トヨタのキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet」とは?

トヨタ自動車株式会社、トヨタファイナンシャルサービス株式会社、トヨタファイナンス株式会社の3社(以下、トヨタ)は、3種類の決済方法に対応しているキャッシュレス決済アプリ「TOYOTA Wallet(トヨタウォレット)」を2019年11月19日より提供開始しました。

近年さまざまなキャッスレス決済アプリが登場するなか、自動車メーカー「トヨタ」が開発した「TOYOTA Wallet」とは、いったいどのようなサービスなのでしょうか。特徴や使用できる決済方法、今後の展望などについて詳しく解説します。

「TOYOTA Wallet」の始め方

TOYOTA Walletは、全国のトヨタ販売店はもちろん、TS CUBIC Origami Pay、iD、Mastercardコンタクトレス、銀行Payに対応している各加盟店で利用することが可能です。色々な決済サービスが「TOYOTA Wallet」として1つに集約されている点も特徴です。

そんな「TOYOTA Wallet」ですが、具体的には以下のステップで利用できるようになります。

  • 「TOYOTA Wallet」アプリをダウンロード(iOS端末のみ、Android対応は2020年春予定)
  • 「TOYOTA Wallet」のアカウントを作成
  • 希望の決済サービスを選択

TOYOTA Walletでは3つの決済サービスから利用したいものを選択できます。選べる決済サービスについても、見ていきましょう。

「TOYOTA Wallet」は、3つの決済手段を選ぶことが可能

「TOYOTA Wallet」は、電子マネーやQRコード・バーコード決済など3種類の支払い手段が一つにまとまったキャッシュレス決済アプリです。現時点ではiOSのみの対応となっていますが、2020年の春にはandroidのスマホでも使用できる予定としています。

「TOYOTA Wallet」の利用者は、事前チャージ型(プリペイド)の「TOYOTA Wallet残高」、後払い型(クレジット式)の「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」、即時引き落とし型(デビット式)の「銀行Pay」の3種類の決済方法を選択でき、用途に応じて手軽に利用することが可能となります。

TOYOTA Wallet残高 TOYOTA TS CUBIC Origami Pay 銀行Pay
支払い方式 事前チャージ型(プリペイド) 後払い型(クレジット) 即時引き落とし型(デビット)
決済方法 かざして決済 QRコード・バーコード決済
利用可能店舗 iD/MasterCardコンタクトレス加盟店(国内)、
MasterCard加盟店(EC)
Origami加盟店 銀行Pay加盟店

それでは、これら3つの決済サービスの特徴をそれぞれみていきましょう。

TOYOTA Wallet残高(事前チャージ型 ※プリペイド)

「TOYOTA Wallet残高」は、プリペイド型電子マネーです。クレジットカードや銀行でチャージした金額をiD加盟店(ApplePay利用)・Mastercard加盟店で使用することができます。現在銀行口座は三井住友銀行のみ対応ですが、順次対応銀行は増える予定としています。読み取り機にかざすだけで支払いが完了する電子マネー型となっているので、国内のみならず海外でも利用することができ便利な決済方法といえます。

※「TOYOTA Wallet残高」に紐づけるクレジットカードは、3Dセキュア対応カードのみ登録可能となっているので注意が必要です。

TS CUBIC Origami Pay(後払い型 ※クレジット)

「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」は、トヨタファイナンスが提供しているバーチャルクレジットカードで、OrigamiPayの加盟店とトヨタの販売店でのみ利用できます。貯まったポイント(1,000円につき2ポイント獲得)は、車を購入する時や車のメンテナンスに利用することが可能です。

「TOYOTA TS CUBIC Origami Pay」の利用方法は、アプリをダウンロードした後、トヨタの販売店で手続きを行う必要があります。一部の店舗では非対応のところがあるため、事前にトヨタの公式のホームページで確認しておくといいでしょう。

銀行Pay(即時引き落とし)

「銀行Pay」は、銀行口座から即時引き落としされるデビットタイプの電子マネーです。銀行Pay加盟店にてコード決済で支払うことが可能です。現時点で登録できる銀行口座は、三井住友銀行のみですが今後紐づけられる銀行口座は増えると期待されています。

