Visaタッチ決済に対応!三井住友カードリニューアルでクレジットカードはさらに進化へ!

世界で利用できるVISAカードとして、4,420万人以上の方に利用されている「三井住友カード」。2020年2月3日(月)にクレジットカードの30年ぶりのリニューアルを実施しました。今回はフルモデルチェンジした、三井住友カードの新機能や特徴についてご紹介していきます。三井住友カードを利用中の方も、検討中の方もぜひ参考にしてみてください。

画像引用:三井住友カード公式サイト

三井住友カード 30年ぶりの全面リニューアルが決定

2020年2月3日(月)から、三井住友カードは30年ぶりに発行するクレジットカードのリニューアルをしました。提携カードを除く全てのクレジットカードに新機能が搭載され、新デザインも取り入れられています。
パルテノン神殿が描かれていたカードからスタイリッシュなデザインに変わり、新しいカードの「未来を映し出す光と、足元を照らす光」のデザインは、お客様が歩む希望ある未来が表現されているそうです。

新たな三井住友カードの特徴とは?

「次世代カード」と言われている新たな三井住友カードは、どう変わったのでしょうか。

タッチ決済が標準装備に!


引用:三井住友カード公式サイト

すべてのVisaブランドのクレジットカードに「Visaタッチ決済」の機能を搭載しています。レジにあるリーダーにタッチすればサインや暗証番号の入力が不要で決済ができ、スマホ画面の立ち上げも必要ないので、お会計がさらにスムーズに出来るようになります。
対応リーダーにタッチするだけで決済できるので、レジでクレジットカードを渡す必要もなくなり、セキュリティ面でも安心です。

カード情報は裏面記載へ


画像引用:三井住友カードプレスリリース

三井住友カードの新デザインではVisa、Mastercardともに、これまでカード表面に刻印されていた16桁のカード番号や有効期限が裏面に記載されます。これらの情報が裏面に記載されることで、カードを利用するときに、カード情報が店員や他の人から見えにくく個人情報の流出を防ぐ効果があります。Web決済の際に入力する情報がまとめて裏面でチェックできるのも良い点です。

さらに従来のカードはエンボス加工で、カードの表面にデコボコのカード番号が刻印されていましたが、今回のリニューアルでエンボス加工ではなくなり、財布の厚みもすっきりしそうです。

またVisaカードには「Visaクイックリード」と呼ばれる4行4列の特徴的なデザインでカード番号が記載されており、持ち主には読みやすくカード番号を入力する際に便利です。

「三井住友カードアプリ」もWalletアプリへ!

これまで提供されていた「三井住友カードアプリ」は、2020年3月2日(月)より「Walletアプリ」としアップデートされます。新しく生まれ変わった「Walletアプリ」には、ユーザーが安心して利用できるような機能が多く追加されています。

新機能(1)他社発行のカードを含め、お金の動きを一元管理可能に

「Walletアプリ」にアップデートすることで、カード利用履歴の確認や支払い口座の確認、各種手続きといった従来の機能に加えて、他社発行のカードや電子マネー、ポイントカード、Visaプリペイド、銀行口座などの決済情報をまとめて管理する機能が導入されます。毎回複数のアプリで利用状況を確認することなく、「Walletアプリ」ひとつで自身の支出やお金の管理ができ手間が省けます。

新機能(2)利用通知で不正利用防止に

「Walletアプリ」では利用した額を通知してくれる「ご利用通知サービス」が追加されています。明細はアプリやWEBで確認が出来るので、どのくらい利用したのかを目で見て確認でき、身に覚えのないの利用もすぐに気付くことができます。

新機能(3)使い過ぎ防止に!利用制限機能とアラート機能

「使いすぎ防止アラート」という、あらかじめ自分自身で設定した利用金額の上限を超えるとアプリにプッシュ通知がくるサービスも提供されています。このサービスにより、カードの使いすぎを抑制することができます。

「口座残高不足アラート」では、カードの引き落とし額と銀行口座の残高を比較し、残高が不足しているとアプリ上に表示されるサービスです。支払い前に、引き落とし時の残高不足に気付くことができます。

また、カードを使わないときに自身でカードの利用を停止できるようにする「利用停止設定」も追加されています。利用停止の種類も3種類あり「海外利用」「インターネットショッピング」「すべてのカード利用」から選ぶことができます。不正利用で多いのがインターネットショッピングと言われており、事前に設定しておけば不正利用を防ぐことができます。

新しい決済サービス「かぞくのおさいふ」も開始予定


画像引用:三井住友カードプレスリリース

さらに、2020年3月から、クレジットカードとVisaプリペイドカードの長所を融合させた新しい決済サービスである「かぞくのおさいふ」が開始されます。夫婦共通のおさいふや子どものお小遣い用のおさいふ、両親への仕送り用のおさいふを一括で管理できる、新たなサービスになります。
キャッシュレス生活でより快適に決済ができ、家計を1つに集約できるメリットがあります。

「かぞくのおさいふ」開始の背景

家計を現金でやりくりしている場合、お小遣いを子どもが何に使っているのか把握することは簡単ではありません。急にお小遣いがなくなったり、現金が手元になかったり、離れていた場所で現金を渡すことができない場合に遭遇したら不便です。子どもにクレジットカードの家族カードを持たせようとしても、年齢制限があったり、使いすぎてしまわないか不安な部分もあります。
このような課題に対して、三井住友カードは、家族みんなのキャッシュレスを実現するために家族をつなぐ新しいプラットフォームとして「かぞくのおさいふ」を開始します。

「かぞくのおさいふ」の仕組み

家計管理者は、毎月の家族で利用したい額をクレジットカードで「かぞくのおさいふ」に入金します。入金した「かぞくのおさいふ」の中から家族の「個々のおさいふ」にお小遣いや仕送りとして入金し、家族は入金された金額の範囲内でVisaプリペイドカードが利用できる仕組みです。

「かぞくのおさいふ」は6歳以上(小学生以上)であれば、Visaプリペイドカードを利用することができます。家族の管理者は、アプリや利用通知メールで、リアルタイムで家族のお金の流れを把握でき、簡単に家計を管理可能です。夫婦で残高を共有できたり、アプリと連動して家族間での残高送金にも対応しています。

まとめ

今回は2020年2月3日からリニューアルした三井住友カードについて紹介しました。
不正利用も防ぐことができ、アプリのアップデートやタッチ決済でさらに安心・便利になった三井住友カード。「かぞくのおさいふ」で家計管理も簡単になります。
今回の記事を参考に、三井住友カードを検討中の方は新しく生まれ変わった三井住友カードを利用してみてはいかがでしょうか。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

お店のキャッシュレス決済導入の
無料相談承ります!
売上アップに繋がるキャッシュレス対応、
まずは一度ご相談ください。
数多くのサービスの中からお客様にコスト面、機能面でご満足できるご提案をいたします!
Webフォームでのご相談はこちら
無料相談してみる
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから
(音声のみで受付可能)
  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • レジチョイス POSレジの比較・導入ならレジチョイス