1つのアプリでGooglePayもApplePayも対応。インバウンド対策に「TakeMe Pay(テイクミーペイ)」

日本では年々、訪日外国人が増加しており、2020年の東京オリンピックに向けてどんどん加速していくことが予想がされています。そのような中、世界中でたくさんのスマホ決済サービスが誕生し、日本でも多種多様な決済への対応が求められてきています。

しかしすべての決済サービスに対応することは、手間もかかるうえに、それぞれの決済状況が毎月バラバラに送られることになるので、集計など財務管理の負担も大きくなってしまいます。

そこでご紹介したいのが「TakeMe Pay(テイクミーペイ)」。この記事では「ひとつのQRコード、オペレーション」で、乱立するスマホ決済の一元管理を目指す「TakeMe Pay」について、加盟店のメリットや決済方法などを詳しくご紹介させていただきます。

TakeMe Pay(テイクミーペイ)とは

現在日本ではスマホ決済が乱立しているという問題があり、消費者も店舗側も「どれを導入すべきか」困惑している現状にあります。また外国人観光客も急増しており、海外の決済サービスへの対応も急務となっています。

これら数々の決済サービスを一つにまとめる(一元管理する)ために生まれたのが、マルチスマホ決済ゲートウェイ「TakeMe Pay(テイクミーペイ)」です。国際系決済から、中国系決済、国内系決済サービスをひとまとめにして、ワンストップで提供することを目的としています。

マルチスマホ決済ゲートウェイ「TakeMe Pay」(公式サイト)はこちら

提供会社について

TakeMe Pay(テイクミーペイ)の提供を開始した「日本美食株式会社」は、インバウンド観光客をコアターゲットとした、飲食・旅行の「集客・予約・決済」といったオンラインサービスを運営している企業です。訪日外国人向けの飲食店紹介サービスも行っており、お店の魅力を伝える
店舗紹介ページを多言語で制作。インバウンド対策のコンサルティングなども行っています。

TakeMe Pay(テイクミーペイ)の特徴

TakeMe Payの最大の特徴は、現在乱立しているスマホ決済サービスを「ひとまとめにするサービス」であること。Visa、Master、JCB、Apple Pay、Google Payをはじめとする国際系決済、Alipay、Wechat Pay、銀聯といった中国系決済、LINE Pay、PayPay(※PayPayについては近日対応予定)などの国内系決済が一元管理されることで、店舗側は決済サービス提供会社それぞれとの契約・導入といった手間が省かれます。

また、スマホ決済サービス利用者にとっても「自分の利用するスマホ決済が対応しているかを確認しないで済む」「キャンペーンやクーポン利用など、その時に一番お得な決済手段を選ぶことができる」といったメリットがあります。

TakeMe Pay(テイクミーペイ)の決済方法

TakeMe Payの決済方法は、現在準備中のものを含めて3種類あります。

店舗専用のQRコードで決済

店舗の会計カウンターにTakeMe Payの「店舗専用QRコード」を設置・表示し、お客様にQRコードのスキャンを依頼し、店舗側で金額確認・認証するだけで決済が完了します。現在、最も簡単で便利な決済方法になります。

タブレット・スマートフォンでの決済(近日開始予定)

まずは店舗のタブレットやスマホに、TakeMe Payのスキャナアプリをインストール。決済の際には、お客様にAlipayやWechat PayなどのQRコードを表示してもらい、スキャナアプリに会計金額を入力後、お客様のQRコードをスキャンすれば決済が完了します。

店舗POS機とTakeMe Payシステムを連携(近日開始予定)

TakeMe Payのシステムを店舗のPOS機に連携。会計時はお客様にAlipayやWechat PayなどのQRコードを表示してもらい、POS機のスキャナーでスキャンすると決済が完了します。

現在利用できる決済方法は「店舗専用のQRコード」のみとなりますが、こちらはお客様が読み取るだけで完了するので利便性には問題なさそうです。今後、タブレット・スマートフォンでの決済やPOS機とのシステム連携がされれば、店舗としてはますます使いやすく便利になりますので、今後の状況にも期待できそうですね。

TakeMe Pay(テイクミーペイ)加盟店について

専用のQRコードを店舗に設置するだけで導入できる「TakeMe Pay」。加盟店となるメリットや気になる決済手数料についても確認してみましょう。

Takeme Pay(テイクミーペイ)加盟店のメリット

まずはここまでご紹介した内容から、加盟店となるメリットを挙げてみましょう。

専用の機器が不要で、導入コストがかからない

QRコードスタンドを設置するだけですぐに利用ができます。もちろん屋台やイベント会場など、屋外での利用も可能です。

1つの契約で多種多様なキャッシュレス決済に対応

TakeMe Payと契約するだけで、PayPay、LINE Payのほか、中国系スマホ決済、国内全クレジットカード支払いに対応。決済の種類は現在20種類で、今後もさらに増える予定です。

外国人対応(多言語対応)

中国語(繁体字/簡体字)、英語、日本語の4言語に対応しています。世界76ヶ国以上の観光客が利用という実績もあるので、インバウンド対策にピッタリです。

ひとつの管理画面から売上を一元管理

お使いのPC、タブレット、スマホからタイムリーな決済情報を確認できます。

万全のセキュリティ対策

TakeMe Payではセキュリティ対策を最優先事項として、業界国際セキュリティ基準であるPCI DSS Level 1をサポートしています。

TakeMe Pay(テイクミーペイ)の決済手数料は一律3.0%

TakeMe Payの決済手数料は、お客様が利用する決済ブランドに関わらず、一律3.0%(税別)となっています。初期費用や月額費用は一切かかりません。決済ブランドごとに分けて管理をしなくてもよいため、経理の負担を最小限に抑えられます。万が一、解約したいとお考えのときも解約手数料がかからないので安心です。

マルチスマホ決済ゲートウェイ「TakeMe Pay」(公式サイト)はこちら

まとめ

今回は、多種多様なスマホ決済サービスを1度に導入することができる「TakeMe Pay(テイクミーペイ)」について、ご紹介いたしました。年々、外国人観光客が増加している日本では、インバウンド対策として国際的に利用ができるキャッシュレス決済サービスの導入が急務となっています。

「TakeMe Pay(テイクミーペイ)」を導入すれば、主要クレジットカード決済やスマホ決済サービスを、一気に取り入れられます。個別の契約という手間や、経理業務の負担などの問題が解決されるなどたくさんのメリットがあります。

世界中の決済サービスを統一させるべく、今後も「TakeMe Pay(テイクミーペイ)」は決済ブランドが増えることが見込まれます。解約手数料もかからないので、まずはその利便性を試してみてはいかがでしょうか

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み