楽天市場でもキャッシュレス決済がお得!最大8倍還元!?【使う人向け】

消費税が増税されたなか、増税前に日用品などを大量に買いだめした方もいらっしゃるのではないでしょうか。増税後の対策として、国が行う事業のもと、キャッシュレス決済を行えば、増税前以上にお得に買い物ができる場合があるのをご存知でしょうか。
街での買い物はもちろん、ネット通販でも対象になるのです。今回はそれらのなかで、楽天市場でのキャッシュレス決済によるお得な還元についてわかりやすくご紹介していきます。

消費税10%へ増税、国が行う施策って?

2019年10月1日、ついに消費税が10%に増税されました。日本において約5年半ぶりとなる消費税増税。これまで、消費税増税に関して2015年と2017年にも増税を予定していましたが、消費や経済動向を踏まえ、今回の増税まで引き延ばしていた流れがありました。
ただ、今回の消費税増税では低所得者の負担に配慮した軽減措置として、一部の食品や定期発行されている新聞についてはこれまでの8%のままとする軽減税率を適用。この軽減税率は消費者の生活に大きく影響するとして特に注目されているため、今回の消費税増税は連日話題となっています。
そんな今回の消費税増税に対して、国がもう一つ施策を行っています。それが「キャッシュレス・消費者還元事業」。この還元事業は、消費税増税後の消費者の負担や買い控えによる店舗・企業をサポートするために展開されています。
では次にこの事業が具体的にどのような内容で展開されているのか、確認していきましょう。

キャッシュレス・消費者還元事業について

キャッシュレス・消費者還元事業とは、国が行う消費税増税後における期間限定(2020年6月30日まで)の施策です。増税後は、買い控えが起こるなど消費と供給のバランスが崩れやすくなります。店舗を運営する側は痛手を負うこともしばしば。そこでキャッシュレス決済を行った際に、消費者にも店舗にもメリットが生まれるような仕組みを、「キャッシュレス・消費者還元事業」として実施することとなりました。

キャッシュレス・消費者還元事業 消費者のメリット

消費者へのメリットとしては、対象の店舗でキャッシュレス決済を行った際にポイント還元が実施されます。還元率は中小企業・小規模事業者が運営する店舗は5%、大手フランチャイズチェーン傘下の店舗は2%が原則となっています。少なくとも消費者にとって増税分の2%はポイント還元されるようになるため、増税前と同等かそれ以上お得に買い物ができるようになるでしょう。

キャッシュレス・消費者還元事業 店舗のメリット

店舗(企業)に対しては、キャッシュレス決済で発生する決済手数料の減額や、決済端末の無償提供等のメリットがあります。キャッシュレス・消費者還元事業への参加は、中小・小規模事業者であることが条件です。このように、キャッシュレス決済を店舗へ導入しやすくする、キャッシュレス決済を利用したくなるような仕組みを作ることで、キャッシュレス決済の浸透が期待されています。

楽天市場はキャッシュレス決済でどうお得に?

様々なオンラインショップが入店している楽天市場は利用した方も多いと思います。楽天市場内でも、キャッシュレス・消費者還元事業に参加しているオンラインショップが多くあります。対象となる店舗でクレジットカード決済を行うことで、増税分の2%もしくはそれを大きく上回る5%のポイントを還元。この事業のもとであれば、楽天市場でさらにお得にお買いものができるでしょう。
では具体的にどうすればこの還元を受けられるのか、詳しい内容を以下で確認していきましょう。

楽天市場でポイント還元を受けるにはキャッシュレス・消費者還元事業の対象店舗で

楽天市場でキャッシュレス・消費者還元事業によるポイント還元を受けるためには、楽天市場のなかでもキャッシュレス・消費者還元事業の対象ショップでなければなりません。キャッシュレス・消費者還元事業マークのアイコンが目印となりますので、まずはこれをチェックしてみましょう。このマークが付いた店舗で商品を購入する際に、楽天カードをはじめとしたクレジットカード決済を行えば、後日ポイントとして還元されます。

楽天市場でポイント還元される方法:楽天カードを使用した場合

楽天市場内における対象の店舗でショッピングをする際、楽天カードを使用すると決済金額の5%が還元されます。もともと楽天市場では、楽天カードでの決済でポイント2倍(「SPU楽天カード特典」)、楽天会員として通常ポイント1倍を還元しています。これらに今回のキャッシュレス・消費者還元事業での5%還元を合計した場合、最大8倍ものポイント付与となり、10,000円の買い物をした場合は800円もお得になるようです。

楽天市場で楽天カード以外のクレジットカードを使用した場合も、ポイント還元は実施されます。その際に付与されるポイントは、各クレジットカード会社が定めている内容になりますので、対象カードとともに合わせてご確認ください。

楽天市場を利用する場合、楽天カードを利用するのがポイントもたまりやすくお勧めだと言えますね。

楽天ポイントの還元方法や上限設定

対象店舗でのお買いものにて、楽天カードを使用する場合は支払額の5%分が楽天スーパーポイントとして後日付与されますが、付与されるポイントの上限は月15,000ポイントとしていて、それ以上のポイント付与・繰り越し等はされませんのでご注意ください。
その他のクレジットカードによる支払いの場合でもカード会社や店舗によって異なりますが、ポイント還元の対象となります。この場合は楽天ポイントとしてではなく、クレジットカード会社が別途定めているため、しっかり確認しておきましょう。上限を超える買い物をしても付与されないため、その場合はその他のクレジットカードを利用するなどして対応しましょう。

ポイント付与のタイミングの目安として、楽天カードの場合は購入月の2か月後の22日となっています。その他のクレジットカードの場合は発行会社によって異なります。忘れずに確認しましょう。

楽天カード以外のクレジットカードのポイント還元方法や、ポイント付与のタイミングなどをまとめた記事もありますので、こちらもご覧ください。
こちらも注目:キャッシュレス決済で最大5%お得に!?ポイント還元って?利用者目線で見るキャッシュレス・消費者還元事業

まとめ

今回は楽天市場での、キャッシュレス・消費者還元事業によるポイント還元についてご紹介しました。楽天カードを使えば、この事業によって5%ものポイント還元が受けられるため、増税前よりもお得に買い物ができますね!同じ商品を買う場合、対象となる店舗とそうでない店舗があるため、アイコンを目印に探してみると良いでしょう。キャッシュレス・消費者還元事業を味方に、今まで以上にお得にお買い物を楽しみましょう!

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み