駐車場でポイントが貯まるTimes Clubが「Times Pay(タイムズペイ)」を開始!

こんにちは、ピピッとチョイス編集部です。10分、15分単位で車を停められるコインパーキングは便利ですよね。中でもコインパーキング「タイムズ駐車場」を運営するパーク24は、10年以上前からタイムズクラブ会員を募り、タイムズの駐車場やカーシェアリングを使うとポイントが貯まるサービスを展開しています。

2018年2月、そのTimes Clubから実店舗向けのクレジットカード決済サービス「Times Pay(タイムズペイ)」が誕生しました。今回は、この「Times Pay」についてご紹介します。

タイムズクラブとは

タイムズクラブは入会金・年会費無料の会員制サービスです。タイムズ駐車場の代金を支払う時にポイントカードを精算機に挿入すると、100円につき1タイムズポイントが付与されます。他にもタイムズのカーシェアリングやレンタカーなど、さまざまなサービスを利用するときにもポイントが付与されます。

たまったポイントはタイムズチケットやイオン、セブン&アイなどの商品券に交換したり、タイムズクラブのオンラインショップで1ポイント1円として利用することができます。JALマイルなどにもポイントを移行したり、タイムズのロードサービス「カーレスキュー」の利用代金として使うことも可能です。ポイントの使い道がたくさん用意してあるのが嬉しいところです。

Times Pay(タイムズペイ)とは

パーク24がサービスを本格始動させた「Times Pay(タイムズペイ)」は、タイムズ駐車場の周辺店舗のビジネス・サポート事業の一環として2016年9月から試験運用されていたクレジットカード決済サービスです。クレジットカードの主要な6つの国際ブランドをフルカバーし、低コストで導入できるような工夫が施されています。

≪Times Payのお申込みはこちら≫

業界最安水準の決済手数料

従来は業種や業歴などによって個別に設定されていた決済手数料。Times PayではVISAとMasterが3.24%、JCBやアメックスなどその他の国際ブランドは3.74%~と業界最安水準での提供となっています。

モバイル決済サービスは1回払いのみの対応が主流ですが、Times Payは分割やリボ払いもOKです。お客様のニーズに合わせて柔軟な対応が可能になります。ただし、業種・業態によっても対応が異なるようなので、導入前に確認しておくと良いでしょう。

入金サイクルは月2回

売上がどのタイミングで入金されるのかは、導入を検討するにあたって重要なチェックポイントの1つです。Times Payの締め日は月に2回、毎月15日と月末日に設定されています。1日〜15日の売上は当月末日、16日〜末日の売上は翌月15日に指定口座に振込まれます。金融機関は自由に選ぶことができ、どの銀行口座宛でも振込手数料は無料です。

電子マネーにも対応

クレジットカードと並んで消費者ニーズが高い電子マネー。クレジットカードと一緒に使えたら良いのにとお考えの方も多いことと思います。お店の運営を考えると、クレジットカードと電子マネーが1契約で使えるようになったら便利ですよね。Times Payは、そんな経営者の皆さんのご要望に応えるべく、2018年末から電子マネーへの対応も行いました。

タイムズポイントとの連携も

一部の店舗では、Times Payで決済するとタイムズポイントを付与するサービスの実証実験を実施中です。タイムズポイントはタイムズクラブ会員向けのサービスで、駐車場やカーシェアなどの利用代金に応じてポイントが貯まります。今後は加盟店に対する送客支援サービスの提供も予定されています。

タイムズクラブの会員は車を利用する人が中心です。観光やレジャーなど、タイムズのターゲット層と重複する業種では、特に高い効果が期待できます。お店の近くにタイムズ駐車場があるのなら、Times Payを導入することが既存のタイムズクラブ会員へのアピールにもなります。

≪Times Payのお申込みはこちら≫

カードリーダーとプリンタをセットで提供

Times Payを導入するためには、「タブレット端末」「カードリーダー」「モバイルプリンター」の3つが必要です。
これらは専用機器のため、手持ちのiPadやandroidタブレットでは利用できませんが、決済機器はすべて0円で提供されています。従来はカードリーダーだけでも10万円近い費用がかかっていたことを考えると、かなりお手頃です。

キャッシュレス・消費者還元事業の対象事業者になったTimes Pay

2019年10月から消費税が増税されることに伴い、スタートが開始予定とされている「キャッシュレス・消費者還元事業」。Times Payはキャッシュレス・消費者還元事業の対象事業者になりました。タイムズペイの加盟店で対象事業者であれば、決済端末が0円で導入でき、さらに決済手数料の1/3が国から補助される仕組みです。

まとめ

今回はTimes Payをご紹介しました。今後タイムズポイントとの提携が進めば、ピンポイントにターゲットを絞ったサービスの展開が可能になるかもしれません。車による来店が多いお店やタイムズ駐車場の周辺のお店の方には是非検討をお勧めしたい決済サービスです。

≪Times Payのお申込みはこちら≫

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

キャッシュレス決済の導入相談
決済サービスの導入なら
店舗に合った決済サービス探しを
サポートします!
※QRコードはデンソーウェーブの登録商標です。
キャッシュレス決済の加盟店申し込み