楽天ペイのメリットや登録方法・ポイントのお得な貯め方まで徹底分析!

キャッシュレス化が浸透し、さまざまなQRコード決済サービスが登場しています。その中でも、楽天ポイントがたまる・使えることで知られている「楽天ペイ」はすでに利用している方も多いのではないでしょうか。
本記事では、楽天ペイのメリットや登録方法だけでなくお得に楽天ポイントをためる方法まで紹介していきます!楽天ペイユーザーだけでなく楽天ペイを利用したいと考えている方も、ぜひチェックしてください!

キャッシュレス決済導入の
無料相談はこちら
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから(音声のみで受付可能)

楽天ペイとは

「楽天ペイ」は、楽天グループが設立した楽天ペイメント株式会社が提供しているQRコード決済サービスになります。
買い物や支払いに利用するだけで楽天ポイントをためることができ、街の店舗だけでなくオンラインショップでの決済にも利用できます。

さらにオンラインショップの楽天市場や楽天銀行、楽天カードなど楽天のサービスを利用している方であれば毎月ポイントがたまり、楽天会員のランクも上がりやすくなりますので、お得に買い物や支払いを行いたい方には楽天ペイの利用がおすすめです。

また、2019年6月より、楽天ペイとの共通QRコードを利用しているau PAY加盟店でも楽天ペイの決済ができるようになりました。今後も楽天ペイとau PAYの共通QRコードを利用する店舗が拡大していく予定ですので、さまざまな場所で楽天ペイが利用できるようになるでしょう。このように、利用できる店舗が増えることで、楽天ペイはますます使いたくなるQRコード決済として進化しています。

さらに楽天ペイでは毎月お得にポイントがたまるキャンペーンを行なっています。楽天ペイのユーザーや今後利用を検討している方は、よりお得にお買い物を楽しむためにもキャンペーン情報もあわせてチェックしてみてくださいね。

こちらもチェック!>>【最新】楽天ペイユーザー向けキャンペーンまとめ

ピピッとチョイスでは、楽天ペイの導入相談も承っています!楽天ペイについてもっと知りたい場合もお気軽にお問合せください。

楽天ペイのメリット

楽天ペイについて理解したところで、次に楽天ペイを利用するメリットをいくつか紹介していきます。

楽天ペイのメリット(1)楽天ポイントが貯まる

先ほども申しましたが、楽天ペイでは買い物や支払いに利用するだけで楽天ポイントを獲得できます。0.5%の還元率となりますので、支払い金額の200円ごとに楽天ポイントが1ポイントたまります。
たまった楽天ポイントは楽天ペイでの支払いに利用できるだけでなく、フリマアプリの「ラクマ」やオンラインショップ「楽天市場」、楽天ポイントの加盟店でも利用できます。

楽天ペイのメリット(2)楽天カードでポイント還元率アップ

楽天ペイのチャージ方法を、楽天カード株式会社が提供している「楽天カード」にすることで1.5%の還元が受けられます。楽天カードからの楽天ペイへのチャージで0.5%ポイント還元され、お店でのお支払いで1%のポイント還元が行われますので計1.5%の還元率となります。この方法だと、通常よりさらに楽天ポイントをためることが可能です。
楽天カードを普段からよく利用する方や楽天ユーザーの方は、楽天ペイの利用がおすすめです。

楽天ペイのメリット(3)Suicaのチャージも可能

2020年5月25日から、Android版の楽天ペイアプリにてSuicaの利用・チャージが可能になりました。
Suicaにチャージするたびに200円ごとに楽天ポイントが1ポイントたまり、ポイントの付与も翌日以降になりますのですぐに利用できます。
また、iPhoneなどのiOSの端末の場合は、モバイルSuicaのチャージを楽天カードから行うことで200円につき1ポイントを獲得できるキャンペーンを行なっています。
楽天ポイントをもらうには、楽天ペイのアプリ上で毎月エントリーが必要になりますので忘れずに行いましょう。

キャッシュレス決済導入の
無料相談はこちら
Webフォームでのご相談はこちら
コンシェルジュに相談する
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)
時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから(音声のみで受付可能)

楽天ペイの登録方法

ここからは、実際に楽天ペイを利用したい方に向けて登録方法を紹介していきます。

①楽天ペイアプリをダウンロード
「App Store」もしくは「Google Play」にて、楽天ペイのアプリをダウンロード

②楽天会員に登録
楽天のログイン画面から「楽天会員に登録(無料)」をタップ
※すでに楽天会員の方でクレジットカードを登録している場合は自動で表示されます。

③必要事項の入力
メールアドレスやユーザーID、パスワードなど必要事項を入力

④楽天ペイログイン
楽天ペイのアプリに戻り、会員情報を入力しログイン

⑤SMS認証
電話番号を入力し、SMSを送信
届いた6桁の数字を入力

⑥支払い元を設定し、登録完了
楽天ペイの支払い元を選択し、登録完了

楽天ペイでの支払い方法

楽天ペイの支払い方法としては「QR払い」「コード払い」「セルフ払い」があります。また、楽天ペイアプリ上から「Suica払い」や「楽天Edy払い」も可能です。
楽天ペイの「QR払い」「コード払い」「セルフ払い」の利用方法を詳しく説明していきます。

QR払い

①楽天アプリの支払い方法から「QR読み取り」を選択
②カメラが起動し、QRコードを読み込む
③支払い金額を入力
※金額が指定されている場合は省略
④確認画面で[スライドでお支払い]をスライド
楽天ポイントや楽天キャッシュを利用する場合は[設定]をタップ
⑤支払い完了

コード払い

①楽天アプリの左上の「楽天ペイコード・QR払い」を選択
②支払い時にバーコードもしくはQRコードを読み取ってもらう
③支払い完了

セルフ払い

①楽天アプリの支払い方法から「セルフ」を選択
②支払うお店を選択
③支払い金額を入力
④確認画面で[スライドでお支払い]をスライド
楽天ポイントや楽天キャッシュを利用する場合は[設定]をタップ
⑤支払い完了

楽天ペイで楽天ポイントをお得に貯めるには?

