テーブル上のQRを自分のスマホで読み込めば注文完了。テーブルQR注文サービスまとめ

QRコード決済の盛んな中国では、「ユーザースキャン方式」が根強く浸透しています。理由としては、利用者が提示するQRコードを読み取るスキャナー端末などのコストがかからない点、そして店舗側はQRコードをステッカーなどで提示しておけば済むというお手軽さがあるという点が挙げられます。

実は日本でも、こういった「ユーザースキャン方式」を取り入れる動きが出てきました。今回はその一例となる「テーブルQR注文サービス」についてまとめてみました。

テーブル上にQRコードが置いてあるのは中国では普通

中国では「支付宝(Alipay/アリペイ)」と「微信支付(WeChat Pay/ウィーチャットペイ)」という、2つのQRコード決済サービスがしのぎを削りあっています。中国人の利用率も非常に高く、お財布を持たずスマホひとつで街中に出かけるといった人も多いそうです。

この2つのQRコード決済サービスは、ともに「ユーザースキャン方式」に対応しています。中国の人たちは通勤前などの朝食で、フードコートや屋台などを利用することが多いのですが、このフードコートのテーブルに貼ってあるQRコードや、屋台の軒先に提示されているQRコードを自分のスマホでスキャンして、注文や決済をすることが可能なのです。

こういったお手軽さが、利用者側にも店舗側にもメリットとなっていて、中国の屋台などでは一般的に利用されています。

テーブルQR注文を使うメリット

「ユーザースキャン方式」を活用した、テーブルでのQRコード注文を使うメリットには様々なものがあります。ここではそのメリットについて、解説します。

「注文お願いします」が不要に

基本的に飲食店では、注文が決まったら「注文お願いします」と、スタッフへ一声かけることが多いと思います。大きなチェーン店などであれば、ボタンを押してホールスタッフを呼び出すなんてこともありますよね。しかし「テーブルQR注文」であれば、テーブルに貼ってあるQRコードをスキャンして注文すればいいだけのことなので「注文を取る」といった行為自体が必要なくなります。

これによりなかなかスタッフが来なくてイライラすることもなくなりますし、店舗側も人件費削減につながるため、どちらにとっても助かるポイントと言えます。

オーダー端末が不要になる

OES(オーダーエントリーシステム)の端末や、居酒屋などでよく見かけるTTO(テーブルトップオーダー)端末などは一見とても便利なようですが、店舗からしてみれば端末代などのコストがかかります。

しかしテーブルQR注文であれば、お客様のスマホとテーブルに貼られたQRコードだけですみます。これにより、大幅なコストカットを実現させることができます。

注文のミスがなくなる

お客様のもとへ注文を取りに行くと、どうしても発生してしまうのが注文のミスです。人間が操作している以上、ヒューマンエラーはつきものですが、これではお客様からのクレームにもつながってしまいます。

特に外国人のお客様がいらしたときなどは、言葉の壁などからミスに繋がってしまうこともあります。しかし「テーブルQR注文」であれば、お客様のスマホとテーブルにあるQRコードで注文・会計ができてしまうので、ミスが発生することはありません。

外国人のお客様も「これで注文や決済ができるんだ」と伝われば、あとはお客様の方の操作で注文やお会計ができてしまうので安心です。

テーブルQR注文ができるサービス

それでは実際にテーブルQR注文ができるサービスにはどんなものがあるのでしょうか。2つのサービスがあるので見ていきたいと思います。

selfU(セルフ)

引用:SelhU公式ホームページ

モバイルオーダー&ペイプラットフォーム「O:der(オーダー)」などを手掛ける、株式会社Showcase Gig(ショーケース・ギグ)が、O:derの各種機能を用いた店内向けモバイルオーダーサービス「SelfU(セルフ)」を今夏、提供開始予定です。

O:derはスマホなどからの注文や決済により、レジの混雑緩和やキャッシュレス化を可能にするプラットフォーム。そして「SelfU」では、例えばレストランにお客様がいらした場合、席のQRコードをお客様のスマホで読みこみ、メニューを表示させ注文します。注文内容はリアルタイムで厨房へ送信され、料理が提供されたらスマホで決済が可能です。

「SelfU」は、日本語以外にも英語と中国語に対応する予定なので、訪日外国人のお客様にも優しい設定となっています。

スマチュー

株式会社ジパング・ペイメントが提供する「スマチュー」は、主にイートイン型の飲食店への導入をおすすめしています。スマチューを導入することで、注文を取るための人手が足りないといった問題の解消につながります。

また昼食時など、お店の繁忙時になかなか注文を取りに行けず、お客様をイライラさせてしまうといったことも「スマチュー」ではなくなります。スマチューが導入されたお店なら、テーブルにあるQRコードをスマホで読み取れば、すぐに注文が確定するからです。しかも専用アプリのインストールすら不要です。

さらに「スマチュー」のメニュー機能は、Google翻訳との連携により数十か国語の多言語対応が可能です。ですので外国人のお客様への対応に苦慮することもありません。

まとめ

中国の屋台やフードコートなどで一般的な、テーブルQR注文ですが、コストカットやミスが出ないことなどのメリットから、これから日本でも浸透していきそうですね。

2020年は、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。あわせて外国人観光客も多く訪れることでしょう。そんな中、中国で普段から利用されている「テーブルQR注文」のスタイルを取り入れていれば、違和感なくお店を利用してもらえることと思います。

今回ご紹介した「SelfU」も英語と中国語に対応していますし「スマチュー」はさらに多くの言語に対応していますので、これでインバウンド対策もばっちりですね。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。