プリペイドとポストペイ。両刀使いできる「QUIC Pay( nanaco)」の実力

このところ電子マネーのスタイルにも変化が見られます。おサイフケータイに代表される携帯電話、キーホルダー、腕時計、コイン方式…などなど、固定概念を覆すものがいろいろ登場していますよね。ところで、プリペイド方式とポストペイ方式が一体化した電子マネーも登場していることに、皆さんはお気づきでしたでしょうか?

電子マネーは入金のタイミングで分類できる

まず電子マネーについておさらいします

電子マネーには前払い型の「プリペイド方式」と後払い型の「ポストペイ方式」という2つの入金方法があり、それぞれに特徴があります。まずはそのおさらいをしましょう。

プリペイドとは

SuicaやPASMOに代表されるような交通系電子マネー、またWAONやnanacoのような商業系の電子マネーで採用されている事前入金型を「プリペイド方式」と呼びます。乗り物の運賃や買い物代金などは、カードにあらかじめ入金されている額から差し引かれ、残高を超えて支払うことはできません。

プリペイド方式の電子マネーは事前審査がなく、誰でも持つことができます。切符代わりに購入したSuicaやPASMOを、駅の売店やコンビニで利用する形で広く普及しており、1回あたりの平均購入額は数百円程度と、小銭代わりに使用されているケースが多いようです。

残高を気にせずに使いたいというニーズにも応えられるよう、一定の残額を下回ると、登録したクレジットカードから自動的にチャージされるように設定できるカードもあります。利用金額に応じてポイントがたまるサービスを展開しているものもあり、選択の幅が広いのも特徴と言えるでしょう。

ポストペイとは

ポストペイは利用代金を後払いする方式で、代金はあらかじめ紐づけられたクレジットカードや銀行口座に後日請求されます。プリペイドと異なり残高を気にする必要はありません。またクレジットカードと違ってサインや暗証番号の入力が必要ない点は、非常に利便性が高いと言えるでしょう。

ポストペイ方式を採用している商業系カードにはiDやQUICPayがあり、交通系カードには近畿地方、東海地方、北陸地方の一部、岡山県などの鉄道・バス事業者が導入しているPiTaPaがあります。

プリペイド方式とポストペイ方式が一体化した電子マネー

nanacoにQUICPay機能を追加してさらに便利に

「QUIC Pay ( nanaco)」は1枚のカードでQUICPayとnanacoがどちらも使えるカードです。店頭での支払いの際にどちらを利用するかを選べるので、少額の支払いはnanaco、nanacoが使えないお店ではQUICPayを使うなど、さまざまなシーンでこの1枚を使い分けることができます。

QUIC Payとは

QUIC PayはJCBが運営するポストペイ方式の電子マネーで、利用するためにはQUICPay対応のクレジットカードが必要です。また申込手続きはQUICPay対応のクレジットカード発行会社を通じて行います。申し込みから発行までは1週間~3週間ほどかかります。

QUICPayの利用代金は、クレジットカードの利用代金と一緒に請求され、クレジットカードに付帯するポイントサービス等の特典が受けられます。また今後はデビットカード・プリペイドカードでも支払いが可能になる予定です。

nanacoとは

nanacoはセブン&アイ・ホールディングスが展開する、プリペイド方式の電子マネーです。セブンイレブンなどのnanacoカード入会を受付けている店舗で申込書を記入し、発行手数料300円(税込)を支払えば誰でも入会できます。(ただし、15歳以下の方は、親権者の同意署名が必要です。)

nanacoは利用金額に応じてポイントがたまります。1ポイント=1円として電子マネーに交換できるほか、提携先ポイントからnanacoポイントへの交換も可能です。セブンイレブンなどで対象商品を購入すると通常のポイントに加え、ボーナスポイントがもらえたりもします。

QUIC Pay(nanaco)を利用するには

カードは宝箱。かさばる現金を収納します

(1)セブンカードで利用する

セブン&アイが発行しているクレジットカード「セブンカード」と、カードの裏面にQUICPayマークが付いている「nanacoカード」を持っていれば、WEBから申し込みができます。(ただしnanaco一体型の「セブンカード・プラス」では利用できません。)

QUICPay(nanaco):http://www.7card.co.jp/qpnanaco/

(2)セディナカードで利用する

三井住友フィナンシャルグループの株式会社セディナが発行するクレジットカード「セディナカード」とカードの裏面にQUICPayマークが付いている「nanacoカード」を持っていれば、会員専用サイトOMCPlusから申込みができます。

セディナ(Cedyna):http://www.cedyna.co.jp/use/add/quicpay/nanaco/

(3)キーホルダー方式の「ANA QUICPay+nanaco」で利用する

ANA JCBカードをお持ちの方は、会員専用サイトMyJCBから申込みできます。このタイプは電子マネーに加えてANAのスキップサービス機能も搭載しているので、出張などで飛行機の利用が多い人にとっては、とても便利になるアイテムだと思います。発行には手数料300円(税別)がかかります。

ANA QUICPay+nanaco:https://www.ana.co.jp/sp/amc/cpn/qp1503/

(4)中部しんきんカードの「CHUBUCA(チュブカ)」で利用する

愛知・岐阜・三重・静岡の信用金庫に口座をお持ちの方なら、中部しんきんJCBカードの追加カードとして、QUICPayとnanacoが一体型になった「CHUBUCA(チュブカ)」を申し込むことができます。Webから入会申込み資料を請求するか、JCB会員専用サイトMyJCBから申し込めます。

CHUBUCA:http://www.chubu-shinkincard.com/sp/application/jcb/chubuca.html

まとめ

クレジットカードを登録すればスマホがお財布代わりに

電子マネーの発行枚数は増加傾向にあり、毎月約300万枚のペースで発行されています。発行枚数の総数を単純に日本の人口で割ると、1人あたり2.45枚を所有している計算です。また一般的なお財布の中には、電子マネーカードのほかにもクレジットカードやポイントカードなどが収納されています。

「財布の中に増えすぎたカードを減らしたい!」というニーズは増加する一方です。QUIC Pay ( nanaco)のように1枚で2通りの使い方ができる電子マネーは、認知度が上がるにつれて、消費者に強く支持されるようになるのではないでしょうか。

決済サービス 無料相談はこちら