QRコードでキャッシュレスに生活する【コンシェルジュコラム】

ピピッとチョイス、コンシェルジュ担当の北浦です。

突然ですが、皆様はQRコード決済をどのくらいご利用されていますか。
日本での普及率は未だ20%程度、と言われているこのQRコード決済。一体どのようなものなのか、ピンとこない方もまだまだ多いのではないでしょうか。今回は、実際にQRコード決済だけで日常生活を送ってみた感想について、お話していきたいと思います。
なお、LINEPAY(ラインペイ)とPayPay(ペイペイ)を主に利用しているので、この二つについてのお話になりますのでご了承ください。

QRコードの第一印象は「とにかく登録が手間!」

QRコード決済の第一印象は、「利用開始までに時間と手間がかかる」という事でした。これは、私自身がメインバンクとしている銀行口座を紐づける事が出来なかった点。更に、利用しているクレジットカードのブランドまでもが、サービスに対応しているものではなかった。というのが一因ではありますが、それを抜きにしても、とにかく登録が第一の関門です。あまりにも大変に感じたので、一度はダウンロードしたアプリを削除して登録を諦めたりなどもしました。

しかし周りのユーザーたちは口を揃えてこう言います「手間なのは最初だけだから」と。本当にそうなんでしょうか、一度登録すれば本当に快適なキャッシュレスライフが待っているんだろうか。面倒な気持ちをぐっと堪え、眠っていたサブバンクの口座を叩き起こすことを決意しました。

一時の手間よりもお得なポイント還元を求めて

快適なキャッシュレス生活、なんて申し上げましたが、正直、最初は快適さについては考えていませんでした。ただただ、高額なポイントが還元されること、お得に利用できるというので使ってみたい、その一心が先行するばかりでした。というわけで、ポイント還元を求めて、初期登録の作業に体感10分ほどをかけ、やっとQRコード決済が利用できるように整えたわけです。
この時間も手間もかけて初期登録が必要になっているというのは、セキュリティがしっかりしている証拠なのだと思いたいところです。

さて、セキュリティ面でてこずったのには、私が紐づけ口座として選んだ銀行が数年眠らせていたサブバンクだった。というのも問題で、ワンタイムパスワードシステムの再登録など他の事に時間を割いたというのも関係しているかと思います。
(※PayPayもLINE Payも、基本的には紐づけた銀行口座から一度残高をチャージして利用する必要があります。)

なので、紐づけたい銀行がネットバンキングであったり、日ごろからしっかり利用している口座であればもう少し楽に事を済ませられたことでしょう。しかし登録に時間をかけてしまったこともあり、私は意地でもQRコード決済だけで生活していこうと改めて心に決めるのでした。

会計が早い

初めてQRコードによる決済をしたのは、某コンビニエンスストアです。ポイントカードは財布の中にしまっていたので、二度手間になるのを避けその時はスマホのQRコード決済のみにしました。
コンビニではストアスキャン方式を採用しています。こちらがスマホの画面でアプリを起動しQRコードを提示するのですが、「PayPayでお願いします」と伝える前に、画面で気付いて頂けて画面のバーコードをスキャンしてくれました。やはりコンビニだと利用率が高いのか、基本的にはどこのコンビニで利用してもスムーズに対応していただけることが多いようです。

なにより驚くのがその会計速度なのですが、現金支払い時に分単位で架かっていた時間が、秒単位に短縮されました。ちなみに今はポイントカードの情報もスマホのアプリに入れて併用しているので、カードアプリを使ってから一旦閉じてQRコードで決済をしています。ポイント二重取りで意地でもお得に使っていきます。

マルチ端末での決済

以前ピピッとチョイス内でも、「StarPay(スターペイ)」というサービスをご紹介させて頂きましたがなんと、実際に利用しているお店がありました。このStarPayもストアスキャン方式と呼ばれるサービスになりますが、なんと数あるQRコード決済の中から、自動的にQRコード決済のブランドを判別して決済を処理してくれるのです。PayPayです、LINE Payです、と伝える必要がないのは非常にスムーズですね。

さてこのStarpay専用のオレンジ色の端末、某ドラッグストアで買い物をした際にレジの下から出てきました。端末を見て一目でStarPayだと気付いたので、これが噂の、とドキドキしつつスマホの画面を読みとって頂くことに。
店舗側で一度StarPayの端末に金額を入力する必要がありますが、画面のQRコードを読みとるところからは一瞬で決済が終了します。ただ、こちらの店員の方は端末そのものを探して困ってるようだったので、置き場所は分かりやすいように工夫した方がいいのだろうな。と思ってしまった私でした。

