本気のソフトバンク。店舗にQRコード決済が簡単に導入できる「S!can」の提供を発表

ソフトバンク・ペイメント・サービスは、QRコード決済アプリケーション「S!can(スキャン)」の提供を2018年12月に開始すると発表しました。店舗を運営する事業者は、スマートフォンやタブレット端末にS!canのアプリケーションをインストールするだけで、手軽に対応するQRコード決済サービスを導入することができるとしています。

\無料相談窓口もあります/
コンシェルジュに相談する

QRコード決済サービス比較!導入を考えている店舗必見! 詳しくはこちら

発表されたS!can(スキャン)の特長

今回発表されたS!can(スキャン)について、現段階でわかる特長を見て行きましょう。

導入コストが抑えられ、スマートな決済が可能に

事業者はスマートフォンやタブレットにS!canアプリケーションを入れるだけでQRコード決済サービスが導入できるので、導入にかかるコストを最小限に抑えることができます。

決済の流れとしては、まず店舗側がS!canにログインし金額を入力します。消費者がスマートフォンの画面に表示されたQRコードを提示し、店舗側がそれをS!canで読み取ります。これで決済が完了します。取引履歴や詳細確認、返金対応などはS!canアプリ内で行えます。レジの設置場所などを気にすることがなくなり、スマートな決済が可能になるというわけです。

インバウンドに対応

外国人観光客をターゲットに、まず第一弾としてS!canに対応するQRコード決済サービスは、国際カードブランド銀聯(ぎんれん)が提供している「銀聯QRコード決済」となります。このQRコード決済サービスは、中国をはじめとしてアジア太平洋・北アメリカ・中央アジア・中東・アフリカなどの24の国と地域で1,000万店近くの店舗や交通機関で導入されているものです。このため、グローバルに展開する「銀聯QRコード決済」を導入することで外国人観光客による消費の拡大が期待できるとしています。

管理画面で売り上げ集計が容易に

事業者はソフトバンク・ペイメント・サービスが提供する管理画面で、リアルタイムに売り上げを管理でき、日々の売上をグラフで視覚的に確認できるようになっています。また、複数の店舗を運営している場合でも、店舗ごとに売り上げの集計ができるようになっているので、事業者の事務作業における運用負担を軽減できるとしています。

ソフトバンク・ペイメント・サービスに実店舗向けサービスがあるって知ってた?

まとめ

S!canはインストールするだけで対応するQRコード決済サービスで決済が可能となる画期的なサービスといえます。今回は銀聯QRコード決済が第一弾として対応した形となりましたが、対応するQRコード決済サービスは今後増やしていくとしています。

ソフトバンク・ペイメント・サービスの公式サイトでは、インバウンド対応を強く打ち出しているので、もしかしたら中国でしのぎを削りあい世界的に使われている「支付宝(Alipay/アリペイ)」や「微信支付(WeChat Pay/ウィーチャットペイ)」等にも対応してくるかもしれません。また、国内で利用されているLINE Payや楽天ペイアプリなどにも対応していくかもしれませんね。

店舗向け有償サービスとして12月中にAndroid版が提供され、順次iOS版がリリースされるとのことです。S!canが浸透していけば、日本もキャッシュレス化に弾みがかかるかもしれません。

QRコード決済導入、無料でお手伝いします

「ピピッとコンシェルジュ」では、あなたのお店のニーズにお応えする、サービス選定を無料でお手伝いしています。問い合わせいただいた情報をもとに、ご希望にあった決済サービスをご紹介しますので、導入する決済サービスを選ぶ時間を圧倒的に短縮します。結局、どの決済サービスを選んだらいいの?とお悩みの方、お気軽にお問い合わせ下さい。

店舗に合ったキャッシュレス決済を
導入してみませんか?
お店の業態や決済単価などにより、最適なサービスは変わってくることもあります。どんな決済サービスが合うのか、コンシェルジュに相談してみませんか?

無料で相談してみる

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。