楽天ペイが人気の理由!どこで使っても楽天ポイントがたまる

楽天ペイ、LINE Pay、PayPayなど近年ではQRコード決済サービスが多数登場しています。スマホ決済、QRコード決済が普及する中で、どの決済サービスを利用したらいいのか迷っている人も少なくありません。

そこで今回は、数あるQRコード決済の中でもとくに人気が高い楽天ペイについて紹介します。利用店舗数が多く、楽天ポイントが貯まりやすいというメリットもある楽天ペイの魅力に迫っていきましょう。

楽天ペイとは

楽天ペイは、楽天ペイメント株式会社が運営するスマホアプリ決済サービスです。お手持ちのスマホに専用アプリをダウンロードしてクレジットカードの利用登録を完了させれば、スマホ一つで買い物の支払いが行えるようになります。2019年2月13日に実施された「QRコード決済利用実態調査」では以下のような分野でNo.1という回答が出ました。
・利用者数No.1
・総合満足度No.1
・ポイントが使いやすく貯まりやすい決済アプリNo.1

楽天ペイはコード・QR払い・セルフに対応しており、楽天IDの会員ランクや店舗によって支払いできる金額は異なります。
また楽天ペイのメリットは支払いのスムーズさだけではなく、ポイントの二重取り、個人間送金、利用できる店舗数の多さなども挙げられます。

楽天ペイはよく利用するQRコード第1位!

2019年2月に行われた実態調査において、楽天ペイは利用者数No.1という結果を出しました。これからQRコード決済を取り入れようと考える人の間でも楽天ペイの人気が高く、他のコード決済以上に楽天ペイを検討している人が多い傾向にあるようですね。
利用者側から見た楽天ペイの魅力について、詳しく見ていきたいと思います。

楽天ペイの魅力①:簡単に支払いが行える

楽天ペイはコード・QR払い・セルフ支払いに対応しています。楽天ペイのアプリをダウンロードするだけで利用できるので、財布を持ち歩く必要もありません。

・コード払いの場合は、アプリを起動し、R Payコード・QR払いを選択→お店でコード・QRを読み取ってもらうだけのステップで完了します。
・QR払いの場合は、アプリを起動し、お支払い方法で「QR読み取り」を選択→ORコードを読み込む→金額を入力→確認画面でスライドの動作で完了します。
・セルフ払いの場合は、アプリを起動し、お支払い方法で「セルフ」を選択→支払うお店を選択→確認画面でスライドの動作で完了します。

3つの支払い方法いずれもアプリを使うことで支払いが行えます。スマホがあればそれだけで済む手軽さは、たしかに魅力と言えますね。

楽天ペイの魅力②:楽天ポイントでも支払える

楽天ペイでの支払いには、楽天ポイントを使うことができます。
楽天ユーザーなら楽天ポイントをためて、楽天での買い物にポイントを使うことも多いですよね。楽天ペイでなら、飲食店など実店舗での支払いでも楽天ポイントが使えます。ポイントを効率的にためて、外食などに使うこともできるのは利用者にとっては大きなメリットです。

楽天ペイの魅力③:個人間送金も行える!

楽天ペイは楽天キャッシュを用いた支払いや、個人間送金にも対応しています。楽天キャッシュとは楽天上で使えるお金のことで、買い物に利用できます。楽天スーパーポイントとの違いは個人間送金に利用できることにあると言えるでしょう。

個人間送金は時間や銀行システムに縛られず、手数料0円で送金が行えます。送金方法は簡単で、電話帳のデータをアプリに読み込ませておくことで、電話帳から送金する相手を選択。金額を入力して送金手続きを行えば完了です。送金にはコメントやメッセージを一緒に入力して送ることも可能ですよ。

キャッシュ残高がない場合には、登録しているクレジットカードからお手軽にチャージが行えます。なお上限金額は設定されており、1回あたり10万円まで、1か月あたり100万円までとなっています。

楽天ペイはコンビニでも使える!利用できるお店

楽天ペイは対応店舗も幅広く、コンビニでも買い物から百貨店・モール、ホテルやサロンといった施設で利用できるようになっています。さらに利用できる施設は拡大予定にあり、以下のような業態で導入が進められています。

