QRコード決済ってどんな従業員でも簡単に使えるの?取り扱いは難しくない?

LINE Payや楽天ペイ、Origami Payなど、あちこちで「QRコード決済」に対応するお店が増えてきています。会計の際に財布やクレジットカードを出す手間がなく、ポイント付与もあるQRコード決済には様々な種類があります。店舗への導入を検討する際にはどれを選べばいいのか戸惑う方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はそんなQRコード決済について、特に初心者の方向けにご紹介します。

ピピッとチョイスでは決済導入のご検討中の方をサポートする、無料の相談窓口を設置しています。
詳しくは以下からご確認ください。

無料相談について詳しく見る

こちらもチェック

QRコードの知識や導入・比較に関する疑問などはこちらの記事でも紹介しています。是非ご覧ください。

まずは知っておきたい、QRコード決済の基礎知識

中国人観光客向け、インバウンド対策

QRコード決済の導入に関する疑問

意外とカンタン! QRコード決済の取り扱い

QRコード決済はスマホなどでQRコードを表示する場合と、紙に印刷したQRコードを利用する場合があります。例えば楽天ペイの場合、お客様のスマホアプリでQRコードを読み取っていただくのは同じですが、店舗が印刷済のQRコードを提示する「プリント型」と、その都度スマホやタブレットでQRコードを作成する「ワンタイム型」の2通りを使うことができます。

いずれの方法もお客様のスマホに専用アプリがダウンロードされており、あらかじめクレジットカードや銀行口座が登録されている必要があります。しかし、スマホやアプリを起動する際には何らかの認証が行われることが多いので、クレジットカードに比べると不正利用が難しい仕組みになっています。

店舗はQRコード決済サービスの加盟店に申し込み、専用端末もしくは決済用のスマホやタブレット等のモバイル端末を用意します。モバイル端末を使う場合は専用アプリをダウンロードして準備は完了です。お好みでPOSレジアプリもダウンロードすれば、入金管理もQRコード決済も1台の端末でまかなうことができます。コストを抑えてキャッシュレス決済を導入したいお店や、レジ回りをシンプルにしたいお店にとって、タブレット端末が使える点はメリットと言えるでしょう。

1度印刷すれば何度も使える「プリント型」

「プリント型」は、あらかじめ印刷したQRコードを利用する方法です。お客様にはスマホでQRコードを読み取っていただいた後、ご自身で支払処理を行います。QRコードにあらかじめ決済額が登録できる方法と、お客様ご自身で支払額を入力していただく方法があります。

この方法であれば機械の操作は全てお客様していただくことができるので、アイデア次第で無人販売にも利用できます。最近はQRコード専用のラベルプリンターなども販売されているので、比較的手軽に導入できるのではないでしょうか。

決済ごとにQRコードを作成する「ワンタイム型」

店舗もしくはお客様のスマホやタブレットにQRコードを表示し、もう一方がアプリで読み取る「ワンタイム型」は比較的実店舗での導入事例が多い方式です。お客様のスマホに表示されるQRコードは、一定時間を過ぎたりアプリを閉じたりすると無効になるように設計されています。読み取りがうまくいかない場合には、お客様に情報を更新していただくことで改善されるケースが多いです。

<関連記事>
インバウンドにも対応!飲食店に「QRコード決済」を導入するなら?

まとめ

今回はQRコード決済の主な方式をまとめてみました。QRコード決済はクレジットカードに比べると導入コストが安く、直感的に操作できるモバイル端末を用いれば高い汎用性を活かすことができます。QRコードを読み取る動作はとてもシンプルで、誰にでも簡単に扱えるQRコード決済サービス。どれを選んでいいかお困りの方は、是非ピピッとチョイスの無料相談にご連絡ください。

ピピッとチョイスではQR決済導入のご検討中の方をサポートする、相談窓口を設置しています。
ご相談は無料ですので、お気軽にご利用ください。

決済導入のサポートを受ける(無料)

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。