Squareならクレジットカードの継続課金ができるのをご存知ですか?

ビューティーサロンやジム、英会話教室、パソコンスクールなどを運営されている方は「月会費や月謝をクレジットカードで自動引き落としにできたら便利だなぁ」と思ったことはありませんか? 実際、月会費や月謝を毎月集めるのは手間がかかってしまいますよね。お客さんも月々の支払いは負担になるのではないでしょうか。今回はそんな悩みを解消するSquareをご紹介します。

Squareとは

Squareはアメリカ生まれのモバイル決済サービスです。スマートフォンやタブレットのイヤホンジャックに小型のカードリーダーを装着するだけでクレジットカード決済を手軽に導入できます。日本では2013年からりようできるようになっており、モバイル決済サービスの第一人者的存在です。

初期費用はカードリーダーの購入費4,980円のみ、月額使用料やキャンセル料もありません。クレジットカードの6大国際ブランドに対応しており、JCBは3.95%、その他のブランドは3.25%と業界最安水準の決済手数料だけで使うことができます。

クレジットカードで継続課金が可能に!

クレジットカードの登録や自動引き落としの手続きには、何かと面倒な書類手続きが必要です。決済手数料や入金サイクルなどの観点からしても、実店舗で利用するのはなかなか難しかったのではないでしょうか。そんな月額料金や月謝のカード払いも、「Square」を使えば簡単に登録することができます。

「Square」でクレジットカードの継続課金を利用するのに必要なのは、専用のアプリをインストールしたスマートフォン、もしくはタブレット端末。実はこれだけなのです!Square」には「カード情報保存機能」と「請求書の定期送信機能」があり、これらを組み合わせれば、月額料金や月謝のような定期的に発生する代金を、クレジットカードに請求できるようになるのです。

継続課金の手順とは?

「Square」でクレジットカードへの継続課金を行うには、専用のアプリをスマートフォンやタブレット端末にインストールする必要があります。これはApp StoreやGoogle Playから無料でダウンロードできます。その後アカウントを作成し、カード決済の受付を申し込みます。所定の申し込み手続きをして、審査に通れば準備完了です。

あとは、お客様にクレジットカード利用承諾書を記入していただきます。この承諾書は重要な書類ですので、お店で厳重に保管してください。次にパソコンで「Squareデータ」にログインし、お客様の情報を登録します。ここでクレジットカードの情報も保存します。その後、定期送信請求書を発行して自動継続課金を開始します。万が一、自動課金に失敗した場合は、お店にお知らせメールが届きます。またお客様にはお支払いをお願いする定期送信請求書が発行されます。

他にもあるある!Squareを使うメリット

Squareは、簡単に毎月の料金をクレジットカード請求できるだけの機能に留まりません。もちろん店頭でのカード払いにも利用できます。Squareのカードリーダは、パソコンやスマホアプリから簡単に取り寄せられます。改正割賦販売法の施行により、これから設置が義務付けられるICチップにも対応済のカードリーダーなので、お客様に安心してカード払いをご利用いただけます。サインはタブレットの画面に指で書いていただくのでペーパーレスに管理でき、電子レシート機能に付帯した「Squareメッセージ」でお客様の満足度調査も可能です。

従来のカード決済と異なり、決済代金は最短で翌営業日に入金されるので、現金感覚で入金管理をすることができます。回収が非常にスムーズなので、お店にとっては嬉しいですよね。また、お客様はクレジットカードのポイントが貯まります。現金ではこういった還元がないことを考えると、とても喜ばれるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたか?サロンやジム、スクール系のお店を運営される方には、非常に便利な「Square」。これで煩わしかった月額料金や月謝の請求も滞りなく行えますね。この使い方を応用すれば、大家さんに「Square」を導入してもらって家賃をクレジットカードで払えます。そう考えると利用のシーンもまだまだ可能性を秘めていると言えます。

今まで「月額料金や月謝をクレジットカードで自動引き落としにしたいなぁ」と考えていた方にはまさに朗報ではないでしょうか。ぜひ、この機会に「Square」の導入を検討してみてください。きっと満足のいく結果が得られると思います。