福岡銀行の「YOKA!Pay(よかペイ)」をお店に導入するメリット

全国屈指の有力地銀である福岡銀行がスマホ決済アプリ「YOKA!Pay(よかペイ)」をリリースしたのをご存知ですか?このアプリを利用すれば、ユーザーと店舗が福岡銀行のアプリを介して、間接的につながることができるようになります。

YOKA!Pay(よかペイ)とは?

「YOKA!Pay(よかペイ)」は2018年3月にスタートした福岡銀行のスマートフォン決済アプリです。従来のスマホ決済アプリはプリペイドカードやクレジットカードと連携させるものが主流でした。しかし「YOKA!Pay」は福岡銀行の口座に紐づけることができ、決済処理をすると即座に口座から代金が支払われます。スマホ版デビットカードと考えるとわかりやすいかもしれません。1日の利用限度額も設定できるので、使い過ぎの心配がありません。

便利な機能が盛りだくさん!

「YOKA!Pay」が利用できるのは、福岡銀行と契約する加盟店です。ディスカウントストアのミスターマックスや九州でドラッグストアを展開する大賀薬局などで使えます。アプリには店舗一覧や地図機能があり、「YOKA!Pay」で支払えるお店を探すこともできます。「YOKA!Pay」で支払うと400円につき1円キャッシュバックされたり、加盟店が発行するスタンプを集めるとクーポンがもらえる特典もつけられるので、ユーザーにもメリットがあります。

「YOKA!Pay」の支払方法はとっても簡単!加盟店が提示するQRコードをユーザーがスマホで読み込むだけです。暗証番号などを入力する手間もありません。また支払の記録は「利用履歴」からリアルタイムで確認できるので安心です。

「銀行Pay」との連携で関東でも使える!

「YOKA!Pay」は「銀行Pay(マルチバンク対応)」を導入しているので、横浜銀行の「はまPay」加盟店でも利用可能です。また福岡銀行の親会社・ふくおかフィナンシャルグループは、傘下の熊本銀行や親和銀行でも今後同様のサービスを開始する予定です。

2018年5月には、ゆうちょ銀行が2019年2月頃のサービス開始を予定しているスマホ決済サービスとの連携も発表しています。これにより、今後ますます利用できるエリアが増えそうです。

<参考>プレスリリース:スマホ決済サービス「YOKA!Pay」のゆうちょ銀行との連携について

決済サービス 無料相談はこちら

YOKA!Pay(よかペイ)の特徴

高額な決済端末は不要

通常、クレジットカードや電子マネーを導入するには専用のカードリーダーが必要です。しかし「YOKA!Pay」は、iOS8以降もしくはandroid4.2以降に対応したタブレット端末さえあれば利用できます。加盟店申込をして審査を通過した後、タブレットに加盟店向けアプリをダウンロードするだけなので、導入は簡単です。

集客&販促に活用できる

「YOKA!Pay」ユーザーは、原則として福岡銀行の口座を持っている人です。そのため、地元の人が求めるサービスとクーポンを組み合わせることで、効果的な販促施策が可能になります。またお知らせ配信などの機能もあるので、「YOKA!Pay」を集客ツールとしても使うことができるのです。

スピーディな入金サイクル

クレジットカードや電子マネーの場合、当日の売上代金は2週間後や1カ月後に振り込まれるのが一般的です。でも「YOKA!Pay」なら、売上代金は銀行の翌営業日に入金されます。加盟店とお客様が福岡銀行を介して決済を行うのでタイムラグが発生しにくく、現金感覚で収支管理ができるのもメリットです。

ユーザー検索機能でお客様データをチェック!

「YOKA!Pay」で支払うと、お客様の性別や来店日などのデータが残ります。ユーザー検索機能を使えば、来店日や年代などで自分のお店をどんなお客様が利用しているのかが調べられます。個人の特定ができない範囲内でのデータ利用なので、個人情報の管理に神経を尖らすことなく、経営に役立つ情報を手に入れることができます。

「YOKA!Pay」で売上管理も

「YOKA!Pay」で支払われた代金についても、もちろん記録が残ります。指定した期間の利用者数や売上の合計、決済1件ごとの決済履歴もタブレットで確認できるので、平均顧客単価や利用者数の統計も手間なくチェックできます。

中国人向け決済「アリペイ(支付宝)」にも対応

福岡は外国人観光客が非常に多いエリアです。特に博多港は、クルーズ船の寄港回数が3年連続で日本一となっており、今後も増加が見込まれています。クルーズ船の利用者は中国人が多いため、福岡は中国人が財布代わりに使っている「アリペイ(支付宝)」や「Wechat Pay(ウィーチャットペイ)」による決済ニーズが多い土地柄です。

「YOKA!Pay」は福岡銀行の口座を持っている人向けの決済サービスですが、実は「アリペイ(支付宝)」にも対応しています。「アリペイ」は「YOKA!Pay」と同様、QRコードを読み取って決済を行うので使い勝手も変わりません。中国人向け決済が利用できるようになると、1件当たりの決済額が増えるとも言われています。そのため「YOKA!Pay」はインバウンド対策としても一役買ってくれそうです。

<参考>日本経済新聞:博多港のクルーズ船寄港、日本一 3年連続 

決済サービス 無料相談はこちら

まとめ

日本では、クレジットカードや電子マネーに加え、デビットカードやアプリ決済など、現金以外の支払方法が数多く存在します。しかしキャッシュレス化が8割を超える中国に比べると、日本はまだ2割程度に留まっているのが現状です。その原因の1つとして、キャッシュレス化するために必要となる設備投資や決済手数料が高額なため、小規模店舗ではなかなか導入できなかったことが挙げられます。

しかし近年はスマートフォンやタブレットが普及し、コストを抑えてキャッシュレス化できる仕組が登場しています。「YOKA!Pay」は銀行口座が紐づくことで、現金感覚で運用できる画期的なサービスです。「YOKA!Pay」を導入することでアリペイも使える点は、まさに一石二鳥!この機会に導入してみてはいかがでしょうか?

<関連記事>キャッシュレス化のメリット&デメリット≪店舗編≫

決済サービス 無料相談はこちら