QRコードとは?今さら聞けない疑問を解決

街中のポスターやチラシなどで、四角くて不可思議な模様を見かけたことはありませんか? これは「QRコード」と呼ばれるものです。日常的に見かけるこのQRコード、名前は知っていても詳しく説明を求められると困ってしまうという方は意外と多いのではないでしょうか? 今回はそもそもQRコードとは何なのかを解説していきたいと思います。

QRコードっていったい何?

QRコードは従来のバーコードの情報量を増やすために、1994年にデンソー(現在のデンソーウェーブ)によって開発された2次元コードです。従来のバーコードは全体が横に長い長方形で、白と黒のラインが縞模様になっており、その幅や並び方で文字や数字を表現していました。

一般によく使われているQRコードは、全体が正方形の形をしています。その中に非常に小さな「ドット」と呼ばれる四角形を配列することによって文字や数字を表現しています。この方式を採用することで、表現できるデータ量は格段に飛躍しています。

レーザーセンサーで読み取るバーコードとは異なり、QRコードはカメラ撮影データの画像処理で読み取ることができるため、カメラ機能を搭載したスマートフォンなどで読み取りが可能です。QRコードにはいくつかバージョンがあり、表示領域の中にドットの数が比較的少ないバージョン1から、ドットの数が多いバージョン40があります。ドットの数が多いほど、表現できるデータが大きくなります。

QRコードの用途は様々!

バーコードの場合、主な用途は商品の管理です。しかしQRコードの場合は扱えるデータ量が多く、アプリで簡単に作成できるので様々な使い道があります。例えばチラシからWebサイトへのアクセスを促したい場合、長々とURLを掲載しても、手入力でサイトにアクセスしてくれる人はなかなかいません。でもポスターやチラシにQRコードを記載してスマホのカメラで読み取ってもらえれば、簡単に指定のサイトに誘導することができます。身近なところではLINEのアカウントを誰かと交換する際に、QRコードを使うことができますよね。

QRコードを使った決済サービスも登場しています。店舗が表示するQRコードをお客様がスマートフォンなどで読み取る、もしくはお客様のスマホアプリに表示されたQRコードを店舗側で読み取る方法が主な手順です。お客様はあらかじめアプリに登録してある銀行口座やクレジットカードから支払うことができるので、現金がなくても買い物ができます。

まとめ

かつて主流だったバーコードは、レーザーセンサー機能が付いた専用のバーコードリーダーがないとコード情報を読み取れませんでした。しかしQRコードはモバイル端末のカメラ機能で画像処理ができるので、スマートフォンやタブレット端末で簡単に読み取ることができます。QRコードはそのお手軽さから中国では広く浸透していて、お財布を持たずにスマートフォンなどで支払いを済ませる人がとても多いのです。

QRコードは今も改良が進められており、データのセキュリティを高めたSQRCや、表示面積を小型化したマイクロQRコードなどが開発されています。これからもQRコードの進化から目が離せないですね。