スマホQRコード決済の利用率は2倍に!【MMD研究所・7月調査】

モバイルに特化した調査研究機関「MMD研究所(モバイルマーケティングデータ研究所)」が行った調査「2019年7月 消費者・個人店経営者から見るキャッシュレス意識調査」の結果によると、QRコード決済の利用率が14.8%と、2019年1月の同調査と比較して約2倍に伸びたことが明らかになりました。着実にQRコード決済が日本の暮らしに浸透してきていることが分かります。

QRコードを読み取るだけで決済が完了するこのQRコード決済は、キャンペーンなども幅広く展開されており、利用者にとってメリットが多数あります。今回はこのMMD研究所の調査結果や、キャッシュレス消費者還元事業、各QRコード決済の加盟店数などから読み取れる、QRコード決済の今後について一緒に考えていきたいと思います。

QRコード決済の利用率と利用場所

直近1か月に利用した決済方法 ※前回調査(2019年1月)との比較(MMD研究所調べ)

2019年7月調査 2019年1月調査
現金 88.7% 86.3%
クレジットカード 71.8% 72.7%
カードタイプの電子マネー 31.9% 27.5%
スマホ決済(QR決済) 14.8% 7.7%
スマホ決済(非接触決済) 13.6% 10.6%

MMD研究所の調査から、スマホ決済(QRコード決済)の利用率は、2019年1月の調査から半年後の2019年7月までに、7.7%から14.8%と約2倍の伸び率を記録しました。いまだに現金での決済が88.7%と多いものの、100人のうち約15人は、QRコード決済を利用している計算になります。さらに、QRコード決済利用者の約2割は1日に1回以上、約7割は1週間に1回以上、QRコード決済を利用しており、日常的に活用していることも分かりました。

次にQRコード決済を利用する場所についての調査では、コンビニエンスストアでの利用が約3割と最も多く、次いで駅の売店、電車・タクシー・バスなどの交通機関となっていました。朝の忙しい時間帯での買い物や、移動手段での決済に多く利用されているようです。その他にもドラッグストア、スーパー、カフェ、さらには自動販売機や病院、フェスなどのイベントなど、利用する場所や機会も増加しています。

各QRコード決済の認知状況

QRコード決済サービス 認知状況
1位 PayPay 70.4%
2位 楽天ペイ 61.9%
3位 d払い 59.7%
4位 メルペイ 40.1%
5位 Amazon Pay 27.6%
6位 au PAY 21.1%
7位 Origami Pay 18.3%
8位 ゆうちょPay 18.0%
9位 Alipay 9.5%
10位 QUOカードPay 8.9%

各QRコード決済の認知状況を調べてみると、サービス名の認知は「PayPay」が70.4%、「楽天ペイ」が61.9%、「LINE Pay」が59.7%という結果になっていました。やはりテレビCMとキャンペーンが豊富な「PayPay」が一番となっていましたが、中国系決済サービスのAlipayも上位に入るなど、QRコード決済に関心を示す人が増加しているようです。

さらにQRコード決済を検討していると回答した人に対して、具体的に検討しているサービス名を聞いたところによると、こちらは「楽天ペイ」が1位となり、次いで「PayPay」、「LINE Pay」の順となっていました。現在の時点で、主要となるQRコード決済が絞られてきた印象も伺えます。

各QRコード決済サービスの加盟店数

では実際にQRコード決済の加盟店数はどのくらいまで増加しているのでしょうか。ここからは認知度の高い4つのQRコード決済サービスについて加盟店数やユーザー数を確認していきたいと思います。

PayPay(ペイペイ)

ソフトバンクグループ、ソフトバンク、ヤフーの3社が共同出資するPayPay(ペイペイ)は、2019年10月1日現在で加盟店が150万ヶ所を突破し、登録ユーザ数も1500万人を突破しました。特に登録ユーザー数は8月半ばからの約1か月半で500万人も増加していることが印象的でもあります。また、10月1日にスタートした「キャッシュレス・消費者還元事業」や、PayPayが実施している「まちかどペイペイ」などの影響もあり、10月に入ってからの登録数も急増しているようです。

PayPayの公式サイトはこちら

LINE Pay(ラインペイ)

国内8,000万人が使用するコミュニケーションアプリLINEが運用するキャッシュレス決済アプリ「LINE Pay(ラインペイ)」は、加盟店数について発表されていませんが、国内の登録ユーザー数はすでに3,000万人を突破しております。利用できる店舗を確認すると、実店舗の他に、ZOZOTOWNなど一部オンラインショップでも利用できることもあり、PayPayの約150万ヶ所と同等またはそれ以上の加盟店を獲得していると推測されます。