楽天ペイでは、通常0.5%の還元率で200円ごとに楽天ポイントが1ポイントたまります。メリットの部分でも紹介した通り、楽天カードやSuicaでのチャージによってさらにお得に楽天ポイントをためることができますので、以下で詳しく紹介していきます。

楽天ペイに楽天カードを紐づける

楽天ペイの支払い元を楽天カードにしておくことで、1.5%の還元を受けることができます。還元の内訳としては、楽天カードから楽天ペイのチャージを行う際に0.5%、チャージ残高から楽天ペイで支払いを行う際に1%となります。
進呈されるポイントには上限はなく、決済に利用した翌日に通常の楽天ポイントとして付与されます。楽天カード以外のクレジットカード払いに設定している場合は、合計1.5%還元の対象外となりますので注意しておきましょう。

さらに楽天ポイントカードの加盟店であれば、楽天ポイントカードの提示を行うことで最大1%の還元が受けられますので、楽天ペイに楽天カードを紐づけた場合と合計して最大2.5%の還元となり非常にお得です。

楽天ペイでSuicaチャージを行う

Android版の楽天ペイアプリ上のSuicaが登場し、楽天ペイアプリからSuicaの発行やチャージを行えるようになりました。
Suicaへのチャージを楽天ペイで行うことで、200円ごとに楽天ポイントが1ポイントたまります。Suicaは交通機関で利用できるだでなく、全国のICマークのある鉄道やバス店舗での買い物でも使え、還元されるポイントはチャージした翌日以降に付与されます。
また、iPhoneなどのiOSを利用している方でもモバイルSuicaにチャージで楽天ポイントをためることができるキャンペーンを行なっていますので詳しくが以下の記事をチェックしてみてください。

こちらもチェック!>>Suicaチャージで楽天ポイントがたまる!ポイントのためかたや利用方法を解説!

店舗が楽天ペイ加盟店になるには?

これまでは楽天ペイを利用するユーザー向けの情報をご案内してきましたが、ここからは店舗へ楽天ペイを申し込む方法を紹介していきます。楽天ペイを店舗へ導入するには専用のカードリーダー(19,800円)の購入が必要になります。このカードリーダーでは、楽天ペイだけでなくクレジットカードや電子マネー、楽天ペイ・au PAYのQRコード決済に対応できます。

対応の決済サービス

楽天ペイの導入で対応できる決済サービスを紹介していきます。
決済手数料は、店舗の規模や業種を問わず業界最安水準の3.24%〜利用できます。

・クレジットカード
Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、Discover、楽天カード、au PAYカード

・交通系電子マネー
Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん

・電子マネー
楽天Edy、WAON、nanaco、iD、Apple Pay、QUICPay

・QRコード決済
楽天ペイ、au PAY

楽天ペイの導入メリット

楽天ペイを店舗に導入することで、楽天ポイントをためる・使えるお店としてアピールすることができ、楽天会員の集客に繋げることができます。
さらに、売上金の入金を楽天銀行に指定することで365日いつでも翌日に自動入金が可能になりますし、振込手数料も無料になりますので、入金サイクルやコストを重視している店舗は楽天銀行の利用をおすすめします。なお楽天銀行以外の口座を指定した場合は、1回につき330円の振込手数料が発生します。

また、楽天ペイはPOSレジシステムと機能連携していますので、楽天ペイでの売上などの管理も一括して普段利用しているPOSレジで行えます。連携可能なPOSレジは「スマレジ」「Bionly」「poscube」「ポスタス」「ユビレジ」となります。

楽天ペイ加盟店申請方法

①加盟店登録申込
申込画面で必要事項の入力や必要書類の提出をし、申し込みを行う

②審査
Visa、MasterCard、楽天Edy、交通系電子マネー、nanaco、WAONの審査結果は原則3〜4営業日
JCB、American Express、Diners Club、Discover、QUICPay、iD、au PAYの審査結果は原則2週間程度

③審査通過後、カードリーダーのお届け
審査通過後、加盟店管理画面からカードリーダーの購入する

④アプリをダウンロード、セットアップ
楽天ペイ店舗アプリをダウンロードし、カードリーダーやスマートフォン・タブレットの設定を行う

ピピッとチョイスでは、楽天ペイの導入相談も承っています!楽天ペイについてもっと知りたい場合もお気軽にお問合せください。

まとめ

今回は楽天ペイについてメリットや利用方法、お得な楽天ポイントのため方、店舗への導入方法も紹介していきました。
楽天ユーザーやSuicaのユーザーもお得に楽天ポイントをためることができ、加盟店も楽天ペイに加えてさまざまな決済サービスに対応でき、楽天銀行の利用でさらにメリットを感じることができる楽天ペイ。
まだ決済に使ったことのない方や店舗へ導入していない方は、今回の記事を参考に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

お店のキャッシュレス決済導入の
無料相談承ります!
売上アップに繋がるキャッシュレス対応、
まずは一度ご相談ください。
数多くのサービスの中からお客様にコスト面、機能面でご満足できるご提案をいたします!
Webフォームでのご相談はこちら
無料相談してみる
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから
(音声のみで受付可能)
  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • レジチョイス POSレジの比較・導入ならレジチョイス