「QUOカードPay(クオカードペイ)」でデジタルギフト時代へ。比較・メリット・活用方法など解説

カードタイプが主流だったQUOカードにデジタル版の「QUOカードPay(クオカードペイ)」が登場しました!従来のQUOカードは送料や配送の手間がありましたが、QUOカードPayはそれらの手間をなくして、誰でも簡単に使いやすくしっかりと気持ちが伝わるものに進化しています。
本記事ではデジタル版「QUOカードPay」のメリットや、法人限定キャンペーンの詳細に関してご紹介します!

QUOカードPay公式サイトはこちら

※画像引用:QUOカードPay公式サイト

クオカードのデジタル版「QUOカードPay(クオカードペイ)」が登場!

誰もが知っているQUOカードに、新たなデジタルギフト「QUOカードPay(クオカードペイ)」が登場したのはご存じでしょうか?
今まではカードタイプのQUOカードを記念品や来場特典として利用していた方も多いかと思いますが、今回登場したQUOカードPayはより簡単に手軽にコストを抑え、利用者に気持ちを伝えることができます。

QUOカードPayは、QUOカードの良さを残しながら開発された新しいギフトサービスです。現物のQUOカードはなく、発行URLをメールやSNSなどで利用者に送るだけ。
最短で翌日に納品でき、送る側は手間や送料がかからず、もらった側は受け取ったURLを開いてバーコードをお店にみせるだけで簡単に利用できます。

QUOカードPay公式サイトはこちら

従来のQUOカードと、デジタル版「QUOカードPay(クオカードペイ)」の比較

「QUOカードペイ」はデジタル版のQUOカードではありますが、これまで使われていたカードタイプの「QUOカード」と、何が違うのでしょうか?
ここでは、カードタイプの「QUOカード」と、デジタル版の「QUOカードPay」を比較していきます。

QUOカード QUOカードPay
購入店舗 取扱店舗の店頭もしくはクオ・ギフトショップ(オンラインストア) QUOカードPayオンラインストア
支払方法 ・店頭購入の場合、現金購入
・クオ・ギフトショップの場合は銀行振込、もしくは代金引換
銀行振込かクレジットカード決済
納品日数 ・店頭の場合は、即時
・クオ・ギフトショップの場合、入金確認後に宅配便にて発送(代金引換の場合を除く)。地域によって異なるが、発送後2~5日程度で到着。
入金確認後、最短当日にはギフト用バリューコード(URL)がマイページに保存され、納品される
配布方法 直接手渡し。遠方の方へ送る場合は、別途郵送が必要。 QUOカードPayを送付したい方へ、メールやSNSでバリューコード(URL)を送信すれば、配布完了
使えるお店 全国のQuoカード加盟店(約57,000店) 全国のローソンや松屋、𠮷野家など利用可能店舗は順次拡大中
有効期限 なし 発行から3年間

カードタイプのQUOカードは、店頭で気軽に購入できますので、個人から個人へのプレゼントなどに活用できそうです。
QUOカードPayの場合は、URLを使って送付することができるサービスになりますので、大量購入をした場合も納品の郵送待ちといった時間がかかることもありません。企業がインセンティブや謝礼などに活用する場合には、利便性や配布の手軽さから考えても、今後はQUOカードPayを活用していくべきだといえるでしょう。

QUOカードPay公式サイトはこちら

「QUOカードPay(クオカードペイ)」のメリットって?

それでは「QUOカードPay」のメリットについて見ていきましょう。

QUOカードPay(クオカードペイ)は専用アプリ不要

メリットの一つ目は、ユーザーがQUOカードPayを使うときに専用アプリが必要ないこと。専用アプリもなく、URLにアクセスするだけで利用できるので、気軽に使うことができますね。利便性が向上する専用のアプリや現金との併用も可能で、ユーザーにとっても使い勝手の良いサービスです。

QUOカードPay(クオカードペイ)はSNSで送付可能

メリットの2つ目は、QUOカードPayのリンクを送るときにSNSで送付ができる点です。QUOカードを贈りたいとき、相手のメールアドレスを知らない場合があったり、また利用しやすいようにスマホ端末にリンクを送りたいという場合がありますよね。QUOカードPayはSNS上でも簡単に送信ができますので、相手側の都合に合わせた形でQUOカードPayを贈ることができます。

QUOカードPay(クオカードペイ)は導入店舗が順次拡大中

QUOカードPayは、コンビニであればローソン系列、ドラッグストア(Vドラッグ、サンドラッグ)グルメ(上島珈琲店、吉野家)ライフスタイル(東急ハンズ、博品館)書店(有隣堂、三省堂書店、TSUTAYA)など多種多様な店舗で導入が拡大中です!利用できる店舗が多いことは、もらう側としても嬉しいポイントですね。

QUOカードPay公式サイトはこちら

QUOカードPayの活用方法(法人向け)

では、QUOカードPayの活用方法についても見ていきましょう。QUOカードPayは、BtoB、BtoCいずれの場合にも活用できる販促ツールです。これまではカードタイプのQUOカードを使っていたという企業も、改めてQUOカードPayの活用方法をチェックしてみてください。

販売推奨のインセンティブや販促キャンペーンに

QUOカードPayに自社の商品や広告を載せれば、販促ツールとしても利用できます。チラシなどと違い、QUOカードであればユーザーは大切に保管してくれますよね。
そうした特性を活かして、ユーザーがQUOカードを受け取った瞬間、保管している間、使用時に広告を目にすることで自社の印象を強く残すことができます。

来場・見積もりのお礼や株主優待の記念品として

その他、モデルルームの内見や来場謝礼、見積もりの御礼など、顧客獲得につなげるツールとしてもQUOカードPayはおすすめです。
素敵でおしゃれなオリジナルカードを贈れば、ユーザーがQUOカードを受け取ったときに自社のイメージアップに繋がります。
また、後日発送も可能なので、アンケートを書いてくれたお礼として後日メールを送るといったことも可能ですし、データ収集の促進にも活用できます。

その他、株主優待品や総会の記念品、アンケートの謝礼品として多くの上場企業での活用実績も多数!
ギフトに社名を載せたQUOカードで株主への日頃の感謝と今後のご愛顧を込めてはいかがでしょうか?寄付金付きのカードタイプなら、社会貢献PRにも役立ちます。

QUOカードPay公式サイトはこちら

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は新たなデジタルギフト「QUOカードPay」に関してご紹介しました。
従来のQUOカードは送料や配送の手間がありましたが、QUOカードPayはそれらの手間をなくして、誰でも簡単に使いやすくしっかりと気持ちが伝わるものに進化しています。

さらにパワーアップしたQUOカードPay。1,000円から購入できてオンラインストアからいつでも購入可能なQUOカードPayを、この機会にぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

QUOカードPay公式サイトはこちら

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。