[WeChatPay×アリペイ]中国では覇権争いが勃発中!どっちに対応すればいいの?

みなさん、こんにちは。ピピッとチョイス編集部です。流行語にもなった中国人観光客の「爆買い」。今ではだいぶ落ち着いたものの、日本を訪れる外国人観光客の数は年々増加しており、特に中国人観光客の購買力は無視できません。

中国国内では現金への不信感が強く、スマホとQRコードを利用した「アリペイ(支付宝)」と「WeChat Pay(ウィーチャットペイ)」という2大決済サービスがしのぎを削りあっています。

そもそもアリペイとWeChat Payって何?

中国ではものすごい勢いでキャッシュレス化が進んでいます。偽札による現金への不信感や、現金のやり取りで発生するトラブルなどが主な理由です。そうした背景のもと、ネット通販で安全かつトラブルを未然に防げる仕組みを構築したアリペイが先に登場しました。

アリババグループ(阿里巴巴集団)が提供するのがアリペイ(支付宝)

アリペイを提供するアリババグループは、1999年にオープンしたAlibaba.comというネットショッピングモールを展開している会社です。AliexpressやTaobao.comなどネット通販を運営しています。日本では楽天グループに近い事業領域ですが、楽天の時価総額が約2兆円であるのに対し、アリババグループは約50兆円と、かなりの差があります。

「中国のAmazon」とも称されるアリババが2004年から始めたモバイル決済サービスがアリペイです。使い方は簡単で、スマホのQRコードを店員にスキャンしてもらって決済する方法と、店頭のQRコードをスマホで読み取って決済する方法があります。

テンセントが提供するのがWeChat Pay(微信支付:ウィーチャットペイ)

アリペイと並んで人気を博しているのがWeChat Payです。WeChatというインスタントメッセンジャーアプリを提供しているテンセントが運営しています。

テンセントも中国インターネット黎明期の1998年に創業したインターネット企業です。Wechatの運営のほか、オンラインゲームや動画サービスなどのエンターテインメント領域の有名企業に出資したり、AI(人工知能)関連の企業を買収して、中国深セン市内の交通監視などの技術も提供しています。

2013年にサービスインしたWeChat Payは、メッセンジャーアプリのユーザーを取り込んでシェアを拡大し、後発ながらもアリペイに負けない決済金額を誇るまでに成長しています。なおWechat Payもアリペイと同じようにスマホでQRコードを読み取って決済を行います。

2強の激突!勢いはWeChat Payがやや優勢か?

2018年1月現在、中国ではアリババのアリペイとテンセントのWeChat Payが激突していると言っても過言ではありません。もともとはアリババとテンセントに加え、「中国版Google」といわれている「百度(バイドゥ)」が3強でした。(当時はこれらの頭文字を取って「BAT」と言われていました。)しかしバイドゥはモバイルへの対応に苦慮し低迷したため、アリババとテンセントの「AT」時代が到来したわけです。

サービスを開始したのはアリペイの方が若干早く、今のところアドバンテージはアリペイが握っています。しかしテンセントのWeChatは登録会員数が非常に多く、既に9億人近いユーザー数を擁しており、先行するアリペイに追いつかんばかりの勢いで成長しています。先に基盤を作ったアリババか、猛追を仕掛けるテンセントか、どちらが覇権をとるか目が離せないところです。

日本でこの2つの決済サービスを使うには?

ではアリペイとWeChat Payを国内で導入するには、どうすれば良いのでしょうか。国内では様々なQRコード決済サービスが展開されていますが、中国人向け2大決済に対応したサービスは現時点では限られています。

モバイル決済 for Airレジ

アリペイに対応しているのはAirレジシリーズのモバイル決済サービス「モバイル決済 for Airレジ」です。決済手数料は個別に設定されるため公開されていません。またOrigami Payもアリペイが利用でき、決済手数料は3.25%となっています。いずれも決済時のレートを適用し、日本円で入金されるので為替を心配する必要がありません。

Coiney

一方、WeChat PayにはCoiney(コイニー)が対応しており、Coineyスキャンという機能を使ってWeChat PayのQRコードを読み取ることが可能です。決済手数料は3.24%で、やはり決済時のレートが適用され、日本円で入金されます。

まとめ

「アリペイ」と「WeChat Pay」は、お互いがいい意味で競い合い、切磋琢磨しながら急成長しています。日本を訪問する中国人にとって、アリペイやWechat Payのロゴは馴染みがあり、ステッカーがあるお店を選ぶ傾向が強いようです。日本の新聞でも話題にのぼることが多いので、今後も目が離せませんね。

※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。

モバイル決済サービスのご相談は「ピピッとチョイス無料相談窓口」へ