コンビニ ファミリーマート、ミニストップ、ローソンなど
ドラッグストア スギ薬局、ウエルシア薬局、ドラッグイレブンなど
グルメ ファーストキッチン、スシロー、松屋など
居酒屋 豊丸水産、魚民、白木屋など
家電量販店 エディオン、ケーズデンキ、ビックカメラなど
ファッション AOKI、東京靴流通センター、はるやまなど
その他 アート引越センター、東横イン、ジュンク堂書店など

アプリ内にも「お店を検索」というアイコンがあるので、クリックすれば簡単に調べられますよ。これら実店舗以外にも、ネットショッピングの際にも楽天ペイは使用できてポイントが貯められます。

楽天ペイならポイント二重取り・三重取りが可能!

楽天ペイの利用には、クレジットカードの登録が必要です。このとき「楽天カード」を登録すると、ポイントの二重取りが容易に可能です。
楽天カードのポイント還元率は、通常1%となっています。一方で楽天ペイでは0.5%の還元率が設定されており、楽天カードと楽天ペイのポイント二重取りが可能です。これにより合計で1.5%のポイント獲得が可能できます。

ポイント二重取りができる「楽天ペイ」を活用すれば、さらにポイント三重取りも行えます。
たとえば、ローソンでの買い物に楽天カードを紐づけた楽天ペイを利用し、その際にPontaカードを提示すれば、楽天ポイントは別にPontaポイントも獲得でき、この場合は「ポイント三重取り」になります。

また楽天ペイではポイントに関するさまざまなキャンペーンが行われています。時期によってはキャンペーン期間中に還元率がアップするキャンペーンや、ポイントバックキャンペーンなど開催されています。これらのキャンペーンを利用することで、より効率的にポイントを貯められるでしょう。

関連記事:クレジットカード、持つならどれ?法人向けビジネスカードもチェック!

【PR】楽天ペイを使うなら、楽天カードがおすすめ

楽天ペイを店舗へ導入するメリットって?

今回は利用者目線で楽天ペイの魅力を紹介しましたが、もちろん店舗側の楽天ペイ導入にもメリットはあります。

楽天ペイは「キャッシュレス・消費者還元事業」決済事業者に認定済み

2019年10月より施行される「キャッシュレス・消費者還元事業」。楽天ペイは、決済事業者認定済みです。
キャッシュレス・消費者還元事業の実施期間となる2019年10月~2020年6月末までの9か月間は、決済手数料が実質2.16%と低額に抑えることができます。さらに、決済端末についても無料貸与が行われるため、負担は0円。
店舗だけだなく、利用者にも最大5%のポイント還元が行われるので、増税による消費の冷え込みのストッパーにもなりえます。

期間限定の施策とはいえ、この機会に楽天ペイを導入すれば、楽天ペイユーザーに対する集客効果を生み出し、売上アップも見込めるかもしれません。

楽天ペイは最短翌日に自動入金で、楽天銀行なら振込手数料0円

キャッシュレス決済の場合、実際の決済完了からお店に入金があるまでの待機期間(=入金サイクル)が店舗としては気になるところです。
楽天ペイの場合、楽天銀行を指定すれば売上日の翌日には自動で入金され、さらに振込手数料も0円です。入金サイクルが短い上、振込手数料も発生しないとなると無駄なコストや待期期間がなく、店舗としてもうれしいところですね。

ただし、その他の金融機関の場合は管理画面から振込申請を行う必要があり、振込依頼日の翌営業日に入金となりますのでご注意ください。その場合、振込手数料は210円かかります。

ピピッとチョイスでは、楽天ペイの導入相談も承っています!楽天ペイについてもっと知りたい場合もお気軽にお問合せください。

>>楽天ペイの導入相談はこちら<<

>>楽天ペイの加盟店申請(公式サイト)<<



まとめ

楽天ペイは対応店舗数も多く、お手軽に支払いが完了する上に、ポイントの二重取り、三重取りもできる非常におトクな決済サービスです。アプリはリニューアルを重ねるごとに使いやすい機能が追加され、個人間送金も可能となりました。
利用者にとっても魅力の多い楽天ペイ、店舗へ導入すれば売上アップも見込めるかもしれません。キャッシュレス・消費者還元事業の開始まで残り僅かとなりました。導入したいと考えている方は早めに導入の準備を進めておくとよいでしょう。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み