事前決済のススメ。ECや予約時などにネット上で会計できる、非対面スマホ決済サービス3選

クレジットカードを持ちたくても、審査が厳しくて持てないといった方もいらっしゃるかと思います。ほかにも、使い過ぎてしまうのが嫌で、クレジットカードを持つのが怖いという方も多いのではないでしょうか。それでもネット上でお買い物をしたい、ネットでお店の予約を取りたいという方に朗報です。クレジットカードを持たなくとも、ネット上での決済の幅が広がってきているのです。

国内向けですと「LINE Pay(ラインペイ)」、中国人向けですと「UnivaPay(ユニヴァペイ)」や「NihaoPay(ニーハオペイ)」などが、ネット上で決済できるスマホ決済サービスとなっています。

今回はこれらスマホ決済サービスをご紹介するとともに、店舗がネット上でスマホ決済を取り入れるメリットなどもご説明していきたいと思います。

国内向けの事前のネット決済・EC決済

国内でも、ネット上の決済やネットからの予約などで、スマホ決済が活躍しています。その最たるものが「LINE Pay(ラインペイ)」です。クレジットカードを持っていなくても利用できる、数少ないQRコード決済サービスとなっています。

LINE Pay(ラインペイ)

国内最大のコミュニケーションアプリ「LINE」の機能である「LINE Pay」では、実店舗での決済や、ECサイト上での決済、ネット上での予約などに利用できます。以前はクレジットカードでの登録が可能だったのですが、それが廃止され、現在では銀行口座からのチャージかコンビニでのチャージで、LINE Pay残高にお金を入金することができるようになりました。

実店舗の場合、コンビニですとローソンやファミリーマートで利用が可能です。家電量販店のビックカメラやコジマの他にも、カラオケのビッグエコーなど、様々なお店で使えます。

LINE Payは、オンライン決済だと日本最大級のオンライン通販サイトの「ZOZOTOWN」のほか、CDやDVDの他にもコミックやゲームなども取り扱っている「HMV ONLINE」での利用が可能です。またLINEチケットからだと、スポーツやコンサート、演劇などのチケットをLINE Payで簡単に購入できます。

中国人向けの事前のネット決済・EC決済

中国では「支付宝(Alipay/アリペイ)」と「微信支付(WeChat Pay/ウィーチャットペイ)」という、2つのQRコード決済サービスが主に使われています。ネット上での決済や、ネットからの予約時に、これらのスマホ決済が活躍するのですが、以下の「UnivaPay(ユニヴァペイ)」と「NihaoPay(ニーハオペイ)」はこれら2つの決済サービスをカバーしているサービスです。

UnivaPay(ユニヴァペイ)

株式会社UNIVA Paycast(ユニヴァペイキャスト)は、業界内で早い段階から越境取引のための契約を取得し、今日まで運用しています。また同社が提供する、店舗向けキャッシュレス決済アプリ「UnivaPay StoreApp(ユニヴァペイ ストアアップ)」は、中国で主流となっているアリペイやWeChat Payの他に、国内でのスマホ決済「d払い」にも対応。3月1日からは「PayPay(ペイペイ)」にも対応するなど、今後もスマホ決済サービスを拡大していく予定です。

NihaoPay(ニーハオペイ)

Aurfy Japan(アルフィージャパン)株式会社が提供する「NihaoPay」は、アリペイとWeChat Payの両方に対応しています。実店舗では、QRコードを店舗側が読み取る方法と、お客様が店舗側が提示したQRコードをスキャンする方法の2種類があります。

ECサイトでは、決済画面でアリペイかWeChat Payを選択した後に出てくるQRコードをスキャンして、暗証番号を入力するだけで決済が完了となります。

店舗がネット上でQRコード決済を取り入れるメリット

店舗が、ネット上でQRコード決済を取り入れるメリットはいくつかあります。ここではそのメリットをご説明していきたいと思います。

①予約の無断キャンセルを防げる

飲食店でよくある問題のひとつが、予約をしているが時間になってもお客様が来ない、いわゆる「ドタキャン問題」だと思います。しかしネット上で事前に決済を済ませていれば、こういったドタキャンは起こりにくく、ノーショーの心配をする必要がありません。当然食品ロスの心配もなくなります。

②お客様はクレジットカードを持つ必要がない

冒頭にも触れた通り、クレジットカードを持ちたくないお客様もいらっしゃいます。中には審査が厳しくてクレジットカードを持てないお客様もいらっしゃるので、クレジットカード決済ではないスマホ決済は、非常に重宝されることでしょう。年齢的な問題でクレジットカードを持てない、というお客様にも嬉しい決済サービスなのではないでしょうか。

③店舗と同じ決済サービスを使って申し込める

ネット上の決済であっても、リアル店舗と同様に利用することができるため、違和感なくスマホ決済でお支払いが可能となっています。実店舗にも多数対応しているので、日常生活でも財布いらずで気軽に使うことができるところが魅力となっています。

まとめ

今では、もはやネット上で様々な決済をすることが当たり前になってきている時代に突入していますが、その際にクレジットカードでの支払いを求められる場面はいまだに少なくありません。

今回ご紹介したスマホ決済サービスは、どれもクレジットカードの登録が必要ないので、ネット上で決済をする時も、わざわざクレジットカード番号や有効期限などを入力する必要はなく、お手軽に決済が可能となっています。

気軽に事前決済できるということは、お客様にとっても店舗側にとっても、とてもメリットがあるということがお分かりいただけたかと思います。まさにウィンウィンの関係といえるのではないでしょうか。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。