楽天ペイ

インターネットサービスを展開する楽天グループによって運用されている「楽天ペイ」は、その強みを武器にネットショップで幅広く利用できるのが一番の特徴です。最新の加盟店数は発表されていませんが、2019年6月の時点で120万ヶ所以上の加盟店数を誇っています。

ネットショップでの加盟店が多い分、いまだに加盟店数は一番多いと見込まれます。上述したように、利用してみたいQRコード決済で1番となっていることからも、ユーザ数も加盟店もまだまだ伸びてくることが予想されます。また楽天ペイ(アプリ決済)加盟店で「au PAY」も決済できるようになり、利便性も高くなっております。

d払い

大手通信キャリアでもあるドコモが運用する「d払い」は、店舗での買い物代金を毎月の携帯電話料金と合算して支払いでき、さらに「dポイント」が貯まるスマホ決済サービスです。現在の加盟店数は確認できませんでしたが、2019年4月時点での加盟店数は約100万ヶ所で、2021年度末には200万ヶ所を目標としています。また登録ユーザー数も2019年5月に500万を突破し、今年度中に1,000万ダウンロードを目指しています。

また、ドコモのウォレットサービス「ドコモ口座」のチャージ・送金機能がアプリに追加され、他社回線利用者でも利用可能なほか、事前注文・事前決済が可能で、クーポンなども付いた「ミニアプリ」も2019年11月より提供が開始予定となっています。

メルペイ

国内最大級のフリマアプリ「メルカリ」ユーザーが使えるスマホ決済「メルペイ」は、全国に約170万店舗(2019年9月発表)で利用が可能です。メルカリユーザーが、新たにアプリをダウンロードすることなくメルカリの売上金を直接支払いに使える点は、ユーザーにも店舗にもメリットだといえるでしょう。加盟店の申請に関しても、決済手数料が据え置きで1.5%とキャッシュレス決済の中では破格の低価格で設定されています。現在、2020年6月末までの期間限定で決済手数料0%のキャンペーンも実施しています。

メルペイ加盟店申請はこちら

キャッシュレス・消費者還元事業でユーザー数急増するQRコード決済

2019年10月1日より消費税増税に伴って「キャッシュレス・消費者還元事業」がスタートしています。キャッシュレス決済を利用すると、店舗によって決済額の2%もしくは5%のポイントが国の予算から付与される仕組みとなっており、利用者にとって大きなメリットとなるため、各キャッシュレス決済の利用が増加しています。

このキャッシュレス決済推進事業はQRコード決済も対象となっているため、スマホで気軽にはじめられることからも、各QRコード決済のユーザー数も急増しています。ユーザー数の増加に比例して、QRコード決済を導入する店舗も急増しており、現在が一番の賑わいをみせています。今回のMMD調査結果は2019年7月の内容となっていますので、10月以降に同様の調査が行われればさらにユーザー数は増えているのではないかと推測されます。

店舗のキャッシュレス化でお客様のニーズに応えよう

このように、QRコード決済を利用する人が増えつつある現状はご理解いただけたかと思います。QRコード決済といったキャッシュレス決済にお店が対応することは、お客様のニーズに応えることにもつながることでしょう。現金派の人が多い、うちのお店のお客様には関係ない…とお思いの方も多いかもしれませんが、潜在的な顧客を獲得する施策として「お店のキャッシュレス対応」について進めていくことは、これからの店舗経営に求められることの一つかもしれません。

ピピッとチョイスでは、店舗のキャッシュレス決済の導入について無料でご相談を承っています。QRコード決済はもちろん、クレジットカード、電子マネーなどについて気になることがあればお気軽にご相談ください。

また、店舗向けにQRコード決済サービスをまとめて比較できるページもご用意しています。気になる方はこちらもご覧ください。
こちらも注目:【店舗】QRコード決済サービスまとめて比較

まとめ

QRコード決済はスマホ利用者が簡単にはじめられるため、20代から40代を中心に利用者が増加しています。半年間の間で利用率も2倍と、キャッシュレス決済の中でも一番の伸びをみせています。キャッシュレス消費者還元事業の影響もあり、今後も利用者はどんどん増えることが見込まれる事からも、店舗がQRコード決済を導入することで、QRコード決済利用者を顧客として獲得できるチャンスも高くなります。

これからキャッシュレス決済の導入を考える店舗では、この時代の流れに取り残されることのないように、チャンスを逃すことなく顧客獲得に努めていただければと思います。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み

関連タグ