ユーザースキャン方式での決済

「ユーザースキャン方式」は文字通り、ユーザー側が、お店側に掲示してあるQRコードを読み込む方式です。この方法、最初は正直手間取りました。というのが私がPayPayのアプリとカメラ機能との連動を拒否していたせいなのですが。
今までストアスキャン方式に甘えていた事を自覚しつつ、本体の設定からカメラとアプリとの連携をONにします。お店側のQRコードを読み込んで金額を打ち込むこと自体は正直そんなに手間には感じず、むしろお財布を出してお金を出して、お釣りを受け取って小銭を処理して……という手間に比べると、このくらいの事はなんてことない印象です。

お店のQRコードを読み取って、お会計の金額を入力する、それだけで完結。サクサクと決済が完了し、これ以降はカメラ起動に手間取ることもなくなり、問題なくユーザースキャン方式を利用しています。ただし、自分で金額を入力するので、ミスがないかといった点に関して少しばかり緊張してしまうのは否めません。

店舗検索機能

PayPayやLINE Pay専用アプリには、「加盟店検索機能」が備わっています。これによって、簡単に付近の加盟店を探すことができます。更に現在地からGPSで検索する方法の他に、特定のワードで加盟店を検索する方法との二種類があるので、これから出向きたい場所に加盟店があるか、利用したいお店にPayPayやLINE Payなどが導入されているかといった確認ができるのです。

そしてこの機能を使っていると、日々加盟店が増えている事に気付きます。昨日までなかった場所にピンが立っている。加盟店の爆発的な増加を実感しつつ、ユーザーとしては素直にありがたさを感じます。
なにせ折角入れたQRコード決済なので絶対お得に使いたい。使っていくうちに現金不使用の利便性に気付いてしまった今となっては、できることなら全てQRコード決済、キャッシュレスですませたい。更にありがたい事に、他社も各QRコード決済サービスはお得なキャンペーンを打ち出してくれています。その都度うちだされているキャンペーンの中から、よりお得に使えるものを選びたいとなると、やはりPayPayだけを導入している店舗よりはLINE Payなど他のサービスも導入している店舗は利用しやすくなります。

このような具合なので、自然と美容室も外食も今までと選び方が変わってくるもの。まず、店舗検索機能で見つけたお店を利用するような生活スタイルにシフトしていきました。この機能を利用することで、今まで知らなかったようなお店が見つかってちょっと楽しいところです。LINE Payは、LINEアプリ内からでは検索機能はありませんが、LINE Pay専用アプリをダウンロードすることで店舗の検索もできるようになりました。
こうして初めて訪れる場所でも、まずはQRコード決済が使える場所を検索して入店、そんな選び方になってゆきます。普段の生活圏内も今までとは違った角度からのお店選びになるので、こんなお店があるんだなあという気付きを得ながら日々検索機能を活用しているのでした。

様々なメリット

QRコード決済のメリットはいくつかありますが、ポイントが貯まるお得さだけがメリットではないと感じるこの頃です。むしろキャッシュレス生活がなじんだ一番の理由としては、思いがけない恩恵であった現金引き出しの手間がないことかも知れません。
ATMで現金を引きだすにはその都度、手間も時間もかかり手数料もかかる。これを考えると、手数料などもなく簡単にアプリ経由で口座残高からチャージできるQRコード決済はありがたい存在でした。持ち合わせがなくて、すみません降ろしてきます!というシチュエーションもなくなります。

また、会計時間の短縮も大きいところです。朝の通勤時、少しでも時間を急ぎたい時、財布を出す手間が省けるだけで非常にスムーズに会計が終わるので、お買いものの時に慌てたりばたついたりすることがありません。更に片手で決済が出来るのがまた非常にありがたい事で、傘を持ちかえたり置いたりする必要がなくなるといった、意外にも雨の日や荷物が多い時ほど真価を発揮してくれるのでした。

勿論、肝心のお得に使いたい精神もしっかり満たされています。PayPayのくじは残念ながら私はやたら当たらないのですが、それでもお会計ごとに20%分のポイント還元は十分すぎるくらいです。
LINE Payも併用しているので、PayPayが利用できる目的のお店がない場合や、LINE Payが高額なポイント還元キャンペーンを打ち出している時はこちらに浮気してみたりと、臨機応変に利用しています。

まとめ

結論から申しますと、登録時に感じたあの果てしないように感じる手間は本当に最初だけでした。
クレジットカードだと後払いになるのが気になっていた私にとって、その場で口座からチャージされるPayPayのようなプリペイド方式だと安心して利用できる。おまけにその場で利用した金額と内容が蓄積されていくので、レシートが要らない。これによって、生まれてはじめて家計簿を継続して記入できるようになった、という側面もありました。

嬉しいことしかない快適なキャッシュレスライフになじみ過ぎてしまい、最近では本当に普及が広がってほしいなと心から思う私でした。
皆様も是非、最初のハードルを超えてみてほしいと思います。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み

関連タグ