する「StarPay(スターペイ)」などは、アプリをインストールするだけで、お手持ちのiPhoneやiPadなどがマルチ決済端末になるというもの。専用の機器を購入する必要がないため、導入へのハードルが低くなっています。

またすでにPOSレジを導入している店舗向けには、StarPayとPOSレジとを接続するためのAPIも提供しており、今後もスマート決済を拡張していきたいという店のニーズにも答えるなど、幅広い対応力があります。

また多くのQRコード決済にも対応しており、特に中国でニーズが高い二台アプリの「支付宝(アリペイ)」と「微信支付(ウィーチャットペイ)」に対応しているので、今後のインバウンド対策においても、これ一台でお客様のニーズに応えられるというのは嬉しいポイントです。

<StarPayで対応しているQR決済一覧>

  • 支付宝(アリペイ)
  • 微信支付(ウィーチャットペイ)
  • LINE Pay
  • d払い
  • PayPay
  • 楽天ペイ

初めてキャッシュレス決済を導入する店舗にとっても、まずはStarPayを導入して幅広いQR決済に対応し、客層や販売戦略に合わせて今後の動きを決めていける、QR決済入門にも適したサービスだと言えます。

マルチ決済端末を使用するデメリット

専用端末の導入が有料な場合がある

決済端末の導入のため、アプリや機器を有料で購入あるいはレンタルしなければならない場合があります。これに関しては事前に予算を決めておき、導入費用が安い、あるいは無料のものを選ぶようにしましょう。

例えばStarPayの場合、専用端末を導入する必要があり、1台35,000円の端末費用に加え、通信に必要なBIGLOBEモバイルの初期費用として、3,000円がかかります。

とはいえ有料の決済サービスを複数導入するよりも、マルチ決済端末であれば1台ですむため、トータルでコストが低くなる場合もありますので、一度ご検討されてみてはいかがでしょうか。

マルチ決済のメーカーにより、決済手数料が違ってくる

マルチ決済において、メーカーごとにかかる決済手数料には取り決めなどがないため、実質無料のところもあれば有料のものもあります。例えば中国で人気のAlipayでは、決済手数料が0.6%と低く抑えることで幅広い顧客層を獲得しました。日本での普及を目指すLINEPayでは、3年間限定でLINEPayのQR決済手数料を無料で提供するなど、各社ごとの対応にも注目が集まります。

補足 : 決済手数料とは?

商品の売買が成立した際に発生する、取引に関する手数料のことを指します。お客様の購入した商品の金額のうち、この決済手数料を差し引いた金額が販売者の売り上げとなるのです。

例えば決済手数料が2.95%のサービスを利用して、1,000円の商品が売れたとしましょう。この場合は1,000円から決済手数料の2.95%、つまり30円引かれた970円が売り上げとなります。この他、一律で月額●●円と定めている定額のサービスもあります。

【QR決済マルチペイメント】日本で使えるオールインワン端末5選

まとめ

今回は、1台で複数の決済サービスに対応した、マルチ決済端末のメリットやデメリットをご紹介しました。

電子マネーやクレジットカード、QRコード決済など、お店が対応しなければならない決済サービスの種類は年々増え続けています。こうしたサービスが増えることで、ユーザーが分散するという懸念もあるため、今回ご紹介したようなマルチ決済端末は、今後の決済手段の普及には欠かせないサービスと言えます。

お店で利用する際にはお客様の年齢層や売れ筋商品などを加味し、利用者の満足度や業務効率化など目的に合わせた決済サービスを利用していきたいですね。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。