イベント販売で大活躍!QRコード決済「SKIYAKI PAY(スキヤキペイ)」

イベント会場のグッズ販売コーナーにできてしまう長蛇の列。現金で販売していると、そんな状況に陥りがちです。イベント会場で多額の現金を扱うことは、盗難や紛失のリスクが伴いますし、レジがない場合には販売額と収納額に差異が生じやすくなります。

イベントの来場者には、どうしても欲しいグッズがあるのに手持ちの現金が足りない……なんてシチュエーションも少なくありません。グッズ販売のワゴンでもクレジットカードが使えたらどんなにいいかと思っている人も多いのではないでしょうか。

こちらもチェック

QRコードの知識や導入・比較に関する疑問などはこちらの記事でも紹介しています。是非ご覧ください。

まずは知っておきたい、QRコード決済の基礎知識

中国人観光客向け、インバウンド対策

QRコード決済の導入に関する疑問

SKIYAKI PAYアプリの機能

2018年2月、コンサートやイベント制作を行う株式会社SKIYAKIが新しいQRコード決済サービス「SKIYAKI PAY(スキヤキペイ)」をリリースしました。「SKIYAKI PAY」はイベントでのグッズ販売を想定して作られたアプリです。

ユーザー向けの「SKIYAKI PAYアプリ」はiOSでもandroidでも使えます。メールアドレスとパスワードを登録してSKIYAKI ID(スキヤキアイディー)を作成し、アプリにクレジットカードを登録しておけば、イベント当日は販売コーナーのQRコードをアプリで読み取るだけで支払いができてしまいます。

「SKIYAKI PAY」はPayPalと連携できるので、VISAやMasterCardだけでなく、JCBやAmerican Express、Diners Clubのカードを登録できます。また中国人ユーザーが多い銀聯カードも使えるので、中国人のファンにも嬉しいサービスです。自動的に購入履歴が残るので、レシートがなくても困りません。

販売側のメリット

販売ブースは、レジの有無にかかわらずSKIYAKI PAYによるカード決済を受け付けることができます。キャッシュレスで販売できるので、釣り銭の間違いなどによる誤差の発生が防げます。また自動的に販売履歴が残るので、記録もれもありません。

お客様のアプリで読み取っていただくQRコードは、あらかじめ商品情報をシステムに登録して発行します。イベント当日はタブレットやパソコンなどを用意し、その端末をレジとして使えます。端末が用意できない場合は、決済用のQRコードを印刷して掲示しておいても大丈夫です。

ファンの熱量を可視化するbitfan

株式会社SKIYAKIは“ファンの熱量を可視化”する「bitfan(ビットファン)」というシステムもリリースしています。bitfanはファンクラブの入会や通販によるグッズやチケットの購入に加えて、SNSの投稿状況などをスコアリングし、上位のファンには特典を進呈するサービスです。第一弾アーティストとして「岡崎体育」とコラボし、さまざまな企画を行っています。

bitfanはSKIYAKI PAYとも連携しており、SKIYAKI PAYでグッズを購入すると、購入金額(税込)の10%がbitfanポイントとして還元されます。SKIYAKI PAYで支払えば、bitfanのスコアUPへの近道にもなります。

\QR決済の無料相談窓口もあります/
相談窓口について詳しく見る

まとめ

人気のイベント会場は、たくさんの人でごった返します。飛ぶように売れるグッズをスムーズに販売するにはキャッシュレス化が得策です。「SKIYAKI PAY」はアーティストに対するファンの想いをbitfanで数値化し、アーティストに届けられる点でもユニークです。ファンとの強い絆をはぐくめる「SKIYAKI PAY」は、コミケ等でも活用できるツールだと思います。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

決済サービス 無料相談はこちら