「TOYOTA Wallet」の今後の展望

「TOYOTA Wallet」を導入することで今後はどのようなことが実現するのでしょうか。トヨタが考える今後の展望についてお伝えします。

今後はトヨタのサービスとも連携していく予定

TOYOTA Walletは、「どこでも・誰でも使える」をテーマに掲げています。全国5,000店以上のトヨタの販売店だけでなく、以下のようなトヨタグループのモビリティサービスと連携する予定です。連携により未来のモビリティ社会を支える基盤づくりを行います。

  • トヨタレンタカー
  • TOYOTA SHARE(カーシェア)
  • KINT(車のサブスクサービス)
  • MONET(モビリティサービス)

またトヨタグループ外の企業とも連携を図り、MaaS(Mobilitiy as a Service)の土台を構築していく目的もあります。電車やバスなど一度で支払いができるようになるといった公共交通機関の使い勝手が良くなる可能性を秘めていることからも「TOYOTA Wallet」は注目を浴びています。

Android向けアプリの提供開始予定

現状iOSのみ対応している「TOYOTA Wallet」ですが、2020年の春にはAndroid版も提供開始する予定です。さらにアプリの機能面においても今後進化していくと発表されています。

決済サービスを通じたお客様との接点強化

「TOYOTA Wallet」は、さまざまなサービスの決済ができることから「TOYOTA Wallet」を通してお客様との接点を強化していくことも狙いの一つと考えています。全国5,000店以上のトヨタ販売店で提供するサービスをかけ合わせ、お客様のライフスタイルに合ったコミュニケーションを目指しています。

トヨタがキャッシュレス決済を開発する意味

キャッシュレス決済は利用者数の増加に伴い、近年急激な盛り上がりをみせています。それに伴い、トヨタがキャッシュレス決済を盛り上げる狙いには、今後登場予定の「モビリティサービス」の決済手段として普及させていくことにあります。そのため「TOYOTA Wallet」のアプリでは、KINT(車のサブスクサービス)やMONET(モビリティサービス)といった移動サービスへのリンクが設置されています。

自動運転を前提としたMONETのようなサービスの場合、実際に提供できるのは数年先の話になるものと思いますが、「TOYOTA Wallet」の提供は、未来に実現するサービスを見越した動きといえるでしょう。

まとめ

ついにキャッシュレス市場に自動車メーカー「トヨタ」が参入しました。「TOYOTA Wallet」が提供開始されたことにより、事前にチャージして使いたい人、後払いでもいい人、現金のように使いたい人まですべてのお客様のニーズに合った支払い手段を選べることが可能となります。

また「TOYOTA Wallet」は、決済手段はもちろんのこと、注目のモビリティサービス・公共交通機関への搭載により、MaaS基盤構築を後押ししてくれると期待できるでしょう。キャッシュレス市場に「TOYOTA Wallet」が今後どのような影響をもたらしてくれるか注目です。

キャッシュレス決済の選定をサポートします

「ピピッとコンシェルジュ」は、あなたのお店のニーズに合った選びを無料でお手伝いする、決済の選定窓口です。ヒアリングの情報をもとに、お店のあったサービスをご紹介します。

・キャッシュレス決済の導入費用を安く済ませたい
・インバウンド対策を行いたい
・1つの端末で沢山のQRコード決済を扱いたい
など、導入前のご要望やお悩みをお聞かせください。

ご相談は完全無料です。キャッシュレス決済の導入をお考えなら、まずはピピッとチョイスのコンシェルジュサービスをぜひご活用ください。

お店のキャッシュレス決済導入の
無料相談承ります!
売上アップに繋がるキャッシュレス対応、
まずは一度ご相談ください。
数多くのサービスの中からお客様にコスト面、機能面でご満足できるご提案をいたします!
Webフォームでのご相談はこちら
無料相談してみる
お電話でのご相談はこちら
受付時間10:00~18:00(土日祝日除く)時間外はこちらから音声のみで受付可能時間外はこちらから
(音声のみで受付可能)
  • はじめてのDX デジタルトランスフォーメーションを支援する はじめてのDX
  • Wiz colud デジタルトランスフォーメーションに最適なサービスをご提案
  • レジチョイス POSレジの比較・導入ならレジチョイス